歴史マニアなら挑戦したくなる!? 日本の「歴史系」検定 5選!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

歴史マニアなら挑戦したくなる!? 日本の「歴史系」検定 5選!

2015.11.02

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

歴史マニアなら挑戦したくなる!? 日本の「歴史系」検定 5選!

学校で歴史を学んできて、「歴史が大好き!」「戦国時代の漫画を読んでる」という人も多いのではないでしょうか。実は、そんな「歴史大好き!」な人に、ぜひチャレンジしてみてほしい歴史系検定があります。自分は今、どれだけ歴史に関することを知っているのか? ということも分かるかもしれませんよ。

この記事をまとめると

  • 歴史好きにはたまらない、歴史系の検定試験が多くある
  • 歴史能力検定をはじめ、伊賀忍者検定や太宰治検定などユニークなものも
  • 女性に人気のある、新撰組に関する検定もある

1. 歴史能力検定

歴史能力検定は、歴史能力検定協会が実施している歴史系検定です。過去について学びながら理解を深め、未来について考える判断力や洞察力を持った、世界に通用する人づくりを目的に実施されています。1~5級まであり、3級以上は高校生レベルともいわれ、日本史と世界史に分かれています。日本史1級か2級以上を取得すると「通訳案内士試験」の日本歴史が免除されたりするそうです。

2. 江戸文化歴史検定

江戸文化検定、通称「江戸検」は、その名の通り、江戸時代の文化に関する知識を問う検定試験です。日本文化が大きく花開いた江戸時代の生活様式や社会秩序は、知れば知るほど面白い世界です。毎年お題が出され、江戸時代の人々の暮らしや、年中行事、祭りに関する問題などを解いていきます。1~3級までの3階級があり、1級を取得すると旅行ガイドとして働けるくらいの知識が身につくそうですよ。

3. 新選組検定

新選組検定は、新選組に関する問題だけが出る検定試験。幕末期に「誠」の旗のもとに集まり、「義」のために戦った新選組はドラマや漫画でも高い人気を誇り、女性ファンも多いですよね。新選組検定は入門レベルの4級(隊士)から上級レベルの1級(局長)まで、4階級の中から自分のレベルに合ったものが選べます。歴史の中でも特に新選組が好き! という人は、ぜひチャレンジしてみてください。

4. 伊賀忍者検定

歴史検定の中には、「伊賀忍者検定」のようにユニークなものもあります。忍者というフィクションのような存在を、日本の誇るべき文化の一つとして継承してくために行われている検定です。「忍者検定を持っているんだ」なんて言ったら、話が盛り上がりそうですね。「甲賀流忍者検定」もありますよ。

5. 太宰治検定

昭和を代表する作家・太宰治に関する検定もあります。小説「津軽」を題材にした初級と上級、「お伽草紙」を題材にしたお伽草紙編の3つの階級が用意されていて、津軽の上級では、太宰治の故郷に関する問題も出ます。バラエティーに富んでいて、太宰ファンにはたまらない検定です。

いかがでしたか? 歴史は、とても奥が深いものです。過去について学ぶことは、未来に役立てられる知識を身につけることにもつながります。このように、過去に起こった物事について事実や意味を研究する学問を「歴史学」といいます。歴史に興味がある、もっと歴史のことを知りたいという人は、大学で歴史学について学ぶことで、意外と知られていない歴史的事実など、たくさんの新しい発見があるはずですよ。

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る