歌とダンスが好きだからこそ頑張れる 【TGC 2018 A/W出演 鈴木愛理さんインタビュー】

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

歌とダンスが好きだからこそ頑張れる 【TGC 2018 A/W出演 鈴木愛理さんインタビュー】

2018.08.24

提供:マイナビ進学編集部

歌とダンスが好きだからこそ頑張れる 【TGC 2018 A/W出演 鈴木愛理さんインタビュー】

『マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER(以下、TGC)』は、さいたまスーパーアリーナで9月1日(土)に開催されます。昨年、同じ会場で『℃-ute(キュート)』がライブを行い、これを最後に惜しまれながら解散。そのメンバーの一人だった鈴木愛理さんが、今回TGCに出演することが決まりました。

今年の6月にソロデビューを果たし初の武道館公演を成功させるなど、勢いのある鈴木さん。仕事や学生時代の話、今ハマっていることについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 芸能界に入って16年目! 歌とダンスが好きなので続けることができた
  • 大学時代に勉強した「認知科学」はライブ活動に役に立つ内容だった
  • これからも私自身が笑顔であり続け、そして皆さんを笑顔にしていきたい

体力に自信あり! そしてポジティブな性格だからこそ前進できる

Q. 現在の仕事に就いた経緯を教えてください。
 
小学2年生のときに、「ハロー!プロジェクト・キッズオーディション」を受けて合格して、昨年の6月12日まで『℃-ute(キュート)』としてハロー!プロジェクトに在籍していました。昨年解散して、今年6月6日にソロデビューをしました。この世界に入って16年目になります。


Q. 16年目という長いキャリアですが、仕事の大変なところとやりがいを教えてください。

人間ですから落ち込むことや人と比べることもありますが、この仕事に就いてよかったなと思うのは、私は歌とダンスが好きだからこそ頑張れるというところです。人に言われてやらされていることなら、きっとやりたくないと挫折をして続かなかったと思いますが、自分のやりたい仕事なので、つらいことがあっても「まだ伸びしろがあるんだ」とポジティブに考えることができて、前に進んできたのかなと思います。

この仕事で大変なことというより、必要なものは体力だと思います。私はとても体力があります! 唯一自慢できることが、昨年まで15年間、ライブを1回も休んだことがないということです。

これは一期一会のファンの皆さんとの出会いを、どのタイミングで来た方にもちゃんと体験してもらいたいという気持ちが関係しているのだと思います。あとはどこでも寝られるのも元気の秘訣かもしれません(笑)。

マイブームは料理! 母から秘伝のレシピを教えてもらっている

Q. 学生時代はどんな勉強をしていましたか?
 
大学では環境情報学部で認知科学について勉強をしました。卒業後のビジョンを考えて入学したのですが、音楽が好きなので音楽に関連することを何か勉強したいと思っていました。私は海外でライブの経験があるので、日本と海外で盛り上がる曲が違うという反応を感じたり、「かわいい」という言葉が日本だけではなく、世界で共通語になっていることが気になっていました。認知科学というジャンルの中の、特に音認知のところに焦点を当てて研究をしていきたいなと考えていました。

入学してから一番その研究ができたのは、卒業論文の時でした。「曲のテンポの違いで人はどれぐらい興奮するのか」など、ライブで生かせそうなことを最終的に研究できて、とても自分に合った勉強ができた大学生活だったと思います。


Q. 現在のマイブームは何ですか?

少し前に、「#DMAFカフェ」という自分のアルバムにもじったコラボカフェをやらせてもらって、その中で母秘伝のレシピをランチプレートにしてファンの皆さんに食べてもらう機会がありました。それぐらいの時期から、母が代々受け継いできた料理のレシピを教えてもらうことにハマっています。

実は、『Ray』の専属モデルの子たちは料理ができる子が多いんです。現場で加藤ナナちゃんがおすすめの料理アプリを教えてくれて、それで火がつきました。もう24歳なので、そうことを覚えておいたほうがいいかなと思っています。母は酢の物や煮物などの作り置きが得意なので、教えてもらおうと思います。

高校生の特権「制服」を思いきり楽しんで!

Q. ご自身のファッションのポイントやこだわりを教えてください。
 
ジャンルを問わず、かわいいと思ったものは着るようにしています。その年によって自分の中での流行が変わったりすることが多くて、基本的に昨年着たものを大事にとっておくのですが、今年使わなかったアイテムも多いです。

でも昨年ぐらいから若干好きなテイストが固まってきて、レザーだけは少しいいものを買おうかなと考え始めました。そうすると来年も使って少しずつ味が出てくるかな……と思っています。あとはヴィンテージのイヤリングが気になるのでよく見ていますね。


Q. 今後の目標を教えてください。

私はこの活動をずっとやってきて、結局自分がやりがいを感じたりやっていて良かったなと思う瞬間は、受け取ってくれる側の人が笑顔になってくれたのを見たときなんです。ポジティブなところが私の個性でもあるので、私自身が笑顔でいること、そして人を笑顔にしていくことをこれからもずっと心掛けながら活動していきたいと思います。


Q. 高校生に向けてのメッセージをお願いします。

私は高校時代が一番楽しかったんですよ!

制服は絶対に楽しんでください。土日も着たほうがいいと思います(笑)。今になって制服でいろいろなところへ遊びに行けばよかったなと思っています。毎日同じ服を着ているからつまらないと思ったりするかもしれませんが、制服は高校生の特権だし唯一できるファッションでもあるので、制服を着て楽しめることを思う存分してほしいなと思います。



「高校生へのメッセージをお願いします」とお願いした時に「あー、高校生!」と楽しかった高校時代に思いを馳せるかのような笑顔を見せてくれた鈴木さん。当時の制服の着こなし方を伺うと、「高校生は授業で座りっぱなしで意外に足がむくむので、着圧ソックスが役に立ちました。今日もむくんでないぞ!とうれしかったです」と、違う角度からの「おしゃれポイント」を教えてくれました。

元気でポジティブな鈴木さんが、TGCのランウェイでどんな姿を見せてくれるのでしょうか。私たちに元気を届けてくれることは間違いありませんね!

【profile】歌手・モデル  鈴木 愛理

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歌手」
はこんな仕事です

歌を歌うことで収入を得る職業。収入は、コンサートやイベントなどで人に歌を聴かせて得る出演料、販売される楽曲のために歌を録音して得る歌唱料などがある。作曲や作詞も手がけるなら印税収入も見込める。自分自身の作品を歌うだけでなく、他人の歌にコーラスを添えたり、CMソングを録音したり、結婚式やレストランに華を添えたりと、仕事はいろいろある。ほとんどの場合、ポップス、ロック、演歌、ジャズなど専門分野を持って活躍している。歌唱で人を感動させる手応えがモチベーションになる。

「歌手」について詳しく見る

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ファッションモデル」
はこんな仕事です

最新のファッションアイテムを身に着け、アピールする職業。雑誌、ブランドの広告物やファッションショー、カタログなどが活躍の場となる。例えば衣類をハンガーに掛けたりマネキンに着せたりするより、実際にモデルが身にまとって動くことで、商品の魅力が伝わりやすくなる。しゃれた装いのイメージを演出する役割を担い、多くの場合は所属するモデル事務所を通じて仕事を得る。昨今は、ファッション誌専門の読者モデルも急増。なかには圧倒的な人気を得て、タレントに転身したり自身のブランドを立ち上げる人もいる。

「ファッションモデル」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける