もはや人間と同じ!? 感情を学び始めたAIロボットがすでに登場していた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

もはや人間と同じ!? 感情を学び始めたAIロボットがすでに登場していた!

2018.09.05

提供:マイナビ進学編集部

もはや人間と同じ!? 感情を学び始めたAIロボットがすでに登場していた!

「近い将来、仕事のほとんどがAIに奪われてしまうかもしれない」といわれるほど、最近のAI(人工知能)は著しい発達をみせています。そんな中、とある企業が開発しているAIロボットが注目を浴びています。今回は、ついに人間に近づき始めたAIロボットの能力について紹介します。

この記事をまとめると

  • 人間の感情を学び、表情で感情を表現するAIロボット「ソフィア」が登場した
  • ソフィアは質問に流暢に返答する会話能力を持ち、市民権も獲得している
  • ロボット工学の発展で、さらに人間に近いAIロボットが開発されていく

「感情」を学び、表情で表現するAIロボットが登場した!?

AI(人工知能)の登場で私たちの生活はまたひとつ便利になりました。話しかけるだけで欲しい情報を検索してくれたり、電気のスイッチをつけてくれたりと身近なところにもAIの技術がすでに使われています。

人のように話し、考え、行動する。AIロボットの能力はだんだんと私たち人間に近づいてきている中、なんと今度は人間の「感情」を学習し始めたAIロボットが登場して話題を呼んでいます。

それが、香港の企業が開発したAIロボット「ソフィア」です。他の動物よりも表現力が秀でており、今までのAIロボットでは獲得できなかった表情による感情の表現を行うことができます。

ここまでくるといよいよAIは人間と同じようになるのではないか、と思われるほどの「ソフィア」の能力とはどのようなものなのでしょうか?

「ソフィア」はどのような能力をもつAIロボット?

AIロボット・ソフィアは歩行機能こそ付いていませんが、モーターとギアの複雑な組み合わせによって人間が持つ62種類の感情を顔で表現することができます。いかにもロボットのような顔はしておらず、オードリー・ヘップバーンに似せた整った顔つきをしています。

会話能力もあらかじめインプットされた回答は用意されていません。機械学習で会話の内容をメモリに保存して議論の流れを把握し、状況に応じた回答をリアルタイムで話します。しかもただ話すだけでなく、話しかけた相手の表情を読んで言葉を発するそうです。時にはジョークを交えて話すことも。

経験や知識をもとに、会話の流れや相手の状況にあった答えを返すというプロセスはかなり人間に近いものですね。その能力は高く、2017年には国連会議に出席し、さまざまな質問に対して流暢な答弁を行いました。

AIやロボットの技術は世の中に大きな影響を与える無限の可能性を秘めている

だんだんと人間に近づくAI・ソフィア。それを印象づけるのが「市民権」の獲得です。2017年10月にソフィアはサウジアラビアの市民権を獲得しました。ロボットに市民権が与えられることは世界で初めてのことです。

ついには市民権まで獲得したAIですが、今後は「意識」を持つAIロボットが登場すると開発者は予想しています。発展途上の感情表現の他に、愛や共感などの人間の能力や生きているという感覚をロボットで実現したいとも語っています。AIが人間とともに社会で生きていく未来も、もしかしたらそう遠くないのかもしれないですね。

AIやロボットの技術は今後間違いなく世の中を大きく動かすテクノロジーになることは誰が見ても予想できることでしょう。学問的にも今後かなり面白くなってくる分野です。

ソフィアのようなAIやロボット技術について学ぶ分野はロボット工学ともいわれています。ロボット工学に興味が湧いた人は「システム・制御工学」という学問を学ぶことをおすすめします。ロボット開発の基本を学ぶことができますよ!

【出典】
・BUSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-106516
・HUFFPOST JAPAN
https://www.huffingtonpost.jp/2017/10/14/sophia-ai-un_a_23243622/
・ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/11104

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「システム・制御工学」
はこんな学問です

ロボット技術を機械・電子などの工学的視点から研究開発する学問である。研究分野は、製造現場で働く工作ロボットや福祉施設で活躍する介護ロボット、家庭で愛されるペット用ロボットなどを研究する「ロボット工学」、機械やロボットの動きを計算する「計測システム工学」、飛行機・鉄道などの大型の乗り物のコントロール技術を研究する「制御システム工学」など、生活や産業に密接につながっている。

「システム・制御工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける