学校見学のアポ取りは親に頼んでも平気? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学校見学のアポ取りは親に頼んでも平気? ~進路のミカタ知恵袋~

2018.08.16

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

学校見学のアポ取りは親に頼んでも平気? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 高3です。専門学校のオープンスクール(オープンキャンパス)に行こうと思っていたのですが、日程が合わなかったため、アポ取りをして学校見学に行こう思いました。その際のアポ取りは保護者でも大丈夫でしょうか。また、学校見学の際に気を付けるべき点はありますか?

A. 自分の進路なので、保護者に頼らず自分で手配しよう

【アポ取りをするときに注意することは?】

志望する学校を知るためのイベントはオープンキャンパスだけではありません。学校見学を行っているところもいくつかあります。

まずは目的の学校に、学校見学を行っているかどうかを確認しましょう。学校の公式ホームページの問い合わせフォーマットからできる場合もありますので、希望の日時、連絡先、メールアドレス等間違いのないように入力をしましょう。電話での問い合わせを指定している学校も多いため、敬語で丁寧な言葉を使うように心掛けましょう。「学校見学をしたい」と要件をしっかり伝え、見学が可能であればどのように予約をすればいいのかを確認しましょう。

「電話をかけるのは面倒だし緊張する」と親にやってもらおうと思う人もいるかもしれません。しかし自分の進路に関わることですから、責任を持って自分自身で手配をしたほうがよいでしょう。

【学校見学当日までにやっておきたいことは?】

学校見学の予約を無事に済ませたら、まずは参加する学校のパンフレットを取り寄せましょう。パンフレットは学校見学当日にもらえることもありますが、事前に学校の基本的な情報や特徴を調べておくことで当日効率よく行動することができます。せっかくの機会ですから時間を有効に使い、重点的に見てまわりたいところや学校職員や先輩に話が聞けるチャンスがあるのなら質問したいことをリストアップしておくとよいでしょう。そして当日迷うことがないように、学校までの交通手段をきちんと調べておきましょう。

もし学校職員に質問ができる機会があるのなら、以下のような受験に関する質問や心構えを聞いてみるのもいいかもしれません。

・試験の結果と書類の内容(成績)の比重について
・推薦入試の面接の際には、どのようなことを聞かれるのか
・推薦書類の書き方など、書類上で注意しなければならない点はあるか
・どういった勉強をすればいいのか
・大学の雰囲気やカリキュラムについて
・卒業生の進路について。どんな職業に就いた人が多いのか

この他にも、せっかくの機会をむだにしないためにも、気になったことは質問できるように準備しておくといいですよ。

【学校見学当日に注意することは?】

当日は、時間に余裕を持って出掛けましょう。わざわざ学校が質問者さんのために見学を受け入れてくれているのです。遅刻はしないように気をつけましょう。

持ち物ですが、筆記用具やパンフレット、事前に用意をした質問表などを忘れずに持っていきましょう。学校からいろいろな資料がもらえる場合もありますので、少し大きめのかばんを持っていくといいかもしれません。服装は制服でもよいですし、清潔感があって動きやすい服装であれば私服でも問題ないでしょう。

対応してくださる大学職員の人は、忙しい仕事の合間をぬって学校を案内してくれます。感謝の気持ちを持って謙虚な態度で臨み、丁寧な言葉遣いで接するようにしましょう。

オープンキャンパスに行けなかったからといって諦めていた人も、学校見学という方法があるかもしれませんので、気になる学校があれば積極的に問い合わせをしてみてくださいね。

【回答者:マイナビ進学編集部】

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける