「おk」「うp」は「打ち言葉」! 日本語はこれからどう変わっていく?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「おk」「うp」は「打ち言葉」! 日本語はこれからどう変わっていく?

2018.09.20

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「おk」「うp」は「打ち言葉」! 日本語はこれからどう変わっていく?

「kwsk」「おこ」「りょ」など、ネット上でよく見かける短い言葉。皆さんもメールやSNSで友達とやりとりするときに、「おk」や「うp」といった言葉を使う場面も多いのではないでしょうか? こうしたネット特有の言葉遣いを文化庁が「打ち言葉」と表現し、話題となりました。なぜ文化庁は「書き言葉」「話し言葉」ではない、新たな表現を作ったのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 文化庁が「おk」「うp」を「打ち言葉」と呼ぶことを決めた
  • 日本語の中には、時代とともに使い方が変わってきた言葉がある
  • 言語の変化を研究したいならば、言語の歴史を学んでみよう

「打ち言葉」って何? 文化庁が新しい分類を提案!

文化庁は2018年3月、「おk」「うp」などネットやSNS上でよく使われる表現を「打ち言葉」と表現しました。こうした言葉は、文字を書くという意味では「書き言葉」ですが、1度のやりとりで交わされる情報量が少ないので「話し言葉」の要素も多く含みます。なぜ文化庁はわざわざ「打ち言葉」という分類を作ったのでしょうか?

「おk」「うp」は、パソコンのキーボードで「OK」「UP」を日本語入力のまま打ったときの表記からきています。パソコンが無かった時代には存在しなかった言葉で、パソコンが広く普及した現代だからこそ生まれた言葉といえます。新しい環境から生まれた言葉だからこそ、「書き言葉」「話し言葉」と分類する必要があると文化庁は考えたのかもしれません。

社会の変化や時間の流れとともに変わっていくコミュニケーションと言葉。ここで、日本語が過去どのように変化してきたのかを振り返ってみましょう。

「~かしら」は昔と今とでは使い方が違う?

日本語の中には、過去と現在で使い方に違いがある言葉が存在します。例えば、女性がちょっと上品に物を尋ねるときに使う「~かしら?」という言葉。

この「かしら」、もともとは「かしらん」という言葉でした。「あら、そうかしらん?」と誰かが言っている姿を想像すると、つい女性がしなしなと身体をくねらせている姿を想像してしまいそうですが、昔は女性だけでなく男性も普通に使っていたようです。

「かしらん」はもともと「か知らぬ」という言葉でした。つまり、「~かどうか知らない」「~かどうかわからない」という意味を持っていました。「今日は水曜日かしらん」という表現でいえば、「今日は水曜日だったかどうかわからない」といった意味になります。「かしらぬ」という言葉が時代の流れとともに変化して「かしらん」となったといわれています。

言葉は時代の流れとともに変化していく性質を持っている

このように、言葉は時代の流れによってさまざまに変化していく性質を持っているようです。より言いやすく、話しやすい形に進化したり、社会の変化に合わせて言葉も変化したりします。

数十年前は多くの高校生がポケベルで連絡を取り合っていました。現在ではほとんど使っている人を見かけなくなりましたが、それに取って代わったのが、パソコンやスマホです。皆さんは日常的にスマホという言葉を口にすると思いますが、ポケベルという言葉を使うことはなくなりました。それは今の日本人の生活からポケベルそのものが姿を消したからです。このように新しいものが生まれたり、古いものが無くなったりすることが言語にもあるのです。

このような言語の変化について研究するのが言語学です。「どんな理由で言葉が変化するんだろう」「日本語はこれからどうなっていくんだろう」ということが気になる人は、言語学の中でも特に歴史言語学を学んでみてはいかがでしょうか? 奥深い言葉の世界を覗けば、そこからいろいろなことが分かるかもしれませんよ。


【出典】
文化庁|「わかり合うための言語コミュニケーション(報告)」について
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1401904.html

livedoor NEWS|文化庁がSNSなどで使う独特な表現を「打ち言葉」と分類 ネット上で話題に
http://news.livedoor.com/article/detail/14395084/

日本語検定|忘れえぬ言の葉「かしらん」
https://www.nihongokentei.jp/essay/kotonoha/column-03.php

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「言語学」
はこんな学問です

世界の言語の特徴や特質を研究する学問。言語を成り立ちや構造、変化・変遷、分布、比較などさまざまな角度から捉えることで理解を深める。学問領域は、主に言語の本質を探るための「意味論」「語彙論(ごいろん)」「文法論」「文字論」「音韻論」などから成っているが、関連するほかの学問と融合した比較言語学や社会言語学などもある。言語障がいに関する研究や、通訳・翻訳分野、日本語教育分野など、学校によってさまざまな研究の深め方がある。

「言語学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける