【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

2018.06.13

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

パソコン、プリンター、ファックス……人々が働くオフィスにはさまざまなOA(オフィスオートメーション)機器が存在しています。

それぞれの企業に合ったOA機器を紹介しながら、操作方法やトラブルの対処法を指導するのがOAインストラクターの仕事です。今回は鳥取県にあるスイコー株式会社で働く山根聡太さんに、お仕事内容や学生時代学んだことについて伺いました。

この記事をまとめると

  • オフィスの機械にトラブルがあった際、解決方法や使用法を伝えている
  • 専門知識を生かし、地域社会へ貢献できるのがこの仕事の魅力
  • 機械いじりが好きで、社交的でお客様目線になれる人が向いている

トラブルにいち早く対応し、喜んでもらえるとやりがいを感じる

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
スイコー株式会社は、お客様のオフィスに関わる問題を、商品やサービスを提供して解決していく会社です。私が所属している部署は複合機、プリンターのアフターサービス、メンテナンスを行っています。どこのオフィスにも必ず一台はある機械ですが、使えなくなると業務が止まり、いろんな人々に迷惑がかかってしまいます。そういった緊急時の修理対応、お客様の休止時間を減らすための日々の点検や、使い方の指導を行うのが私たちの仕事です。例えば「パソコンのデータを印刷できない」といったご相談の際は、「ネットワークケーブルは抜けていませんか?」「電源は入っていますか?」など、普段見落としがちなことからヒヤリングして、解決方法を伝えていきます。

こういったOA機器のトラブルはいつ起きるか分かりません。そのため、祝日や休みの日に修理が必要な場合でも、365日対応できるよう当番を決めて準備しています。

<一日のスケジュール>
8:15 出社
8:30 朝礼
午前 訪問準備、点検作業(通報があれば修理対応)
12:00 昼食
午後 点検作業(通報があれば修理対応)
17:30 明日の準備、作業報告まとめ
18:00 退社
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
お客様が使用する機械にトラブルがあったときや、使用方法を聞かれたときにいち早く対応し、喜んでもらえるとやりがいを感じます。

よくあるトラブルには印刷物の色味不良や汚れ、紙詰まりなどがありますが、これらの原因は意外と小さなことだったり、単に気付きづらいことだったりします。そのため、日々のメンテナンス作業からお客様との対話を大切にし、対処法や事例を共有しておくように心掛けています。こうすることでトラブルを未然に防ぐことができますし、もし起きたとしても、お客様自身で対応できる機会が増えるからです。
 

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
緊急修理の際、必要な部品の在庫が無いためにすぐ対処できず、お客様の業務を止めてしまったときです。 

また、原因の分かりづらい症状や初めて見る症状のときには、先輩やメーカーに連絡し助けを求めることもあります。こういう場合は私も焦っていることが多いのですが、お客様を不安にさせないため、焦りを顔に出さないようにする必要があります。これも大変なことの一つですね。

工業系の高校に通い、もともと機械いじりが好きだった

Q4. どのようなきっかけ・経緯でOAインストラクターの仕事に就きましたか?
 
実はOAインストラクターになる前は電気工事関係の仕事をしており、電柱に登ったり屋根の中に入ったりなど、今と全然違う仕事をしていました。このOAインストラクターの仕事を知るきっかけとなったのは、友人がOA機器を扱う会社に入ったことです。聞きなじみのない職種だったので調べていくうちに興味を持ち、いつの間にか私も今の会社に応募していました。

OAインストラクターは、地域にあるさまざまな企業に、新しい働き方や作業方法を提案する仕事です。もともと「専門的な知識を生かして働きたい」と思っていた私にとって、知識を生かして地域社会へ貢献できることはとても魅力的に感じられました。

 
Q5.高校では何を学びましたか?
 
高校は工業系の学校で、機械製造や電気の基礎を学んでいました。そのため、今の仕事で行う製品のメンテナンスや分解作業を難しいと感じることはありませんでした。もともと機械いじりが好きだったことも、この仕事に合っていたと思います。
 
 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生のときはラグビー部の活動に一生懸命でした。厳しい練習の中で、体力はもちろん精神面が大きく鍛えられました。向上心や協調性、失敗してもくじけない強い気持ちは部活動によって培われたと思います。

普段から自分を惹き付けるものに興味を向けてみよう

Q7. どういう人がOAインストラクターの仕事に向いていると思いますか?
 
まずは機械に強いことがとても大事です。機械をメンテナンスする仕事なので、機械いじりが好きでないと始まりません。

あとは社交性のある人も向いています。機械の使い方を教える上で、実際に操作していくお客様と同じ目線になって寄り添えると良いと思います。
 

Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
この仕事に限らず、何事にも興味を持つことが大事だと思います。
日常生活で使用しているものや行っていることは、当たり前すぎて普段は意識が向かないかもしれません。しかし、1日の中で楽しい、面白いと感じたことには必ず自分を惹き付ける何かがあるはずです。その中の一つでもいいから興味を持って、なぜ惹き付けられたのか、どこに惹き付けられたのか思い返すようにしてみてください。そうすれば、今まで気付かなかった分野や、自分のやりたいことに出合えると思います。
 

OA機器が正常に働き、スムーズに使用できることはオフィスで働く人々にとって欠かせないポイントです。技術革新によって機器も日々発展し変化していく中、山根さんのように困ったときサポートしてくれるOAインストラクターがいるおかげで、安心して新しい機器を導入できるという企業も少なくないはずです。「機械いじりが好き」「人のサポートができる仕事に就きたい」という人は、ぜひこの仕事を進路の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

スイコー株式会社オフィス

スイコー株式会社オフィス

【profile】スイコー株式会社 山根聡太
会社公式HP:http://www.suikoweb.co.jp

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「OAインストラクター」
はこんな仕事です

パソコンを中心としたOA機器の操作方法を指導するのが仕事。ビジネスで使う最新のソフトウエアを教えることもあれば、マウス操作など初歩的なパソコン操作を教えることもある。活動は、営業担当者と共にすることが多い。また、製品を導入するメリットを伝え、企業のOA化を促進することも目的の一つで、OAインストラクター自身も営業としての役割を持つことがある。パソコン教室などでは個人が対象になることもあり、ショールームなどでプレゼンテーションを行うことも珍しくない。

「OAインストラクター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける