国が違えば花火の形も違う? 静かに見る日本人とド派手に楽しむ外国人

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

国が違えば花火の形も違う? 静かに見る日本人とド派手に楽しむ外国人

2018.08.21

提供:マイナビ進学編集部

国が違えば花火の形も違う? 静かに見る日本人とド派手に楽しむ外国人

夏の風物詩といえば、海、プール、セミの鳴き声、そして花火ですよね。毎年家族や友達と花火大会に出掛ける人も多いのではないでしょうか? そんな花火に対する印象は、日本と海外では大きく違うようです。どんな点が違うのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 日本の花火といえば丸い形だけど、海外ではそうでもないらしい
  • 外国人にとって、花火は演出のひとつ
  • 国が変われば、いろいろなものの楽しみ方や感じ方が変わる

花火はどんな形? 日本では丸い形が普通だけど……?

「夜空に浮かぶ花火って、どんな形をしている?」と聞かれたら、「花が開いたような丸い形」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。日本ではそのとおりなのですが、実は海外の花火は丸くないものが多いのです。

日本の花火のもととなる「花火玉」は球体の形をしており、その中に割薬(わりやく)と呼ばれる火薬が入っています。花火が上がると上空で割薬に引火し爆発。その時に炎色反応が起こり、大きく球体に広がるので、夜空にきれいな花を咲かせたように見えるのです。丸く広がる花火が多いので、日本人の多くは「花火は丸い」といったイメージが強いのかもしれません。

しかし海外の花火に多く使われる花火玉は球体ではなく円筒状のものが多く、柳のように垂れ下がる花火が一般的だといいます。

花火そのものを楽しむ日本人と、演出のひとつと考える外国人

花火がさかんに打ちあがる時期や楽しみ方にも日本と海外では違いがあります。日本では花火といえば夏をイメージする人も多いのではないでしょうか? 夏の夜空に打ちあがる花火は、日本の夏の風物詩です。

花火を見るために人が集まる日本とは違い、海外での花火はイベントやお祝いムードを盛り上げる脇役として使われることが多いんだとか。例えばアラブ首長国連邦のドバイで行われるカウントダウンイベントでは、新年を祝うために約50万発にもおよぶ打ち上げ花火が用意されたこともあるそうです。高層ビルを背景に、花火だけではなく噴水ショーやLEDライトなどを総動員し、派手な演出が新年の瞬間を盛り上げます。

日本の花火大会では「尺玉」と呼ばれる大きな球体の花火を一発ずつ楽しみますが、海外ではスターマイン(連発)のような派手な演出が好まれるという違いもあります。最近では日本でも連発が人気ですが、花火そのものを一発ずつ楽しむのは海外にはない日本ならではの文化といえそうです。

国が変われば文化や楽しみ方も変わる

花火がさかんに打ち上げられる時期や楽しみ方の違いは、それぞれの歴史や文化の違いと密接に関わっているようです。日本人にとって火とは、死者の魂を鎮めるという意味を持っています。今でも東京で開催されている隅田川花火大会が始まったのは江戸時代で、流行病で亡くなった多くの人々の魂を鎮めるために行われたと言われています。このような背景から、日本の花火大会はお盆前後に開催されることが多いのです。

同じように海外でも、いろいろな意味が込められているのかもしれません。花火一つとっても、お祝いのためのものであったり、鎮魂のためのものであったりと、国が変われば形だけでなく意味合いも変わります。

もし、より多くの文化や国民性の違いに触れてみたいと感じたのなら、国際関係学を学んでみてはいかがでしょうか。他の国の人や文化に触れた時、日本との違いに気付いたら、なぜ違うのかを考え、調べてみると面白いかもしれません。違いを楽しみ理解することが、日本と海外の架け橋を作っていくキッカケになるかもしれませんよ。


【出典】
高木煙火株式会社|花火の基礎知識
http://www.enka.co.jp/sub/sub4/indexSub4_1.html

msn|ケタ違いの規模にびっくり!一度は行ってみたい世界の花火イベント20選
https://www.msn.com/ja-jp/travel/news/%E3%82%B1%E3%82%BF%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AE%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%81%AB%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%EF%BC%81%E4%B8%80%E5%BA%A6%E3%81%AF%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%84%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%81%AB%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%8820%E9%81%B8/ss-BBDJTTh

NIKKEI STYLE|隅田川花火・仙台七夕…夏祭りの起源は災害 鎮魂担う
https://style.nikkei.com/article/DGXBZO30836250S1A620C1000000

日蓮宗|花火とお盆のステキな関係
https://temple.nichiren.or.jp/7031004-fukujusan/2012/08/id62/

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際関係学」
はこんな学問です

世界各地と日本、または研究対象に選んだ地域の問題を、歴史学・社会学・経済学・政治学など幅広い学術的な視点から理解・分析する学問。国際社会のさまざまな問題を把握し、国際的な政治、経済、法律も活用して、異文化地域や利害関係を持つ国家・地域同士が共存を図る方法を見出していくために大切な学問である。外資系企業、旅行業界、海外取引のあるメーカーのほか、公務員や教員など学びを生かせる仕事の幅は広い。

「国際関係学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける