【シゴトを知ろう】ネットワークエンジニア 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ネットワークエンジニア 編

2018.06.08

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ネットワークエンジニア 編

私たちが普段使用しているスマホやパソコンはネットワークでつながり、情報の共有が可能となっています。そのネットワークシステムの運用や構築を担っているのが、ネットワークエンジニアの人たちです。

今回は、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社の黒宮佑介さんに、仕事内容や、学生時代のエピソードについて伺いました。

この記事をまとめると

  • システムの監視・運用を行うメンバーをサポートするツールを提供している
  • 技術は常に進歩しているため、流行や動向を知り新しい知識を身に付ける
  • 大学でネットワーク系の研究室に入っていたことがこの仕事に就いたきっかけ

ネットワークやクラウド技術を活用し、会社のメンバーをサポート

ネットワークの機器を確認する黒宮さん

ネットワークの機器を確認する黒宮さん

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい。
 
私はネットワークエンジニアとして、セキュリティを専門に仕事をしている会社で働いています。「セキュリティ」と一口に言っても、技術から法令までさまざまな分野があり、仕事の内容もどういった領域を対象としているかによって変わります。そのため、各々が自分の持っている専門性を生かして日々業務に当たっています。

私が所属しているサイバーセキュリティ本部は、技術を専門にしている部署です。お客様のシステム(ネットワーク)をお預かりして、セキュリティ上の問題が発生しないよう、24時間365日運用・監視をしています。私の業務はお客様のシステムを監視しているメンバーのサポートが中心で、対応をスムーズに行うためのコミュニケーションツールや、知識を共有するためのナレッジベース*の提供を行っています。
これまでさまざまな部署を経て培ってきたネットワークやクラウド技術を活用して、より安定した、便利なシステムを提供していけるよう、日々改善活動を行っています。

また、新規に機器を構築する業務も行っています。よくあるものとしては、「プロキシサーバ」というものがあります。これは通信を中継して、不正なアクセスを行わせないようにするためのソフトウエアをインストールして構築する機器ですが、何台も作るとなるとかなり大変です。そのため、このような機器の内部にあるソフトウエアの設定を自動化し、手での作業を極力排除していく施策を進めています。こうすることでより効率的かつ、ミスなく業務ができるようになるのです。

(*)ナレッジベース:コンピュータ上の知識を溜め込んだデータベースのこと

<ある1日のスケジュール>
9:30 出社、スケジュール確認
10:00 プロジェクトの打ち合わせ
11:00 システム変更作業の準備
13:00 ランチ
14:00 社内業務、個人タスクを進める
19:30 帰宅
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
大規模システムの設計・運用知識や経験を得られることに、とても魅力を感じています。私は机に向かって勉強するのがあまり得意ではないので、実際に動いているシステムに対して作業をしながら経験を積めるというのは、この仕事ならではの良さではないかと思っています。

またNRIセキュアの場合、ネットワークの中でもセキュリティ製品などを多く運用しているため、他の業界ではまだ導入していなかったり、操作することができなかったりする機器に関する知識が得られます。そのような環境でエンジニアとして成長できるというところに、やりがいを感じています。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
ネットワークやセキュリティの技術は日々進歩しているため、業界の流行や動向について常にキャッチアップをして、新しいことを身に付けていかなければなりません。そこにやりがいを感じる反面、大変だと感じています。

また、データセンターで運用している機器が壊れ、障害などが発生したときにはまた別の苦労があります。機器の交換など、障害そのものへの対応もそうですが、障害対応により他の仕事が中断してしまうことで、スケジュールの立て直しが必要になることも大変です。むしろこの日々の業務の調整作業のほうが、障害対応そのものより難しかったりします。

将来の選択肢を狭めないために勉強し、大学に進学した

Q4. どのようなきっかけ・経緯でネットワークエンジニアの仕事に就きましたか?
 
この仕事に就いたのは、大学でネットワーク系の研究室に入っていたことが大きいと思います。インターネットを使う側ではなく作る側から見てみたいと思い、通常より比較的早い大学2年次から研究室に入りました。

実際に研究していたのは「オーバーレイネットワーク」と呼ばれる仮想的なネットワークの分野だったのですが、大学院も含めて約5年間ネットワークに携わっていたため、研究だけでなくビジネスとしてもネットワークの仕事に関わっていきたいと思い、現在の仕事を志しました。

 
Q5. 大学では何を学びましたか?
 
研究室に入った当初はネットワークに関してほとんど知識がなく、勉強もたくさんしました。しかしその途中で、実際に手を動かして学ぶことが一番の近道だと気付き、「まずはやってみる」という姿勢で研究に取り組みました。

当時の知識や経験は今の仕事に直接的なつながりはないのですが、知識を獲得する方法や、知見を自分のものにするノウハウは、現在の自分にも通じるところがあるのではないかと思います。
 
 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の頃はこれがやりたい、将来はどんな仕事に就きたいという思いは特に持っておらず、漠然と「とりあえず大学に行ってから考えよう」と思っていました。なぜならば、いざ「夢」と呼べることが見つかったときに、それを目指すのが難しい状況になっているのは嫌だなと思ったからです。できるだけ選択肢が狭まらない大学に行こうと考えて勉強をしていました。

当時から今の仕事を夢見ていたわけではないですが、選択肢を多く残しておいたおかげで今の仕事に就くことができました。今でも仕事に限らずさまざまなシーンにおいて、選択肢を多く持つことを日々心掛けて行動しています。例えばある目的を達成するための方法を考えるときに、一つだけでなく複数案を考えて、そこから最適な方法を選択していくようにしています。

この業界は、飽きっぽい人でも大丈夫!?

Q7. どういう人がネットワークエンジニアの仕事に向いていると思いますか?
 
ネットワークやセキュリティーに興味があり、エンジニアとして活躍していきたい人に向いていると思います。大規模なネットワークシステムの設計・運用や、攻撃などセキュリティーの現実を知ることができるのはネットワークエンジニアならではですので、そういった仕事を面白いと感じられれば、数年で活躍できるエンジニアになれると思います。

また私もそうですが、技術的に新しいものが好きな人にも向いていると思います。特に私が携わっているセキュリティーの分野はIT業界の中でもとても流れが速く、次々に新しい技術や仕組みが登場するので、飽きっぽい人でも大丈夫だと思います(笑)。

 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
ネットワークというのはどのシステムにも必要となる、名実ともに縁の下の力持ちの存在。しかしシステムの設計・運用を行っているエンジニアの中では、どちらかというとマイノリティです。そのため、ネットワークエンジニアを目指すにしても、まずはシステムエンジニアとしてのスキルを磨いて、その上でネットワークのスキルを獲得していくのが良いと思っています。その方が将来的なキャリアプランや選択肢も広がるはずです。

ただ、そういった具体的なスキルを磨くのは社会に出てからでも十分間に合います。ですので、高校生の皆さんにまず伝えたいのは、「英語を嫌いにならないでほしい」ということです。
エンジニア技術の分野では英語の情報しかないことがよくあるので、英語が嫌いになってしまうと、技術を獲得するための情報を得ることが苦になってしまいます。そのためできるだけ苦手意識を持たないようにして、得意な人はより伸ばしていけると良いと思います。


今の時代、インターネットはとても身近で当たり前のものとなりましたが、それを安心して円滑に使用できるのはネットワークエンジニアの働きがあってこそ。エンジニアにもさまざまな分野がありますが、人と人をつなぐネットワークに興味がある人は、黒宮さんのようにネットワークについて学べる研究室や学科を選択してみると良いかもしれませんね。
 

【profile】NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 黒宮佑介
【取材協力】NPO日本ネットワークセキュリティ協会
公式HP:http://www.jnsa.org/

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
公式HP:https://www.nri-secure.co.jp/
豊かな未来づくりのために挑戦を続けるお客さまとともに、誰もが安全に、安心して、ITの魅力を自由に楽しめる社会を作ること、それがNRIセキュアテクノロジーズの使命です。私たちは、磨き続けた技術と豊富な知見で、世界水準のサービスとプロダクトを提供していきます。

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ネットワークエンジニア」
はこんな仕事です

コンピューター通信機器による安定したネットワーク通信を実現させる仕事で、ネットワーク通信に特化したエンジニアを指す。顧客のニーズをヒアリングしてネットワークシステムの設計から構築、運用・保守業務、ネットワークプログラミングを行う。IT化が進んだことで、企業にとって重要な役目を果たしている。そのため、セキュリティー保護やWebのサーバー管理など、情報処理産業以外の企業からの需要も高まりつつある。

「ネットワークエンジニア」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける