調理分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

調理分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

2018.06.22

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

調理分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

調理に携わる仕事といえば、「調理師」や「管理栄養士」「栄養士」などがあります。これらの職に就くには資格を取る必要があり、そのための進学先として大学や専門学校があります。2019年4月から、進路の選択肢の一つとして専門職大学が加わりますが、大学や専門学校とはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 食生活の変化、和食ブームなどにより、調理に関わる仕事は今後ますます広がっていく
  • 専門職大学では調理の知識や技能だけでなく、マーケティングや経営の理論なども学べる
  • 専門職大学での学びを生かせば職業人としての可能性が広がり、自己実現が図れる

調理に関わる仕事は増えている

調理に関わる仕事は、実にさまざまです。よく知られる調理師や管理栄養士、栄養士などの他に、近年はフードコーディネーターやフードアナリスト、食空間コーディネーター、料理研究家など、新しい職業も次々と生まれています。今の高校生が社会人になる頃には、さらに多くの職業が生まれているかもしれません。

背景には、日本人の「食生活の多様化」があります。現代の日本では、食事の大半を外食にしたり、スーパーで買ってきた惣菜などで済ます家庭も少なくありません。その傍らで「健康志向」が高まり、栄養分やカロリーに気を配る人も増えています。そうして食生活へのニーズが複雑化する中、確かな専門性を持って食事の内容をアレンジしたり、新たな食スタイルを提案したりする人が求められているのです。

2013年には、和食が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。世界的にちょっとした和食ブームが起きており、和食を楽しみの一つとして来日する観光客も増えています。そうした状況もある中、今後は調理に関わる職業のすそ野がさらに広がっていくことも考えられ、そうした産業を支える人材が不可欠となっています。

専門職大学では調理の技術だけではなく、食を取り巻く理論が学べる

調理に関わる仕事に就きたい人にとって、専門職大学への進学には、どのようなメリットがあるのでしょうか。調理師を目指す場合を例として解説していきます。

現状、調理師になるには国家資格である調理師免許が必要であり、そのためには調理系の専門学校へ通うか、2年以上の実務経験を積んで調理師試験に合格する必要があります。

今後、調理系の専門職大学が開学すれば、調理師を目指す人にとっては新たな選択肢が増えることになります。その最大のメリットは、調理の技能だけでなく、農業や食文化、環境などの理論も学べる点です。加えて、卒業時には大学の「学士」に相当する「学士(専門職)」の学位も得ることができます。

管理栄養士や栄養士についても同じで、専門職大学では必要な知識・技能だけでなく、マーケティングや経営、食品開発などの理論も学べます。いわば、技能と理論をバランス良く学びながら資格取得を目指しつつ、学位も得られるのが専門職大学なのです。

調理系専門職大学卒業後のキャリアイメージとは?

調理師や栄養士として一人前になれば、次なるステップを目指す人もいるでしょう。調理師ならば、自身の店舗を持ったり店舗数を増やしたりすること、栄養士ならば栄養管理に関わる会社を立ち上げたりすることなどが考えられます。

そうした時に役立つのが、専門職大学で学んだ知識や理論です。農業・漁業や物流、経営、マーケティングなどの幅広い知見をバックボーンとして、職業人として自己実現を図れるかもしれません。

日本人の食生活は多様化し、調理に関わる職業も増えつつあります。それだけに、市場としての可能性は大きく、専門職大学には新しいサービスや事業を展開できる人材の育成が期待されています。「食」や「調理」に関わる仕事に興味がある人は、進学先の一つとしてぜひ考えてみてください。

【出典】
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm
農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/wasyoku.html

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける