「にぎりめし国際化計画」が発動! 海外にも「おにぎり」はある?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「にぎりめし国際化計画」が発動! 海外にも「おにぎり」はある?

2018.09.19

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「にぎりめし国際化計画」が発動! 海外にも「おにぎり」はある?

突然ですが、皆さんはおにぎりが好きですか? 日本人にとってはおなじみの食べ物ですが、他の国には似たような料理はないのでしょうか? 海外でひそかに人気が高まりつつある、おにぎりのルーツを探ってみましょう。

この記事をまとめると

  • 大学主催のイベントで、見たこともないおにぎりが登場
  • 外国に「おにぎり」「おむすび」文化はあるのか?
  • 日本の料理の良さを研究して、海外にも伝えていこう

大学が「にぎりめし国際化計画」イベントを開催!

2018年に「にぎりめし国際化計画」というイベントがある大学で開催されました。大学に在籍する外国人留学生たちが、自分の国の料理を参考にして作ったオリジナルのおにぎりを披露するというこのイベント。アフリカや中央アジアなど、各地域がチームに分かれて独創的なおにぎりを生み出しました。

ハイビスカスティーで炊いたごはんに、ハイビスカスのジャムを加えて握った紫色のおにぎり。スパイシーな味付けのごはんをブドウの葉で包んだ風味豊かなおにぎりなど、日本人には思いつかないような作品に、会場からも驚きの声が上がったようです。

最近ではコンビニエンスストアでもオムライスや卵かけごはん風など、さまざまなアイデアを取り入れたおにぎりが販売されています。想像力次第で面白いアイデア料理に変身するおにぎりですが、海外にも同じような料理はあるのでしょうか?

あたたかくないとダメ? 海外のおにぎり事情

日本人の海外旅行先として人気があるハワイには、Spam Musubi(スパムむすび)があります。これは、日本でも沖縄でよく食されているスパムをご飯の上にのせた料理。現地でもローカルフードとして幅広い人たちに親しまれています。

台湾のおにぎりは巨大なロール状の形をしていて、お肉や揚げパン、野菜などがぎっしり詰まっているのが特徴です。注文してから熱々のご飯を使って握ってくれるお店もあります。日本のおにぎりはあたたかいままで食べることはもちろん、冷めた状態で食べることもありますよね。しかし同じアジア圏でも、台湾や中国では冷たいごはんを食べる習慣はなく、「ごはんはあたたかい状態で食べるもの」といった根強い意識があるんだとか。

国ごとに違うおにぎり事情ですが、最近では「日本のおにぎり」そのものが、海外でウケているそうです。

調理学で日本の食文化を知って海外に紹介したい!

例えば、日本食に親しみが深いアメリカ・ロサンゼルスには「おむすび専門店」があります。おなじみの明太子やツナマヨの他に、カレー味のおにぎりやスパイシーサーモンなど個性的なメニューが並んでいます。その他にも、きんぴらごぼうやキムチなど惣菜類も並んでいます。

おにぎりにさまざまな種類があるように、ある料理をよりおいしく食べるための調理方法や、食品の栄養について学べるのが調理学という学問。調理について学びながら、日本の料理を海外の人にもっと知ってもらう方法を追求したいなら、調理学を学んでみてはいかがでしょうか。


【出典】
朝日新聞デジタル|「にぎりめし国際化計画」 ハイビスカスやブドウの葉も
https://www.asahi.com/articles/ASL5D3H4CL5DUOHB003.html

日刊スポーツ|専門店も登場 LAで密かに「おむすび」ブーム到来
https://www.nikkansports.com/leisure/column/la/news/201803170000370.html

GetNavi web|マクドのスパムメニューはもはや定番!! ハワイで進化する「スパム」な食文化
https://mainichi.jp/articles/20180702/gnw/00m/040/001000c

るるぶ台湾’19|JTBパブリッシング

楽天ニュース|<台湾発ニッポン再発見>あり得ない!日本の冷たいお弁当がおいしいなんて…
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_160740/

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

食べることから健康な生活にアプローチすることを目的としています。ただ生きるために食べるのではなく、より良く生きるために食べるという考え方です。栄養学は食物に含まれる栄養素について学び、生理学の知識を踏まえ、適切な栄養指導を行います。そのためには栄養学や病理学などの広範な知識も必要です。食物学では人によっては摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「調理学」
はこんな学問です

おいしく食べられる調理方法だけでなく、栄養学などの観点からも適切でより効果的な調理理論、技術を学ぶ学問。調理過程における食材の化学変化などを研究し、食材の本来の風味や食感、色合いなどを生かし、かつ必要な栄養を十分に得るために必要なことを学習する。器具、設備、切る・混ぜるなどの取り扱い方法、加熱方法、保存方法などを科学の視点から追究する。調理士のほか、管理栄養士、フードコーディネーターなどへ進む道がある。

「調理学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける