建設・設備工事 編 ~業界を知ろう~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

建設・設備工事 編 ~業界を知ろう~

2018.06.26

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

建設・設備工事 編 ~業界を知ろう~

最近高層ビルやマンション、駅前の再開発などの建設工事現場を目にする機会が多いと思います。建物の建設の仕事に携わるのが、建設・設備工事業界です。私たちが快適に生活するためのビルやマンション、道路などを造ることに携わるこの業界では、どのような仕事をしているのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 建設・設備工事業界の業績は好調だが、人手不足が深刻な問題に
  • 建設・設備工事業界で働くには、取得必須な資格がある
  • 機械やロボットの開発を進めて、人手不足解消を目指している

建設・設備工事業界とは?

建設業とは、大型工事を請け負ういわゆるゼネコン(総合建設会社)を中心として、道路会社や電車の駅やトンネルなどを建設する会社のことを指します。設備工事業は、電気工事や空調工事、上下水道工事など、新しい建物ができたときに必ずやらなければならない工事をする会社のことです。

現在の日本では、高度成長期に建設された道路や橋、トンネルや下水道などの老朽化が課題視されています。またいくつかの大型イベント開催を控えて、ビルや道路などの建設ラッシュが続くことが予想され、建設・設備業界の業績は好調のようです。しかしその一方で人手不足が深刻な問題となっています。中でも職人が不足しているため、どのようにして若い職人を育てていくかというのが、重要な課題となっています。

建設・設備工事業界で活躍できる職種は?

建設・設備工事業界に関係する職業といえば理系の仕事をイメージするかと思います。建設でいえば設計をする「建築士」や図面を作成する「CADデザイナー」、設備工事なら「電気工事士」や「建築設備士」など、理系の知識が必要となる技術系職種が多くあります。ゼネコンに関していえば、大卒採用全体の8割が技術系になっています。

建設・設備工事業界で働くためにポイントとなるのは国家資格の取得です。一定の仕事をするには必須となる資格も多くあります。

例えば建築士は、一級、二級、木造の3種類に分かれています。それぞれ設計できる建物の範囲が決められていますので、一定の大きさの建物を設計したいのなら一級建築士の資格取得が必要です。

電気工事士は第一種と第二種があり、持っている資格によって携われる仕事に違いが出てきます。ショッピングセンターやビルのような大きな建物の電気工事に関わりたいのであれば、第一種電気工事士の資格が必要です。

建設・設備工事業界で注目のニュースは?

人手不足が課題だといわれている建設・設備工事業界。それを解決するためのさまざまな施策に関するニュースが目につきます。

あるゼネコン会社は、自社独自の求人サイトを立ち上げました。主に高校生を対象に「建設業ってこんな仕事をする」と分かりやすいイラスト入りで説明し、「ものづくりって面白そう!」と興味を持ってもらうことがねらいのようです。

また、運転席に人がいなくても自動で作業をする無人重機や作業ロボットの開発を進めている会社もあります。

ある会社は、ブルドーザーやダンプトラックなど、自動運転できる重機を導入することで、少人数で多数の建設機械を扱えるようにしました。また別の会社では、人にとってきついとされる作業をロボットに任せる動きが出ています。こうしたことで「建設業界の仕事は肉体的に厳しい」というイメージを払拭し、建設業を希望する若者が増えることを期待しています。

バブル時代を上回る利益を出し、勢いのある業界として注目されている建設・設備工事業界。専門知識や資格を生かして仕事ができ、やりがいを感じられる業界といえるでしょう。大きいビルを建ててみたい、道路づくりに携わって社会に貢献をしたいと考えている人には、ぴったりの業界かもしれません。


【出典】

内定獲得のメソッド 業界&職種研究ガイド(マイナビ出版編集部)

インフラメンテナンス情報(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/maintenance/02research/02_01.html

一般財団法人電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/construction.html

一般社団法人東京都建築士事務所協会
http://www.taaf.or.jp/architect_office/01.html

株式会社総合資格
http://www.sogoshikaku.co.jp/

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_1010.html

ケンセツプラス
https://blog.mcdata.plus/preparation/shimizu-kensetsu-takumi-shorthanded/

鹿島
https://www.kajima.co.jp/tech/c_ict/automation/index.html#!body_01

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける