会計不要でそのまま買い物が終了! レジがないスーパーがアメリカに登場

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

会計不要でそのまま買い物が終了! レジがないスーパーがアメリカに登場

2018.07.03

提供:マイナビ進学編集部

会計不要でそのまま買い物が終了! レジがないスーパーがアメリカに登場

スーパーでたくさんの食材や生活品を買うと、レジで会計するときにバーコードを読むだけでも時間がかかりますよね。しかしアメリカには、レジがなく、買ったものを自分のバッグに入れてそのまま持ち帰れるスーパーがあります。未来のスーパーはとても便利になるかも? そんな最新技術を導入したスーパーを紹介します。

この記事をまとめると

  • 会計する必要がないスーパーがアメリカにある
  • カメラやマイク、センサーが多く設置され、客の購入物が分かる仕組み
  • 将来、買い物がもっと便利になるかも?

レジに並ぶ必要も会計も要らない、未来型スーパー

みなさんの中には、スーパーやコンビニをよく利用している人も多いのではないでしょうか。通学帰りのスーパーやコンビニには、日用品や食材を買い求める人が集中し、レジがなかなか空かないこともあります。そんな中、今年米国・シアトルにオープンした、レジがないスーパーが話題を集めています。

アマゾン・ドット・コムがオープンした「Amazon Go」には、会計をするためのレジがありません。あるのは、地下鉄の自動改札のようなゲートだけです。店内で買う物を選んだら、バッグやポケットに商品を入れて、そのまま外に出られます。

ゲートを通ってお店を出ると、自動的にクレジットカードでの決済が終了し、アプリにレシートが届きます。レジで商品を買う待ち時間は一切なし。ただ歩き回るだけで買い物が終わる未来のスーパーといえるでしょう。

カメラやセンサーが購入したものを記録

「Amazon Go」を利用するためには、Amazon IDで専用アプリにログインし、表示されるQRコードをかざして入店します。お店の天井や棚にはたくさんのカメラが設置されていて、店内に入った客の行動を全て記録しています。陳列棚にはセンサーが設置されており、商品の数や移動を追跡できるようになっています。これらを組み合わせることで、どのお客さんがどの商品を買ったのかを把握できるのです。

ここで活躍するのが、カメラのセンサーや、陳列棚に設置されているセンサーです。カメラのセンサーは、入店者が誰なのかを特定したり、手に取った商品がどれかパッケージを認識したり、客が商品を手に取って戻した動きを判別したりします。

陳列棚には重量計センサーが設置され、商品の正確な重量を常に監視しています。重さを頼りに、いくつ商品が取り出されて、棚から別の場所に移動したのかどうかを確かめていると考えられます。

このような次世代店舗を作ろうという動きは、日本国内でも始まっています。

将来、買い物がもっと便利になるかも?

株式会社ファミリーマートはLINE株式会社と提携して、次世代型コンビニエンスストアのコンセプトムービーを発表しました。サラリーマンがサンドイッチコーナーに行くと、棚の上のディスプレイがあなたにオススメのサンドイッチを教えてくれます。また、日本語の読めない外国人女性には、パッケージを英訳して表示します。会計にはバーコードを使わず画像認識を用いて、1回で合計額を出し、「LINE Pay」でスマートに会計を進めます。

まだ実用化段階ではなくあくまでコンセプトですが、実現すれば日々の買い物がもっと快適になることでしょう。

未来のスーパーやコンビニエンスストアには、たくさんのセンサーが設置され、それらのおかげでスマートな買い物が実現します。インターネットが多くの物に接続されるIoT時代では、センサーが重要な役割を果たします。このように多様なセンサー技術を学びたいなら、システム・制御工学でセンサーを専攻してみてはいかがでしょうか。


【出典】
HUFFPOST|AmazonGo体験記。AI時代のリテールUX。
https://www.huffingtonpost.jp/tak-miyata/amazon-go-report_a_23356767/

マイナビニュース|ファミマとLINEが次世代店舗で提携、日本版「Amazon Go」の誕生か
https://news.mynavi.jp/article/20170616-famima/

TechCrunch Japan|Amazonの、監視カメラだらけのレジ無しコンビニエンスストアにて
https://jp.techcrunch.com/2018/01/23/2018-01-21-inside-amazons-surveillance-powered-no-checkout-convenience-store/

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「システム・制御工学」
はこんな学問です

ロボット技術を機械・電子などの工学的視点から研究開発する学問である。研究分野は、製造現場で働く工作ロボットや福祉施設で活躍する介護ロボット、家庭で愛されるペット用ロボットなどを研究する「ロボット工学」、機械やロボットの動きを計算する「計測システム工学」、飛行機・鉄道などの大型の乗り物のコントロール技術を研究する「制御システム工学」など、生活や産業に密接につながっている。

「システム・制御工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける