住宅・インテリア 編 ~業界を知ろう~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

住宅・インテリア 編 ~業界を知ろう~

2018.06.29

提供:マイナビ進学編集部

住宅・インテリア 編 ~業界を知ろう~

「自宅でくつろいでいる時間が一番好き!」という人も多いのではないでしょうか。居心地の良い建物と空間を作ることを仕事にしているのが、住宅・インテリア業界です。どのような仕事をしているのか、今回は住宅・インテリア業界について紹介します。

この記事をまとめると

  • 住宅、インテリア業ともに新たな需要を作り出すことに力を入れている
  • 住宅・インテリア業界で働くには、手に職をつける必要がある
  • 海外進出やエコへの取り組みなどに挑戦している

住宅・インテリア業界とは?

住宅業とは、住宅の設計、施工、販売に携わる会社を指します。2011年に起きた東日本大震災の復興に伴って一時的に市場は拡大しましたが、現在は少子化や地価の高騰などから市場の規模は縮小しつつあります。このような状況を受けて、新しい需要を作り出すために、エネルギー消費量の収支がゼロになる住宅や耐震住宅の開発に力を入れ始めています。

インテリア業とは、家具や照明器具、床材、壁紙などを扱う会社のことです。住宅を建築する上で欠かせない仕事で、インターネット販売に力を入れる会社や製造から小売りまで手掛ける会社が登場するなど、競争も激しくなっています。

住宅・インテリア業界で活躍できる職種は?

住宅を造るのに欠かせないのが設計図です。設計図を作成する「建築士」は、住宅業界において欠かせない存在です。またコンピューターで図面を作成する「CADデザイナー」も活躍の場が多いといえるでしょう。そして設計図を基に住宅を作っていくのは「大工」です。

住宅は内装が完成してはじめて成り立つものです。「インテリアデザイナー」は、室内空間をデザインする仕事で、住宅だけでなく店舗やオフィスのような大きな空間デザインを手掛ける場合もあります。また壁紙やカーテン、照明などをどういうものにすればいいかアドバイスをする「インテリアコーディネーター」の仕事もインテリア業界で活躍できる職種の一つです。

こうしてみると、住宅・インテリア業界で働くには専門的な技術を身に付ける必要がありそうです。

住宅・インテリア業界で注目のニュースは?

住宅業界では、少子化などの影響で国内市場が縮小されている影響からか、大手ハウスメーカーが積極的に海外進出をしています。中には国内の販売計画戸数が海外を上回る企業も出ているほどです。

国内に目を向けると、国が節電機器を住宅に取り入れることで、電気やガスのエネルギー収支をゼロにするという取り組みを発表しました。具体的にはハウスメーカーなどが建てる注文住宅の過半数で実現しようという目標が掲げられています。

例えば断熱性の高い素材を使った壁・窓を造ることで、夏の冷房・冬の暖房に使うエネルギーを節約することができます。このことにより、大幅な省エネを実現。また太陽光発電などでエネルギーをつくることで、住宅が自らつくり出したエネルギーで生活できるようになるのです。このような取り組みのことをネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)と呼んでいます。


また、インテリア業界では、主に中古住宅や中古マンションを「ホームステージング」することで早く高く売ることを試みる企業が出てきています。ホームステージングとは、家具インテリアを飾ることで、売りたい家のイメージを向上させて魅力的にみせる手法です。実際にホームステージングをすると、中古物件が売れるまでの期間が短くなるというデータもあるのだとか。「ホームステージャー」という認定資格も登場し、今後注目されそうです。

少子化の影響を少なからず受けている住宅・インテリア業界ですが、今までなかったさまざまな取り組みをすることで、新たな需要を作り出そうとしています。常に新しいことにチャレンジしたいと考える人には、やりがいのある業界かもしれません。

【出典】
市場構造変化の2017年、住宅業界10大ニュース
http://www.tact-jsk.co.jp/archives/3569

経済産業省 資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

新建ハウジングDIGITAL
http://www.s-housing.jp/archives/119583

株式会社ホームロジスティックス(ニトリホールディングス100%出資)
https://www.homelogi.co.jp/service/homestaging/

一般社団法人 日本ホームステージング協会
http://www.homestaging.or.jp/

この記事のテーマ
メーカー」を解説

日用品から航空機に至るまで、製品として世に出るモノは必ずどこかのメーカーによりつくられています。工業技術を用いてモノを生産する企業がメーカーです。生産技術の基礎は、機械などは物理学、薬や洗剤などは化学、食品などは生物学などさまざまです。自動車会社のように機械、電気・電子、情報などの各工学によりつくられた部品を一つの製品に集約するメーカーもあります。

「メーカー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「住宅・インテリア」
はこんな業界です

住宅業界では、住宅の企画・建築のほか、建設会社などを通して販売などを行う。大企業から小さな工務店まで、さまざまな規模の企業がこの業界に属している。また、家具や窓ガラス、床材など、居住空間をよりよくするための商品を取り扱うのがインテリア業界である。人口の減少や少子高齢化により住宅市場も変化しており、かつては大手製造業を中心とした新築案件が多かった住宅業界だが、近年では既存の建物を施工する工法に着目したストックビジネスが注目されている。

「住宅・インテリア」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける