【シゴトを知ろう】自動車車体整備士 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】自動車車体整備士 ~番外編~

2018.05.25

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】自動車車体整備士 ~番外編~

職人と聞くとものづくりをする人を想像するかもしれませんが、壊れたものを直すときにも職人の腕が必要です。私たちが普段から利用している自動車の修復にも、熟練した職人の技が生かされています。
自動車の損傷は一体どのように直しているのか、どんな苦労があるのか、資格が必要なのかといったことについて、自動車車体整備士の資格を持つ有限会社井組自動車工業の代表取締役・井組浩紀さん(写真左)に教えていただきました。

この記事をまとめると

  • お客さまの予算や要望によって自動車の修復具合は変わる
  • 10年かけて一人前に。まず、車体のボディラインや構造を知ることから始める
  • 競合ひしめく自動車整備業界。強みはTwitterを活用した車体整備の可視化

実績よりも信用を積み重ねることが難しい

――お客さまはどのような方が多いですか?

Webサイトなどをご覧になったり、友人や知人から弊社の評判を聞いていらっしゃるお客さまがほとんどです。カーディーラーで修理費用の見積もりを取ったら高かったため、カーディーラーの営業担当者から紹介されて問い合わせたいというケースも多いですね。

弊社は大手カーディーラーの下請けではないので、お客さまと1対1で話をして希望通りに仕上げることができます。

そこに必要なのは信頼・信用です。創業して40年になる会社ですが、実績を積み上げることはできても、何か問題があれば信用は一瞬で崩れてしまいます。会社のスタッフの数が多くなればなるほど技術や会社の理念を行き届かせることに時間と労力がかかります。信用を積み上げていくことが簡単ではなくなってきますが、努力して前進し、多くのお客さまに喜んでいただければと思っています。


――予算によっては車体が修復できないこともありますか?

鈑金(*)の内容によって費用は変わりますし、パーツを取り替えればさらにお金がかかります。修理費用がお客さまの予算内に収まらない場合は、「80%の修復でもいい」「とりあえず見栄えだけでも良くしてほしい」とお客さまがおっしゃるケースもありますので、お客さまと相談して要望に合わせた修復をしています。

もちろん車体の破損レベルによっては、100万円、200万円かけても鈑金では直らないこともあります。


*鈑金(ばんきん):薄い金属板を鈑金と呼ぶが、自動車業界における鈑金(または鈑金塗装)とは、へこんだり曲がったりするなど損傷した自動車の外装部分を修理することを指す。

重要なのは資格より腕。お客さまの満足度に直結する

ホームページやTwitterで車体整備の工程を細かく紹介。2016年に「攻めのIT経営中小企業百選」に選ばれた

ホームページやTwitterで車体整備の工程を細かく紹介。2016年に「攻めのIT経営中小企業百選」に選ばれた

――一人前になるにはどのくらいの期間が必要でしょうか?

一人前になるまでには10年くらいかかります。最初は、洗車しながら自動車のボディに触れることから始めます。洗車をすることでボディのラインや構造がだんだんと分かってくるので大事な仕事です。

ボディをたたく作業(鈑金とは基本的に自動車のボディの鉄板をたたいてへこみなどを直す)が一人でできるようになるのは早くて10年です。弊社に入ってくる人は、教わるというよりも周りの仕事を見ながら覚えていく感じですね。先輩の仕事を見て、技術を盗んで、自らの腕を磨いていきます。


――車体整備の仕事をするなら、自動車車体整備士の資格を持っていたほうがいいのでしょうか?

実は、車体整備や鈑金塗装の仕事をする際、国家資格である「自動車車体整備士」の資格を持っている必要はないんです。資格を取得することによって生じるメリットはそんなに無いかもしれません。実際、鈑金塗装を行っている自動車整備工場で自動車車体整備士の資格を持っている整備士は3割程度だと思います。資格よりも腕の良しあしが重要です。自動車の仕上がりやお客さまの満足度に大きく関わってきますからね。

ですが、自動車整備工場の経営者として考えると、やはり国家資格を持っていたほうがいいと思います。知識と技能の高さを公に示すことができるので、お客さまに信頼感を与えられるからです。

ちなみに、自動車の分解整備をする「自動車分解整備事業」を営む場合は、必ず地方運輸局長の認証を得なければなりません。

Twitterで整備状態を配信し、お客さまの信頼を得る

取り替え予定のフロントバンパー

取り替え予定のフロントバンパー

――どんな車種を扱うことが多いですか?

最近は輸入車、高級車が多いですね。スポーツカーやアメリカの珍しいトラックなどです。「カーディーラーに修理を頼んだらすごく高くて……」というお客さまがよく弊社にいらっしゃるので、多少安くしてカーディーラー並みにきれいに修理すると喜んでいただけます。

あとは、珍しい自動車や並行輸入の自動車はカーディーラーで門前払いなので、そのような自動車も弊社に持ち込まれます。


――自動車整備業界は競合他社が多いと思いますが、お客さま獲得のために工夫されていることはありますか?

車体整備に関しては、値段の安いところから高いところまでさまざまな業者がいますが、仕上がり具合に不安を抱くお客さまも多いんです。そういった方のために、Twitterで作業前、作業途中、仕上がり完成の写真などを掲載し、整備状態が分かるようにしています。

また、弊社のウェブサイトは車種や整備内容、パーツ別に検索できるようになっているので、自動車の修理を検討されている方にとっては分かりやすくて便利なのではないかと思います。


自動車整備の仕事には、想像していたよりもスキルが求められると感じた人がいるかもしれませんね。でも、誰にでもできる仕事ではないからこそ、多くのお客さまから感謝されるやりがいのある仕事だと感じました。

自動車車体整備士は、自動車が好きで凝り性の人に向いている職業といえそうです。手に職をつけたい、何かを極めたいと思っている人は、自動車車体整備士になることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。


【profile】有限会社井組自動車工業 代表取締役 井組浩紀

IGUMI MOTORS http://www.193motors.com/

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「自動車車体整備士」
はこんな仕事です

自動車の車枠と車体の点検や調整整備をする仕事。車枠と車体に特化した専門的な自動車整備士だ。事故などで損傷した車体をコンピューターで計測して、新車同様に復元。状態によっては車体を分解したり部品を交換したりすることもある。また、見た目だけでなく安全性能も回復させる。車体の安全は、そのまま人命の安全であり、重要な仕事といえる。国土交通省が付与する「自動車車体整備士」の資格を取得していると、自動車車体整備士としての高い信用が得られる。資格を取得するには、自動車の装置整備作業の実務経験が2年以上なければならない。

「自動車車体整備士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける