北極星はいろいろな星に交代し続けている! 次の交代はいつ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

北極星はいろいろな星に交代し続けている! 次の交代はいつ?

2018.10.05

提供:マイナビ進学編集部

北極星はいろいろな星に交代し続けている! 次の交代はいつ?

昔から旅人の目印となっていた北極星。実は現在北極星としてされている星は、昔からずっと北極星だったわけではありません。ピラミッドが建造された時代には別の星が北極星だったのです。なぜ時代によって北極星が変わるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 昔の北極星と今の北極星は別の星
  • 北極星が交代する原因は地球の歳差運動
  • 次の北極星は織姫星の「ベガ」

現代の北極星と太古の北極星とは?

現在の北極星はこぐま座のアルファ星です。しかし今から約5000年前(紀元前3000年頃)、ピラミッドが建造された時代の北極星は、りゅう座のアルファ星「トゥバン」でした。有名なクフ王のピラミッドの中にある「王の間」と呼ばれる部屋には、通風孔のような穴があり、この穴は当時の北極星の方向に造られています。

ちなみにエジプトでピラミッドが建造されていた時代は、日本でいうと縄文時代。しかし日本においても北極星を観測した可能性が高いとされる遺跡(金山巨石群)が岐阜県下呂市に残されています。当時の北極星「トゥバン」を観察したのではないか?と推測される石には35度の傾斜があり、ちょうどその角度の先に北極星が見える仕組みになっています。エジプトから遠く離れた日本においても、そのころから北極星は大切な存在だったことが分かります。

なぜ北極星は変わってしまう? 原因は地球のある運動が関係している

古今東西で重要視されてきた北極星ですが、なぜ5000年前は現在の北極星と異なるのでしょうか? これには地球の歳差(さいさ)運動がからんでいます。地球はもともと自転軸を中心としてコマのように回転しています。そしてこの自転軸は公転面に対して垂直方向から約23.4度に傾いています。北極星は地球の北側の自転軸を伸ばした延長線上にある星です。そのため地軸上にある北極星を地上から見ると動いていないように見えるのです。

しかし地球の自転軸は周期的に長い時間をかけて傾きを変えていきます。なぜ傾きが変わってしまうのかというと、太陽・月・惑星の引力が大きく影響しているからです。ちょうどコマを回した時に、軸が円を描くように動くのと同じように地球の自転軸も回転します。コマの首振りはほんの数秒ですが、地球の場合は1周するのに約26000年という時間がかかります。

では未来の北極星はどうなる?

地球の歳差運動によって北極星が交代するということは、今の時点で北極星とされているこぐま座のアルファ星もいずれは北極星ではなくなります。次の北極星は歳差運動の描く円の上にある、こと座のアルファ星「ベガ」です。ベガは七夕の織姫星としてよく知られています。

またベガは一等星とされ、星の中では一番明るいクラスの星です。目印としての役割もしっかり果たしてくれることでしょう。しかしベガが次の北極星になるのは約12000年後のことで、気の遠くなるような年月がかかります。

こういった天体の動きについて興味を持ち、研究を深めたいと考えているのであれば宇宙・地球学の分野に進んでみてはいかがでしょうか。まだ知られざる天体の謎について、研究することができますよ。

【出典】
国立科学博物館
https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/seiza/seiza03.html
国立天文台
https://www.nao.ac.jp/faq/a1007.html
アストロアーツ
https://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso03-j.shtml
天球図でさぐる地球と天体の動き(国立教育政策研究所)
https://rika-net.com/contents/cp0320a/contents/chishiki/answer03/index.html
金山町観光協会
http://hidakanayama.com/mystery.html
中日新聞プラス
http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=2119&comment_sub_id=0&category_id=282

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宇宙・地球学」
はこんな学問です

地球の構造から入り、太陽系の惑星、太陽、そしてその先の宇宙へと広がる世界を研究する学問である。あらゆる観察技術を使い、地球誕生までさかのぼり、さらに宇宙の始まりと進化まで探る。研究する分野も広大であり、宇宙からやってくるさまざまな光線や電波をキャッチし、分析している。また、観測技術においても常に新しい技術を取り入れながら前進を続けている。

「宇宙・地球学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける