【2018年高校総体】サッカー 船橋市立船橋高等学校 後編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2018年高校総体】サッカー 船橋市立船橋高等学校 後編

2018.07.10

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2018年高校総体】サッカー 船橋市立船橋高等学校 後編

2018年のインターハイに出場する船橋市立船橋高等学校。日々の練習だけでなく、セカンドキャリア教育に力を入れるなど学校側も頑張る選手たちを支えています。今回は岡井駿典主将(3年)、橋本柊哉君(3年)、畑大雅君(2年)の3名に、日々の練習からインターハイに対する熱い思いまでを伺いました。

この記事をまとめると

  • 監督の言葉が意識や行動を変えるきっかけに
  • ポジションやプレースタイルが似ている、あの選手が目標
  • プロは厳しい世界。セカンドキャリアも見据えた将来設計が大切

受け身や保身のプレーは監督に見透かされてしまう

―― 監督や仲間などからもらって印象に残っている言葉はありますか?

岡井:1年生のときからAチームに帯同させてもらっていて、試合には出ていなかったんですが、夏の大会が終わった頃に監督から「お前はすぐにここからいなくなるな」と言われたんです。それは「受け身なだけで能動的に動けない人はAチームにはいらない」ということだなと気づいて、人一倍走ったり声を出したり、チームに貢献できるように変わりました。そこからはプレミアリーグの試合に出させてもらえるようになったので、この言葉が大きなきっかけになったんだと思います。

橋本:僕は3年生になって監督から言われたんですが……あまり試合に出られていないとき、「60点くらいの置きに行くプレーしかできていない。100%の力で思いっきりやれ」と言われました。今思うと、ミスするのが怖くて「失敗しないプレー」ばかりしていたんです。でもその言葉で「思いっきり行っていいんだ」と思えるようになって、以降は守備でも攻撃でも全力で100点を取りに行くプレーができるようになりました。監督は高校の先生でもあるので、練習中だけでなく学校でも声をかけてくれて、いつも見てくれているという安心感があります。

畑:僕の持ち味って「スピード」なんですけど、監督からは「スピードで100点を持っているのに、それ以外のものが低すぎる」と言われました。一流のサッカー選手になるには、例えば「足元の技術」や「サッカーの理解度」といった別のファンクションも必要で、僕のそれは30点くらいだろうと。言われる前までは、自分のよい部分を伸ばせばいいと考えていましたが、全体のレベルを上げないとダメなんだと気づきました。それから自主練習の時間でも同じ課題を持つ選手で集まって、お互い切磋琢磨しながら練習に取り組んでいます。


―― 目標としている選手は誰ですか?

岡井:すごいなぁと感じる選手は、日本代表の柴崎岳選手です。体もあまり大きくないのに技術力があり、海外でも戦えているので同じミッドフィルダーというポジションとして尊敬しています。高校のサッカー部出身でプレミアリーグでも戦っていて、自分たちとも環境は似ている柴崎選手がワールドカップでも活躍されているので、後に続きたいと思いますね。

橋本:市立船橋卒業の先輩である杉岡大暉選手です。同じポジションでセンターバックもサイドバックもでき、体が大きくて左利きという、自分との共通点も多くて目標にしています。タイプが似ているというとおこがましいかもしれませんが、杉岡選手のプレーを真似したり参考にして、少しでも近づけたらうれしいです。

畑:日本代表の長友佑都選手。自分と少しタイプが似ているように思うんですが、世界レベルであれだけプレーできるのが本当にすごいと思います。高校出身なのにあのレベルに到達できるという姿を見せてもらって、高校サッカーの選手として非常に励みになります。

目標は優勝。1試合ごとに課題を克服したい

―― 高校卒業後の目標を教えてください。

岡井:今は大学進学を考えていて、4年後にプロへのチャンスが掴めるように経験を積んだり、体を作りをしたいと考えています。大学で勉強することで、プロで通用しなかったときの道も模索できますし、勉強しなければいけないこともたくさんあると思うので。

橋本:今、ギリギリの実力でプロに行ったとしても、ある日突然解雇されたら何もできないので、セカンドキャリアもしっかり考えていきたいと思っています。ファーストキャリアやセカンドキャリアなどについて教えてくれる授業があるので、考え方も「サッカーだけではダメだ」と思うようになりました。そのため大学に進学して資格を取ったり勉強することで自信をつけて、そこからプロへ挑戦したいです。

畑:僕はまだ2年生なので、プロに行きたい気持ちが2割、大学に行きたい気持ち8割という感じです。もしプロに行けるとしても、レベルが高すぎると試合には出るチャンスはないでしょうし、実力に合わないところだと自分のためにならないとも思うし…。高校卒業のタイミングでプロとして活躍するには、相当スーパーな素質を持った選手じゃないと難しいでしょうね。そういう意味でも、まずは大学に進学して体を鍛え、技術を磨いて土台をしっかり作り、安定した状態でプロに挑戦したいと思います。

―― インターハイへの意気込みを教えてください。

岡井:やっぱり一番の目標は優勝です。それに1試合1試合、自分たちの課題を克服し、冬の全国高等学校サッカー選手権大会につなげられるようにしたいです。ほとんどの選手は大学推薦をもらって冬まで残るので、まだまだサッカーができる環境がうれしいです。

橋本:もちろんインターハイでは優勝することが目標です。一つ一つの試合をしっかり勝って、チームとしてその経験を上積みしながら、後期のプレミアリーグや選手権大会でもよい結果が出せるようにしたいです。優勝するということは、すべての試合に勝つということなので、優勝までの勝利を一つずつ積み重ねたいと思います。

畑:チームとしては、もちろん優勝したいです。そして個人的には去年1年間試合に出させてもらったのに、自分のよさを全く出せずに何もチームに貢献できていなかったので、リベンジしたいという思いもあります。


将来の進路についても、迷いながらもしっかり考えている選手たち。8月6日から始まるインターハイでの彼らの活躍が楽しみですね。


【profile】船橋市立船橋高等学校 サッカー部
岡井駿典主将(3年) 橋本柊哉(3年) 畑大雅(2年)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける