【シゴトを知ろう】車輌開発エンジニア 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】車輌開発エンジニア 編

2018.07.11

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】車輌開発エンジニア 編

車や電車、飛行機など私たちが交通機関として使う乗り物は、日々スピードや耐久性、安全性、乗り心地といったさまざまな性能が進歩しています。その進歩は、乗り物の細部にまで至るパーツの開発や研究を行う車輌開発エンジニアの力があってこそ。トヨタ自動車で車の開発責任者をしている金子將一(しょういち)さんに、車輌開発エンジニアとしての仕事の楽しさや苦労などについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 車のパーツ開発に関わるあらゆるセクションを統括している
  • 海外で日本の車に出合ったことに感銘を受けて、車輌開発エンジニアの道へ
  • やりたいことが決まっていなければ、まずは「できる! やれる!」とイメージしてみる

初めての技術を世に送り出すのは困難。でも、乗り越えた時の達成感は大きい

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

社内では「Zチーム」と呼ばれる技術系の中の開発を統括する部署にいて、トヨタ・プリウスPHVの開発責任者をしています。Zチームはその中にそれぞれの車種のチームがあり、私は現在、プリウス、プリウスPHV、プリウスα(アルファ)の開発を統括している5人のメンバーのうちの1人です。その5人があらゆる判断を行って商品を企画する部署や設計を担当する部署などへ指示を出し、車の完成や完成後の責任を持ちます。

プリウスのように生産台数が多く、また世界90カ国以上で販売されているような車の場合、商品を企画する部署、設計を担当する部署などたくさんの部署が関わってきます。設計部署の中でもボディ、シャシー(*1)、エンジン、ハイブリッド、電池などに分かれていて、それらを評価する部署もあります。開発の最終段階になると、車の試作を行うための試作部、最後の品質を担保する工場、生産技術に携わる部署、国土交通省に認可を取りに行く認証業務を行う部署などが関わってきます。車輌開発責任者とは、それらのさまざまな部署を統括する非常に責任の重い立場になります。

だいたい8時、早い時だと7時くらいから仕事を始めます。22時まで仕事をしているので超ブラック企業だと思われるかもしれませんが、私がいる部署が少し特殊なだけで、弊社の社員全員が長時間働いているわけではありません(笑)。他の部署の社員は18時前後には帰れます。


*1 シャシー:車のエンジンやボディ部分を除いた足回り機構などのパーツ全体のこと。

<ある一日のスケジュール>
08:00 出社、書類の回覧、市場で出ている不具合などのデジタルデータなどをチェック
09:00 会議(30分刻みで会議が続くことも)
12:00 昼食
13:00 Zチームのメンバー5名で情報共有を行う
14:00 会議
15:00 試作車を見て議論、検討
16:00 生産現場(工場)でミーティング
17:00 会議
19:00 実務
22:00 退社


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

車は開発期間が3~5年と長く、その間にいろいろな人と関わって仕事をします。弊社が初めて世に送り出そうとしている技術もたくさんあるので、常に多くの困難が取り巻いている状況です。その困難をチーム全員で乗り越えた時や実験でいい結果が出た時はとてもうれしいです。徹夜しながらみんなで苦労して設計した車の安全性をテストして、いい結果が出た時も非常に達成感を感じます。困難な条件が多いほど、その車に携わる全員が一丸となって同じ方向を向いて、そのような感覚を味わえる瞬間が特にやりがいを感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

トヨタ自動車のように大きな会社や組織だと人間関係が難しいのではないかと心配される方が多いのですが、私は非常にいい上司や同僚、部下に恵まれてきたので、社内の人間関係で悩んだことはあまりないんです。

ですが、仕事の実務面ではいろいろと大変なことがあります。車を開発する上でどうしても避けては通れないのがコスト面での大きな制約で、長年温めてきた構想が決められた予算の条件をクリアできず、あきらめざるを得ない場合はとてもつらいです。また、仕事が忙しくなると帰宅するのが遅くなることもあるので大変です。

子どもの頃からメカが好き! 大学では自動車のエンジンについて研究

金子さんが担当する新型プリウスPHVの発表会。車輌開発の責任者として最も感動的な瞬間

金子さんが担当する新型プリウスPHVの発表会。車輌開発の責任者として最も感動的な瞬間

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

もともとメカや車が大好きでした。私はいわゆるスーパーカーブームの世代で、ランボルギーニ・カウンタック、ランチア・ストラトスなどが特に好きでした。「○○の外車屋さんにスーパーカーが展示されている!」なんていう情報をキャッチすると、友達と一緒に自転車で見に行っていました(笑)。東京モーターショーにも毎年行っていて、とにかく車が好きでしたね。

現在の仕事につながる決定的な出会いがあったのは、大学時代の1年間、バックパッカーとして世界一周旅行をしていた時です。日本の裏側に位置するアルゼンチンで、私が幼稚園生の頃に両親が乗っていたトヨタ・コロナと遭遇したんです。その姿を見た時、日本の工業製品の信頼性はすごいんだなと思いました。

そのことをきっかけに車作りに関わりたいと強く感じ、帰国後はトヨタ自動車への就職を目指しました。入社後8年間はエンジンを開発する部署に在籍し、その後は車輌開発の統括部署であるZチームに19年間在籍しています。Zチームでは、イプサム、ガイア、アイシス、カローラ、そしてプリウスには3代目から関わっています。


Q5. 大学では何を学びましたか?

理系の大学で工業熱力学を専攻し、自動車用エンジンをテーマにした学び、研究を行っていました。大学の研究室では、他大学との対抗で「エコランレース(*2)」に出場していました。エコランレースを通して、燃費のいいエンジンや燃費をよくするために車体をできるだけ軽くする方法など、空気力学的なことも含めて多くのことを学びました。


*2 エコランレース:オリジナルの車体とエンジンを学生たちが製作し、少ない燃料でどれだけ長い距離を走れるかを競うレース。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

中学・高校時代は物理や数学が大好きだったので、理系の大学に進もうと思っていましたが、高校のときははっきりとした目標はありませんでした。ですが、車やバイクが好きで、それらに関わる仕事に就けたらいいなという漠然とした思いや憧れのようなものはあったので、つながっている部分はあると思います。

会社の歯車になれる力と、歯車から抜け出す力の両方を持つことが大切

新型プリウスPHVは、つなぎ目のない美しい曲面にもこだわった

新型プリウスPHVは、つなぎ目のない美しい曲面にもこだわった

Q7. どういう人が車輌開発エンジニアに向いていると思いますか?

車輌開発の仕事をするのであれば自動車メーカーに就職することになると思います。日本の自動車メーカーは海外にも多くの拠点を持っており、組織として非常に大きなものになるため、「大企業に入ったら、歯車みたいになるんじゃないか」と思われる方も少なくないでしょう。確かに最初は組織の歯車になります。学校を卒業して会社に入ってから数年の右も左も分からない状態では、歯車になることが重要ともいえます。

しかし、歯車がきれいに組み合わさったしっかりとした土台を作ることができれば、周りより抜きん出て、歯車から外れたより高い位置に行くことができます。ですので、まずはその土台である歯車になれる人が向いています。そして、大きな組織ですから、リスペクトの気持ちを持ってチームワークをこなせる人、自分をコツコツと育てられる人であることも大切です。

歯車を超えてその先に行けるのは、チャレンジ精神がある人、アイデアやセンスを持っている人、自分を磨いていける人です。歯車になることもそこから飛び出すことも、どちらの能力が欠けてもダメだし、どちらかが突出していてもダメだと思います。入社して最初の数年間は、歯車になることが自分が飛躍するために大きな意味があるということを理解できる人がこの仕事に向いています。

たくさんの歯車の中から抜きんでる人に共通することは、常にアンテナを高くしてトレンドや新しいものに敏感であることです。それらをすぐに試してみる感覚や実行に移せるチャレンジ精神を持っていることが大事です。もちろん組織ですから、上司や部下など周りとの信頼関係を上手に築けるかどうかも重要なことだと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

将来やりたいことが決まっている人はその道に進むといいと思いますが、将来やりたいことがまだはっきりせずぼんやりと夢見ている段階の人は、普段から「自分はできる、やれる」というイメージトレーニングをするといいと思います。

漠然とした憧れや夢を抱いているだけであっても、「自分はそれを成し遂げられる」と意識することが大切です。意識する習慣を持っていると、無意識のうちに実現に向けて体が動くような気がします。

私の経験からいえることですが、「できる」と思っていると、なぜか夢を実現するためのアドバイスをしてくれる人が周りに集まってきます。目的意識を持って行動をしていると、いろいろな人が助けてくれるようになります。「できる!やれる!」という意識を大切に、自分の限界はないと信じて頑張ってほしいです。


車輌開発エンジニアは資格がなければできない仕事ではありませんが、車輌の細部に関わる仕事になるので、構造やパーツの知識などが求められます。車の構造や整備について学んだり、車の開発に関わる専門的な研究をしたりと、知識を身に付ける方法はさまざまです。自分の興味がある分野を勉強できる道へ進んで、車輌開発エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。


【profile】トヨタ自動車 ミッドサイズビークルカンパニーMS製品企画ZF プリウスPHV主査 金子將一(かねこ しょういち)

トヨタ自動車株式会社 https://toyota.jp/

写真提供:(2枚目)トヨタ自動車

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「車輌開発エンジニア」
はこんな仕事です

自動車、電車、飛行機、バイクなどのパーツを研究・開発する仕事。ボディーの軽量化やエンジンの高出力化、低燃費化などを企画し、改善や新開発を行う。また、単に自動車の性能を上げるだけでなく、安全性や環境への配慮も求められる。必須資格はないが、自動車の設計に関する技術に加え、製図に必要なコンピューターのスキルやCO2排出削減に関する知識も備えておく必要がある。研究・開発はチームで取り組むことがほとんどであるため、協調性やコミュニケーション能力が大切だ。

「車輌開発エンジニア」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける