【文系大学生編】2019年卒 就職人気企業ランキングTOP10

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文系大学生編】2019年卒 就職人気企業ランキングTOP10

2018.05.21

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文系大学生編】2019年卒 就職人気企業ランキングTOP10

「高校卒業後の進路について悩んでいる時に、将来就きたい仕事を考えるなんて無理!」という人も多いかもしれません。しかし将来就きたい職業をイメージすることは、高校卒業後の進路を決める上でとても参考になります。

今回は2019年春に卒業予定の文系大学生を対象に行われたアンケート結果を基に、就職先として人気を集めた企業について紹介します。

この記事をまとめると

  • 人気TOP10に入った企業の半数が、航空・旅行・レジャー系
  • 学生が企業選びで重視するのは、やりたいことができるかどうか
  • 来日する外国人の増加が、航空・旅行・レジャー系志望の学生を増やしているのかも

文系大学生に人気の企業TOP10は?

文系大学生が選ぶ就職人気企業TOP10

文系大学生が選ぶ就職人気企業TOP10

今回最も注目すべき点は、上位10社にランキングされた企業のうち5社が航空・旅行・レジャー系ということです。特に国内大手航空会社が、1位と2位を占めたことは目をひきます。また5位のオリエンタルランドは5年ぶりにTOP10入りを果たしました。
もう一つ注目するところは、6年ぶりにメーカー(7位 ソニー、10位 資生堂)がランクインしたことです。特にソニーに関しては昨年の38位から大幅にランクアップしています。

昨年のTOP10企業は、航空・旅行系と金融・保険系の2つに大きく分かれましたが、今年は金融・保険系が2企業のみとなり、入れ替わりが大きかったといえます。

人気が高かった銀行が全てTOP10圏外に

昨年のランキングでは、TOP10のうち半数である5社が銀行や保険を取り扱う金融系企業でした。しかし今年はメガバンク3社が全てTOP圏外となり、保険会社2社のみがTOP10圏内に残る形となりました。メガバンク3社はAIなどのIT技術を活用して業務プロセスを効率化し、人件費を削減する方針を掲げています。その影響で新卒採用数は前年から3割減少すると見込まれています。このようなニュースを受け、就職希望者も減少したことが考えられます。

2018年卒の文系学生からの人気が高かった金融企業が選ばれた理由(安定志向を抜粋)

2018年卒の文系学生からの人気が高かった金融企業が選ばれた理由(安定志向を抜粋)

昨年のアンケートでは、文系学生が選ぶ人気企業TOP10に入っていた金融・保険企業を選んだ意見として、「安定している」ことが上位にあげられていました。これまで安定企業という印象が強かった銀行の変化を受けて、今年は銀行を志望する人が減り、その分保険系の会社やその他メーカーなどに注目する人が増えたと分析できます。

ランキングTOP10の半数が航空・旅行・レジャー系

文系大学生が選ぶ就職人気企業TOP10の選社理由

文系大学生が選ぶ就職人気企業TOP10の選社理由

航空・旅行・レジャー系を選んだ学生の多くは「やりたい仕事ができそう」ということを一番の理由にあげています。顧客のために常に新しい企画を生み出し、チャレンジすることへの期待感を持っているのかもしれません。また「国際的な仕事ができる」ことも選んだ理由の上位にあがっており、今後日本で行われる数々の国際的なイベントを見据えているようです。

全日本空輸(ANA)は2年連続の1位、日本航空(JAL)が2位と、国内大手2社の航空会社がワンツーフィニッシュを決めたことは、ここ数年、来日する外国人が増えていることが影響しているかもしれません。航空需要が高まっているため将来性があり、やりたい仕事ができると感じている学生が多いのでしょう。オリエンタルランドは、運営しているテーマパークが35周年の節目の年を迎え注目されていることが、5年ぶりのTOP10入りに影響を与えた可能性があります。


どういう仕事に就こうかと考えた時、仕事に直結しやすい勉強をしてきた理系の学生に比べ、文系の学生は少しぼんやりしたイメージになってしまいがちです。今回のアンケート結果を見て興味のある会社が見つかったら、その会社で何ができるのかを調べ、そのためにはどのような勉強をすればいいのか考えることも、進路を決める参考になるかもしれません。


【出典】
「マイナビ・日経 2019年卒大学生就職企業人気ランキング」調査概要
Ⅰ. 調査対象:2019年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生(調査開始時点)
Ⅱ. 調査期間:2018年2月1日(木)~2018年4月10日(火)
Ⅲ. 調査方法:
①就職情報サイト『マイナビ2019』上の入力フォームによる回収
②当社発行の就職情報誌にアンケートを同封し、郵送で回収
③『マイナビ就職EXPO』等、各イベント会場にてアンケートを配布・回収
■企業人気ランキングは5社連記方式
■選社理由は1社につき2項目を選択する複数回答
Ⅳ. 有効回答:43,595名(文系男子12,316名、文系女子17,262名、理系男子8,413名、理系女子5,604名)

「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」調査概要
https://saponet.mynavi.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/rank2018.pdf

会社四季報 業界地図(東洋経済新報社)

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29317890S8A410C1EE9000/

東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/206598

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける