【文部科学省・内藤敏也さんが語る】専門職大学の今後とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文部科学省・内藤敏也さんが語る】専門職大学の今後とは

2018.05.24

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文部科学省・内藤敏也さんが語る】専門職大学の今後とは

2019年4月から設置される専門職大学には、産業界をはじめ、各方面から熱い期待が寄せられています。これから先、どのような教育機関として広がっていくのでしょうか。文部科学省 高等教育局 主任大学改革官の内藤敏也さんに、今後の見通しを語っていただきました。

この記事をまとめると

  • 専門職大学は、国として設置を期待されている分野が幾つかある
  • 入学者選抜では、学力検査もしっかりと行われる
  • その道の「スペシャリスト」として、得意分野を伸ばしたい人にお勧め!

国として設置が期待されている分野とは

――今後、どのような分野の専門職大学ができることを期待されていますか?

文部科学省としては、認可申請があれば、適正な手続きに則って審査するという立場です。もちろん、新しくできる教育機関ですし、さまざまな職業分野の専門職大学・専門職短期大学・専門職学科(*1)(以下、「専門職大学等」という。)が設置され、高校生の進路の一つとして開かれることを期待しています。

*1専門職学科:既存の大学・短期大学の一部の組織として「専門職学科」を設置するもの。専門職大学・専門職短期大学の制度創設に合わせて制度化された。

――文部科学省の説明資料には、「観光」「農業」「情報」などが例示されていますが、この辺が期待される分野なのでしょうか?

「観光」や「農業」は、地域活性化の一環としても、専門職大学が設置されることの意義は大きいと感じています。「農業」ならば、生産技術だけでなく、商品開発やマーケティングなどをも展開できる人材が、各地域で育成されることを期待しています。

政府の「クールジャパン戦略」が掲げる分野、例えば「アニメ」や「漫画」などのコンテンツ、「食」や「ロボット」なども、専門職大学等に馴染みやすい分野だと思います。また、同じく政府が掲げる「Society5.0」(*2)が掲げる分野、例えば情報セキュリティ分野の専門家なども、専門職大学等での育成が期待されています。

*2 Society5.0:「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く、人類史上5番目の新しい社会。IoT(もののインターネット化)・AI・ロボットなどの技術を活用することで、これまで課題視されていた情報や技術を活用する能力の差や、少子高齢化・地方の過疎化などを解決し、一人ひとりが快適で活躍できる社会を目指すこと。

気になる入学者選抜の方法

――入学者選抜制度は、どのようなものになりそうでしょうか?

専門高校の卒業生や社会人入学者など多様な学生を受け入れるため、専門職大学設置基準等では、実務経験を考慮するほか、多様な入学者がいることに配慮した入試に努めることと規定されています。具体的にどのような選抜を行うかは、各専門職大学等に任されているので、どのような人材を受け入れたいのかをよく考えた上で、工夫してほしいと思います。


――筆記試験を行わない専門職大学も出てきそうですか?

専門職大学等は、制度的には大学の一種であり、年度ごとに文部科学省が全国の国公私立大学等に通知している、入学者選抜のあり方を定めた基本方針も適用されます。そのため、学力検査がなくなり、全てがAO入試になるということはありません。社会人は別として、高校生ならば大学の一般入試と同様、主要教科の学力は求められるのではないかと思います。

「スペシャリスト」志向の人に向いている

――入学者に占める社会人の割合は、どのくらいになりそうですか?

分野によって異なると思います。例えば、工学系・情報系などは技術の進歩が目覚ましく、新たな技術を吸収するために入学する人が多いと思われます。技術の進歩が激しい分野ほど、社会人入学者が多くなるのではないでしょうか。


――どんな人が、専門職大学に向いていると思いますか?

まだ設置前なので、やや抽象的な話にはなりますが、既に、特定の職業に対して強い意識を持っている人には向いていると思います。また、特定の教科がすごく好きだったりする人にも向いているかもしれません。進学すれば、その道の「スペシャリスト」として、早くから得意分野の能力を伸ばすことができるでしょう。

いずれにせよ、全国各地にさまざまな職業分野の専門職大学等が設置され、多くの高校生にとって、魅力的な進路の一つになることを期待しています。

内藤さんの話を聞く中で、どこか不明瞭だった専門職大学の姿が鮮明に浮かび上がってきました。今後は多様な分野の学部・学科が設置されていきそうなので、得意な教科や好きな教科がある人は、進学先として考えてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
文部科学省 高等教育局 主任大学改革官 内藤敏也

(参考)
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1395435.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senbatsu/1346785.htm

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける