「イメージ通りのショーが実現するととてもうれしい」WEGOプレス・登 美幸さんインタビュー【TGC 2018 A/W】

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「イメージ通りのショーが実現するととてもうれしい」WEGOプレス・登 美幸さんインタビュー【TGC 2018 A/W】

2018.08.27

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「イメージ通りのショーが実現するととてもうれしい」WEGOプレス・登 美幸さんインタビュー【TGC 2018 A/W】

『マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER(以下、TGC)』では、数多くのブランドが出演を予定しています。

今回は「WEGO」のプレスとして活躍する登美幸さんにお話を伺うことができました。東京・原宿のストリートから発信される幅広いスタイルがWEGO最大の魅力。この秋冬の注目カラーや、プレスの仕事の意外な一面についてお話いただきましたので紹介します。

この記事をまとめると

  • この秋冬の注目はチェック! 取り入れるだけでトレンドコーデが完成
  • プレスは体力仕事で大変だが、ショーが実現したときのうれしさは格別
  • 高校生にはチャレンジする気持ちを忘れずに活躍してもらいたい

TGCでのショーの見どころは、「カラフル×チェック」のコラボ

Q. この秋冬のブランドのテーマやコンセプトについて教えてください。
 
WEGOのメインテーマである「ストリート系」「ガーリー系」という二軸は変わらないのですが、その中でもストリートテイストの方は、ビビッド系のカラーアイテムとチェックのアイテムを合わせた、カラフルな90年代風のストリートスタイルとなっています。ガーリー系は、ほっこりした感じでダスティ系のカラーやチェックのアイテムが多いです。チェック柄のセットアップなどをガーリーなテイストにしています。クラシカルな要素もありますが、例えばチェックアイテムにざっくり編みのカーディガンを合わせるなど、温かみのあるカジュアルスタイルを打ち出します。


Q. その中で特に注目しているアイテムとそのコーディネートのコツを教えてください。

注目しているアイテムとしては、秋冬はチェック柄がすごく多いので、チェック柄を取り入れるだけでトレンドコーデを簡単に作りやすいと思います。

チェックというと学校の制服っぽいイメージになってしまうと思うかもしれませんが、チェックスカートやパンツをハイネックのトップスと合わせるとおしゃれに決まりやすいです。

ハイネックのトップスもいろいろ種類はあるのですが、ベーシックな無地のものからラインが入ったスポーツテイストのもの、ジップがついているもの、ロゴ入りでストリート調のスウェット系もあるので、そういうものと合わせると今年っぽいおしゃれなコーディネートに仕上がりますし、制服っぽくはならないです。

また今年のWEGOは、赤、黄色、緑のカラフルなチェック柄を出していますので、そういうものを取り入れてもらえたらいいかなと思います。


Q. 今回のショーのポイントは何ですか?
 
「カラフル×チェック」のコラボレーションがポイントです。秋冬ですがカラフルなコーディネートで、でもチェックはちゃんと取り入れています。ガーリーよりはストリート寄りのスタイリングになっていますね。とても鮮やかなショーになると思います。

プレスは華やかな仕事に見えるけど、体力仕事もたくさんある

Q. 今の仕事に就いた経緯を教えてください。
 
入社してから9年ほどになりますが、大阪のショップで「w♥c」というブランドの販売員として4年間、そのうち2年間は店長として働いていました。その後声をかけていただき、東京のプレスに異動して5年ほどになります。アパレルの仕事に就いたときから一度はプレスをやってみたいなという思いがあったので、声をかけていただいたときは特に迷うことはなかったです。


Q. 仕事のやりがいと大変なところを教えてください。

プレスの仕事は華やかに見られがちですが、すごく地味な仕事なんです。例えば、撮影に行くのに荷物の搬入出をしたりするのもプレスの仕事ですし、体力仕事も意外とあります。撮影するイメージを考えたり、コーディネートを組んだり、最近はSNSに力を入れていたりするのでSNSについて会議して実践したり、更にデスクワークもありますので、そのような作業も想像しているよりも大変だと思います。

やりがいというか、よかったと思うのは、TGCのようなショーがあると、こちらが出した要望をプロの方たちが実現して下さるので、本番でショーを見たときにとても感動します。ショーの準備は大変なことも多いのですが、本当にやってよかったなと思う瞬間です。あとは小さいことかもしれませんが、テレビでそのショーの時の映像がワイドショーなどで使用されたりするのを見るとすごくうれしいですね。

学生時代のアルバイト経験が、今生かされている

Q. 学生時代は何を勉強していましたか?
 
大学ではファッションとは全く関係のない経営学を勉強していました。当時はファッション系の仕事に進みたいという気持ちも全然なかったです。

ただもともとファッションに興味があったので、学生時代にアルバイトでショップ店員を始め、そのまま現在の会社に就職をしました。学生時代に学んだ経営学の勉強は現在の仕事に直結はしていませんが、アルバイト時代の経験は役に立っていますね。お世話になった上司がとても厳しい人だったのですが、私は負けず嫌いなので、へこたれずに続けたことが今につながっていると思います。


Q. 今後の目標とキャリアプランを教えてください。

今はSNSがすごく活発で、例えばインスタグラムなら新しい機能がどんどん追加されます。当然私たちはそれに対応していかなければいけないですし、それを活用してどんどん良い発信をしていかなければいけません。ですので、私自身もブラッシュアップして日々更新し続けていくことが大切だと考えています。

小さなことでも立ち止まらず進化し続けて変化していかなければいけない仕事だと思うので、「WEGOだったら」という視点で常に発信していくことが目標です。


Q. 高校生に向けてのメッセージをお願いします。

やってみたいと思うことがあったら迷わずどんどんやってほしいと思います。若いからこそ余計な事を考えず突き進める力があると思うので、いろいろなことを経験して自分が進む道を自分で切り開いて、どんどん挑戦をしていってほしいですね。若い方と接する機会がよくあるんですが、わりと堅実ですごく真面目な方が多いので、もう少しチャレンジしてもいいのではないかと思っています。いろいろな経験を通じて得たものを武器に、これから活躍していってほしいなと思います。



登さんから、制服っぽくならない着こなしを教えていただいた時は思わず「なるほど」とうなずいてしまいました。高校生の皆さんにとっても、とても参考になったのではないでしょうか。

TGCのショーでは、「カラフル×チェック」のコラボレーションが見どころとのこと。想像するだけで華やかなステージになるのでは……とワクワクしますね。


【profile】WEGO プレス 登 美幸

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「プレス」
はこんな仕事です

プレスとは広報・宣伝担当のことで、企業のPR活動全般を担う。自社企業の商品やキャンペーンなどを世の中にアピールすることが仕事。情報をマスコミ媒体へ発信したり、カタログ制作を指揮したり、展示会や発表会、ショーを企画・運営したりと、業務内容は多岐にわたる。企業やブランドの顔となる存在であるため、アパレルやジュエリー、化粧品業界のプレスは競争率が高い。舞台裏では、商品貸し出しや顧客管理などの雑務も多い。プレスの中には、企業の広告戦略の全体プランニングを統括する立場の人もいる。

「プレス」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける