【2018年高校総体】剣道 桐蔭学園高等学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2018年高校総体】剣道 桐蔭学園高等学校

2018.08.02

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2018年高校総体】剣道 桐蔭学園高等学校

2年連続でのインターハイ出場を決めた、桐蔭学園高等学校・女子剣道部。3年生を中心に、明るい雰囲気づくりがされています。インターハイへの意気込みや、普段の練習について、部長の渡部日向子さん(3年)と、三森淑惠さん(3年)、桜井陽奈子さん(3年)の3名にお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 練習では自分より強い人をイメージする
  • 先輩方から受け継いできた「素直・感謝・謙虚」の精神
  • 自分の上限は決めない。目標は未来の自分自身!

練習がつらいときほど「勝ちたい」という気持ちを大切に

――練習がある平日のスケジュールを教えてください。

渡部:15時半くらいに学校の授業が終わるので、そこから18時までが練習の時間になります。

桜井:防具をつけた練習がメインで、練習メニューは日によって異なります。

――普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

渡部:たとえば監督など、自分よりも強い人をイメージするようにしています。「強い人に近づくには」または「その人と対戦するなら」ということを考えながら練習に取り組んでいます。

三森:練習ではキツいトレーニングもたくさんあります。でも、そんなときにも気持ちが折れてしまわないように、「つらいのはみんな同じ。自分だけじゃない!」と意識するようにしています。

桜井:意識しているのは、どんなときも「強くなりたい」「勝ちたい」という強い思いを持ち続けることです。キツい練習で心がくじけそうになったときこそ、その気持ちを忘れないようにしています。

一人ひとりの気持ちの強さがチームの勝利につながる

――チームの強みやここは他校には負けない!という部分はありますか?

渡部:個々の力の強さですね。とくに団体戦では、どうしても周りに頼るような気持ちが生まれてしまいがちです。でも、たとえ団体戦であっても「自分が強くなる」「自分が勝つ」と一人ひとりが強く考えることで、結果としてチームの勝利につながるのだと思います。そのような高い意識を部員全員がもっていることが私たちの強みです。


――監督や仲間などからもらって印象に残っている言葉はありますか?

渡部・三森・桜井:「素直・感謝・謙虚」です!

渡部:剣道部には「当たり前のことを忘れずに大切にする」という伝統があります。この3つの言葉も、先輩たちから代々受け継がれてきました。

桜井:私たちも今3年生になって、後輩たちに大切なことをしっかり伝えられるように、態度でも示していきたいと思っています。

目の前のことに集中し、一つひとつの試合を勝ちきりたい

――目標としている選手は誰ですか?

桜井:尊敬する選手はたくさんいるのですが、ちょっと格好つけた言い方をすると(笑)、目標とするのは未来の自分自身です。自分がどこまで強くなれるのか、上限を決めたくないという思いもあって、あえて具体的な目標を考えないようにしています。

三森:私も同じで、まずは自分自身を高めていきたいという思いが強いです。


――高校卒業後の目標を教えてください。

桜井:卒業後のことはいろいろ考えてはいますが、高3の夏はまだ終わっていないので、まずは今やるべきことに集中したいですね。一つひとつのことに全力投球していきたいです。

三森:私も、まずは目の前の試合に集中します!

渡部:私も同じです。卒業後のことを考えるのは、そのあとですね。


――インターハイへの意気込みを教えてください。

渡部:今年は私たち3年生にとって最後のインターハイになります。一試合でも多くこのチームで戦えるように、一つひとつの試合に全力を注いで勝ち上がっていきたいと思います。

三森:このチームでは最後になる大会なので、一試合一試合、悔いのない戦いをしていきたいです。

桜井:とにかく「勝ちに行く!」。インターハイには出場したくても出られない人もいます。出場するからには全員の思いを背負って、「勝ちに行く」という強い意気込みで頑張りたいと思います。


「卒業後のことより、今は目の前の試合に向けて集中したい」という皆さんですが、3人とも「卒業しても剣道は続けます!」と笑顔で語ってくれました。部に受け継がれる「素直・感謝・謙虚」の言葉を胸に、真摯に戦いに挑む彼女たちの活躍に期待したいですね。


【profile】桐蔭学園高等学校 女子剣道部
渡部 日向子 部長(3年)、三森 淑惠さん(3年)、桜井 陽奈子さん(3年)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける