【2018年高校総体】柔道 桐蔭学園高等学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2018年高校総体】柔道 桐蔭学園高等学校

2018.07.30

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2018年高校総体】柔道 桐蔭学園高等学校

昨年のインターハイで見事優勝を果たした桐蔭学園高等学校・女子柔道部。今年は2連覇を目指し、熱の入った練習が行われています。部長の野澤知莉さん(3年)、渡邊明日香さん(3年)、朝飛真実さん(2年)の3名に、インターハイに向けた意気込みを伺いました。

この記事をまとめると

  • ルール改正も考慮し、しっかりと競り勝てる練習をしている
  • 監督や先輩からの言葉が「頑張ろう」という励みになる
  • インターハイでは個人・団体ともに優勝を目指す!

常に強気で、攻めの姿勢を大切に

――練習がある平日のスケジュールを教えてください。

野澤:7時くらいに登校して、40分ほどランニングなどを中心に練習をします。朝の全体練習は週1回で、それ以外の日はそれぞれ自主トレーニングをしています。
午後は授業が終わった16時過ぎから18時くらいまで、主に道場での練習になります。また、週に2回のウエイトトレーニングがあります。


――普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

野澤:「投げきる」ということを意識して練習しています。今年からルールが改正され、たとえば少しでも床に肩がついたりするとポイントが入るようになりました。部全体としても、これまで以上にしっかりと競り勝てるような練習を心がけています。

渡邊:私が得意なのは投げ技です。一瞬でパーンと投げるような、見ている人に「おっ!」と思わせるような投げ技を目指しています。そういう投げ方を意識しなくてもできるように、自分にとっての“当たり前”にしたいです。

朝飛:練習で意識しているのは「常に強気でやり続ける」ということです。気持ちが弱くなってしまわないように、相手より先に技をかけて投げにいく、攻めの姿勢を大切にしています。あとは、そのときの自分の課題、できないことを意識しながら練習しています。

監督や先輩からの言葉が、練習を頑張るモチベーションに

――チームの強みやここは他校には負けない!という部分はありますか?

野澤:ゴミが落ちていたら拾う、挨拶をしっかりするなど、柔道以外でも人としての基本を大切にしています。校内を歩いていてゴミが落ちていたら、みんな必ず拾っています。

朝飛:ウエイトトレーニングを行うトレーニングルームも自慢です。他の運動部と共同で使うのですが、設備がとても充実しています。

――監督や仲間などからもらって印象に残っている言葉はありますか?

朝飛:練習中は、苦しくてくじけそうになることもあります。でも、そんなときに先輩たちが「大丈夫?」「ここからだよ」などと声をかけてくれるので、その言葉で「頑張ろう!」という気持ちになれます。

野澤:試合に向けて自分を追い込んでいく中で、「優勝したい」という気持ちよりも「つらい」と思ってしまうことがありました。そのとき女子柔道部の廣川監督から「チームで勝たなきゃダメ」といわれて、気持ちを立て直すことができました。インターハイでも、やはり一番の目標はチームで勝つことです。その目標を改めて強く意識し、もっと練習を頑張ろうと思えるきっかけになりました。

渡邊:練習や試合が終わって場外に下がったときに、廣川監督から「いいじゃない」と言葉をかけてもらえるととても嬉しいです。自分で「いい試合ができた」と思ったときも、廣川監督から評価していただけると一層励みになります。

一つひとつの試合に全力で挑み、目指すは優勝!

――目標としている選手は誰ですか?

朝飛:ロンドン五輪銀メダリストで、現在は指導者としても活躍されている杉本美香選手です。もちろんすごく強い選手なんですが、誰に対しても優しい方で、ずっと憧れています。周りの人みんなを笑顔にするような、魅力にあふれた方だと思います。

渡邊:羽賀龍之介選手です。とくに投げるときの豪快さにとても魅力を感じます。一瞬で内股(*)に入るところなど、本当にすごいと思います。

野澤:男子柔道部の高松正裕監督です。高校に入学したばかりの頃、高松監督が練習を見てほめてくれたことがありました。そのときは「自分のどこがいいんだろう」と思ったのですが、その後も柔道のことだけでなく生活面でもいろいろなアドバイスをいただいています。とても尊敬しています。

(*)内股:柔道の足技の一つ。


――高校卒業後の目標を教えてください。

野澤:柔道を続けながら、将来的にはトレーナーの資格を取りたいと思っています。今こうやって私たちが柔道に打ち込むことができるのも、トレーナーさんたちがトレーニングや食生活のサポートをしてくれているからです。自分もゆくゆくは同じように選手を支えられる人になれたらいいな、と思います。

渡邊:大学に進学して柔道を続け、環境が変わっても良い結果を残したいと思っています。それと同時に、「教師になりたい」という子どもの頃からの夢があるので、その実現に向けて勉強をしていきたいです。柔道を通して多くの人から、日常生活においても大切なことをたくさん教えていただきました。学んだことを生徒にしっかり伝えられるような教師になり、部活などで柔道を教えていきたいです。

朝飛:柔道人生の最大の目標は、五輪に出場して優勝すること。大学に進学しても、社会人になっても、その目標に向かってずっと頑張っていきます!


――インターハイへの意気込みを教えてください。

野澤:個人戦、団体戦ともに優勝を目指します。そのためにも、地味でもいいのでとにかく勝ちきることを大切にしたいです。自分の得意技を活かして、確実に、チャンスを逃さないようにして勝ちたいと思います。

渡邊:まずは一つひとつの試合を、悔いが残らないように戦いたいと思います。悔いが残らないというのは、やはり「勝つ」ということだと思います。団体戦では「自分が必ず1つポイントを取ってくる」という気持ちで勝ち上がっていきたいです。最終的な目標はもちろん優勝です。

朝飛:桐蔭学園は昨年のインターハイで優勝しているので、もしかするとこれまで以上に注目されることになるかもしれません。出場するからには、桐蔭学園としてのプライドを持って戦い抜き、優勝を目指したいと思います。個人戦でも「2年生だから」ということは考えずに優勝を目指します。3日間試合が続くので、気持ちを切らさないように集中して戦いたいと思います。


「みんな仲が良いんです」と笑顔で話してくれた皆さん。きっとそれが、チームとしての強さにもつながっているのでしょうね。柔道の技術だけではない、人として大切な基本を学んだというお話も印象的でした。インターハイ連覇を目指す、彼女たちの活躍に注目です!

【profile】桐蔭学園高等学校 女子柔道部
野澤 知莉 部長(3年)、渡邊 明日香さん(3年)、朝飛 真実さん(2年)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける