【2018年高校総体】ソフトテニス 駒澤大学高等学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2018年高校総体】ソフトテニス 駒澤大学高等学校

2018.07.23

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2018年高校総体】ソフトテニス 駒澤大学高等学校

激しい雨の中行われた、ソフトテニス東京都インターハイ予選の決勝。見事優勝したのは2年ぶり15回目の出場となる駒澤大学高等学校です。

今回、木鋪(きしく)翼君(3年)、櫻井亮輔君(3年)、小宅(おやけ) 渉君(2年)の3名に、普段の練習やインターハイへの意気込みについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 毎日の練習をノートに書くことで、調子が悪いときのポイントが見えてくる
  • チームの仲の良さが最大の強み
  • インターハイではベスト8の壁を越えて全国制覇を目指す!

毎日練習した内容をノートに書く! 客観的に振り返ることがとても重要

――練習がある平日のスケジュールについて教えてください。 
 
木鋪:15時20分に学校の授業が終わるので15時半にはコートに集合してアップをします。アップが終わったら全体でランニング、体操をして練習に入ります。練習はボレーボレーから始まり乱打をやった後、ダブルスの前衛と後衛に分かれてポジションに合わせた練習をします。テニスコートが1面半しかなく部の人数も多いので、練習の最後のほうは半分に分かれてトレーニングとサーブ・レシーブの練習をします。

全体練習は18時半まで行い、そのあとは自主練習として20時ぐらいまで残ります。朝練は家が遠い人もいるので全体としてはないのですが、参加できる人は7時ぐらいから練習をしています。

――普段のトレーニングや練習で意識して行っていることは何ですか? 

木鋪:ソフトテニスはメンタルスポーツなので、技術面というよりは普段の練習から本番を想定して臨むようにしています。

櫻井:毎日の調子には波があるので、客観的に自分を見るようにしています。先生から毎日練習をした後にノートを書くようにいわれたので、調子が悪いときに足が動いていなかったとかひざが曲がっていなかったなど、気付いたことを書いています。毎日チェックをして、調子が悪いときにすぐ直せるように意識しています。

小宅:試合のあとに自分ができなかったことを考え直して、そこを意識的に練習するようにしています。例えばサーブが入らなかったら、しっかりコースを狙うように意識をして打つように心掛けています。

チームの強みは、学年を問わず部員同士の仲が良いこと!

――チームの強みやここは他校に負けない! という部分はありますか? 

木鋪:1年生から3年生までみんな仲が良いところが強みだと思います。例えば試合後に、気軽にどこが悪かったのかアドバイスを聞くことができる雰囲気です。

櫻井:朝練や全体練習が終わった後の個人練習など、コートを使える時間が多いので、自分で考えて調整して弱いところを徹底的に練習できるところがいいです。そういう時間が一番大事だと思うので強みだと思います。

小宅:チームの仲が良いということもありますが、試合でレギュラー(団体戦で試合に出場する選手)とイレギュラー(団体戦には出場せずに応援する選手)の応援が一体になっているところが強みです。


――監督や仲間などからもらった印象的な言葉はありますか? 

木鋪:ソフトテニスの団体戦は選ばれた人が試合に出るので、監督から「駒大という名前とみんなの気持ちをしっかり背負って一生懸命プレーしよう」と言われたことです。以前はプレッシャーがかかってプレーが縮こまっていましたが、今は「勝ちたい」ではなく「勝とう」というチャレンジャー精神でプレーをするようにしたら、普段どおりのことが試合で出せるようになりました。

櫻井:自分は1年生の頃から試合に出させてもらっていたので、応援をする人の立場があまり分かりませんでした。一度応援をやってみろと言われたのですが、掛け声をしっかり覚えていなくて曖昧な感じになってしまいました。そのときに今まで応援してくれていた部員のことをあまり考えていなかった自分におごりがあったなと印象に残っています。

小宅:1年生で初めて団体戦に出たときに、ものすごく固くなっていて球も全然入らない状態だったんですけど、監督から「気楽にやれ」と言われたことが印象に残っています。その言葉で緊張がほぐれました。

「目標の選手は?」の質問に、選手たちが即答したのは?

――目標としている選手はいますか? 

木鋪・櫻井・小宅: (手を挙げて)監督の市原先生です!

木鋪:市原先生以外では、錦織圭選手です。背が小さくても粘り強く戦うところがすごいと思います。

櫻井:フェデラー選手です。かっこいいと思います。

小宅:あまり有名な選手ではありませんが、ガエル・モンフィス選手です。フットワークがすごく良くて技術も高く、前に打ち込まれても素早く走ってきめます。YouTubeで見て自分のプレーに生かしています。

――高校卒業後の目標はありますか? 

木鋪:高校生活でできなかったことを、大学ではチャレンジしてみたいと思います。また国内旅行もしてみたいです。

櫻井:テニスを続けるかどうかはまだ迷っていますが、まずはやりたいことを見つけることが目標です。将来の夢を決めていないし、やりたい職業も探しているところだからです。

小宅:テニスをやるかどうかは分かりませんが、スポーツ関連の仕事に就くための大学へ進学したいです。


 ――インターハイへの意気込みをお願いします。 

木鋪:春の全国大会はベスト8に行けませんでしたが、やっぱりベスト8とベスト16の世界は全然違うと思うので、まずはベスト8という大きな壁を乗り越えて全国制覇に向けて頑張りたいと思います。

櫻井:全国選抜(*)で自分が負けたことでチームの負けが決まってしまったので、その借りを返そうと思います。目標は日本一です。

小宅:インターハイに出たくても出られなかった人も多いと思うので、そういう人たちの思いをしっかり考えて一球一球打っていきたいです。

(*)全日本高校選抜ソフトテニス大会


目標とする選手の質問に全員が監督の市原先生と答えたところは、チームの雰囲気の良さがとてもよく伝わる瞬間でした。また2年生の小宅選手は照れ笑いをしながらも「素晴らしい先輩方なので、アドバイスをもらう時すごく勉強になります」と話してくれ、2人の先輩がニコニコ笑って聞いているのが印象的でした。


男子ソフトテニスは8月4日から6日にかけて三重県鈴鹿市行われます。駒澤大学高等学校の活躍に期待しましょう!


【profile】
駒澤大学高等学校 ソフトテニス部
木鋪 翼 主将(3年)、櫻井 亮輔君(3年)、小宅 渉君(2年)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける