高校総体で行われる「ヨット」ってどういう競技?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高校総体で行われる「ヨット」ってどういう競技?

2018.07.11

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

高校総体で行われる「ヨット」ってどういう競技?

海へ遊びに行ったときに、ヨットを操縦している人を見かけたことはありませんか? 優雅に見えるその姿からスポーツというイメージは抱きにくいかもしれません。しかしヨットは多くの国際大会が行われるれっきとしたスポーツです。今回は高校総体で行われる「ヨット競技」について紹介します。

この記事をまとめると

  • ヨット競技は、オランダがイギリスにヨットを贈ったことがきっかけで広がりをみせた
  • 高校総体では「420級」「レーザーラジアル級」「コンバインド」が行われる
  • ヨットは自然の力をうまく利用することが大切な競技

オランダを中心としたヨーロッパから広がったヨット競技

もともとヨットは物を運んだり、移動したりするために使われた手段の一つでした。ヨーロッパ、とりわけオランダで広く利用されていましたが、オランダがイギリスに対してヨットを贈ったことをきっかけに、イギリス貴族が競技としてヨットレースをするようになりました。1661年にイギリスで行われたレースが、歴史に残る最初のヨットレースだとされています。

第1回の五輪では正式種目となりながらも悪天候で実施されませんでしたが、ヨット競技は歴史のあるスポーツだといえるでしょう。

ヨットはどのように競技が行われるの?

ヨット競技は、操船技術やヨットの速さを競うもので、海面に設置されたマークを決められた順番で回りゴールを目指します。着順を点数化して、最も点数の低い人が勝者となります。ヨットは、時間までにスタートしなかった、フライングをしてスタートのやり直しをしなかった、ゴールができなかったなどいくつかのペナルティがあり、該当した場合は加点されていくシステムになっています。

高校総体のヨット競技は男女ともに学校対抗戦である「コンバインド」、団体競技では「420級」、個人競技では「レーザーラジアル級」が行われます。420級は全長4.2mのヨットにスキッパー(舵と主帆を操る人)とクルー(前帆を操る人)の2人で乗るヨット競技です。レーザーラジアル級は1人乗りの艇体を使って、セールの面積を小さくしたヨットで行われる競技です。コンバインドは、420級とレーザーラジアル級で確定した順位の得点の合計で順位が決まります。

ヨットの見どころはどんなところ?

ヨットの見どころは全ての選手が一斉にスタートする瞬間で、最初のマークへ一番のりを目指して進んでいくダイナミックなレースは迫力があります。選手それぞれが、他のヨットをどのようにかわして前へ進んでいくのか、戦術が大きな見どころといえるでしょう。

ヨットは風の力を集めて動力とし、潮の流れを読んで操縦していくものなので、いかに自然の力をうまく利用するかも重要です。日によって違う天候をどうやって自分の味方にするのか、選手たちの知力に注目するのも面白いかもしれません。

2018年に行われる高校総体のヨット競技は8月13日から8月16日にかけて和歌山県和歌山市で行われます。大自然の中で行われる雄大な競技をこの機会に見に行ってみてはいかがでしょうか。


【出典】
平成30年度全国高等学校総合体育大会ヨット競技大会 第59回全国高等学校ヨット選手権大会 実施要項
https://www.koukousoutai.com/2018soutai/configbox/wakayama/20180524Web%E7%94%A8%E3%80%9024%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E3%80%91%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88.pdf

SPAIA
https://spaia.jp/column/sailing/2048

藤沢市
https://fj-games2020.jp/sailing.html

日本420協会公式サイト
https://www.japan420sailing.org/about-420/

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける