農林・水産 編 ~業界を知ろう~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

農林・水産 編 ~業界を知ろう~

2018.06.22

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

農林・水産 編 ~業界を知ろう~

私たちが生きていく上で欠かせない食料は、農家や漁師の人たちの手によって作り出されます。食生活を支えてくれるとても大切な仕事ですが、労働者の高齢化などで環境が大きく変わっているようです。そこで今回は、農林・水産業界について紹介したいと思います。

この記事をまとめると

  • 高齢化が進む農林・水産業界では、積極的に仕事を体験してもらう取り組みをしている
  • 直接農作物を生産するだけでなく、研究職や公務員などでも農林・水産業に関わることができる
  • 新たな法律の施行が農業の発展を促進するかも

農林・水産業とは?

農林・水産業は、米や野菜などの農作物を育てる農業、家畜を飼育する畜産業、木材を生産しキノコ類を育てる林業、魚や貝などを採り加工する水産業を指します。それぞれ生産から出荷まで担当して、私たちの食生活を支えています。

農林・水産業といえば、親の代から続いているので子どもが継ぐというイメージがありますが、最近は必ずしもそうではないようです。そのため労働者の高齢化が進み、廃業するケースも少なくないそう。

農林・水産業に従事する労働者が減ってしまうことを懸念して、国が「農業を始めてみませんか」と呼びかけたり、漁業就業者確保育成センターでは漁師を体験するセミナーを行ったりしています。こうした取り組みを行うことで、若い世代に農林・水産業に興味を持ってもらうきっかけを作っています。

農林・水産業界で活躍できる職種は?

農林・水産業と関連する職業として真っ先に浮かぶのは、農家や畜産農家、漁師、林業です。米や野菜を作り家畜を育て、水産物を捕り、森林を管理するなど直接作業に携わる人たちです。また食材作りに関わらなくても、農業に欠かせない農機や肥料、農薬を扱ったり、米や魚の卸売りをする人たちも農林・水産業に関わる仕事です。

他にも農林水産物の安定した供給に貢献するため研究者として技術開発に携わるという方法や、農林水産省や林野庁などの公的な機関、JA(農業協同組合)などで働くことによって農業に関わることもできます。

農林・水産業で注目のニュースは?

農林・水産業で注目されているニュースといえば、やはり人材不足の解消に関することが多いようです。GPSが搭載された田植え機やトラクターを導入し、少ない作業時間で田んぼを耕すことができるようにするなど、労働力不足解消に貢献しているようです。

水産業では、三陸の漁師がクラウドファンディングを利用して東京に居酒屋を開業し、地元の産品を広く知ってもらう活動をするなど、今までの水産業のイメージが大きく変わる取り組みをしています。

林業では花粉症対策として、無花粉の杉やヒノキの植え替えを進めています。また、土砂崩れなどの災害を防ぐために森林を整備するなど、社会問題を解決するための事業にも関わっています。

私たちの生活に密接な関わりがある農林・水産業。農作物を作ったり魚を捕ったりするだけではなく、いろいろな関わり方があることが分かりました。また「農業や漁業は、親がやっていないとなれない」と思っている人もいるかもしれませんが、最近は、人手不足を解消するため積極的に人を受け入れているようです。「興味があるけど、何から始めていいのか分からない」という人は、農業体験から始めてみるのもいいかもしれません。

【出典】

東海農政局
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shien/be_farmer/index.html

全国漁業就業者確保育成センター
http://www.ryoushi.jp/become/

日本農業新聞
https://www.agrinews.co.jp/p43676.html
https://www.agrinews.co.jp/p43690.html

株式会社クボタ
https://www.kbt-press.com/news/autonomous-farm-machinery

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO14916550U7A400C1000000/

林野庁
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/e2/p5.html

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける