進路のミカタ保護者版「偉人からのアドバイス」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

社会で求められるチカラ
就職事情・進学事情の変化とは?

今後必要になるチカラ!

グローバル時代で生き抜くために

大学の国際競争力向上を目的とした「スーパーグローバル大学」事業の推進、小学校での英語科目の教科化など、国はグローバル化対応を進めています。
世界に開かれた社会を生き抜くため、お子様にどのような力が求められるかを、保護者として理解しておきましょう。

国内で磨く力

  • 日常生活での
    コミュニケーションをとる力

    多くの大学では外国人留学生を積極的に受け入れ、日本人学生とともに学ぶ教育環境づくりを進めています。今後は文部科学省の要請もあり、外国の大学で学位を取得した教職員や外国人教員が増えることが予想されます。キャンパス内で外国人と交流し、授業や日常会話でコミュニケーション能力を身につける機会が広がっています。
  • 外国語で学ぶ力
    英語による授業のみで学位が取れるコースや、外国人の専任教員による研究活動、世界トップクラスの大学との共同研究など、専門分野を外国語で学ぶ環境が整ってきました。日本語禁止の語学サロン(談話室)や留学生と一緒に生活する学生寮も増加しています。海外留学でしか体験できなかったことが、国内で実現できるようになりました。
  • 留学への準備をする力
    海外留学を希望する学生のために、必須の語学力と専攻を学ぶための基礎能力を段階的に高めるカリキュラムを設けている大学もあります。留学準備のための外国語によるディスカッションや論文・レポート作成、研究発表など、体験型プログラムも充実。留学生向けの学費支援制度もあり、目標や経済事情に合わせた留学を目指すことができます。
日本企業のグローバル化が加速。
外国人とともに働く時代へ
日本企業の海外進出が進んでいます。企業の規模や業種を問わず、外国人留学生の新卒採用や工場での海外研修生の受け入れも活発です。お子様が社会人になる時代には、外国人とともに働く機会がさらに増えるでしょう。
海外に現地法人を持つ企業数の推移
海外に現地法人を持つ企業数の推移

※出典:経済産業省「第48回海外事業活動基本調査」(2019年公表)

留学にかかる費用はどれくらい?
グローバルな視点を持つことが重要視される現在、大学入学後に留学を希望する学生も少なくありません。生きた英語にふれることが目的なら1カ月程度の短期留学もありますが、それでもかかる費用は40万円以上。本格的に海外で学ぶため、1年の留学を希望する場合には200万円以上の費用がかかるのが一般的です。

6カ月(24週間)の語学留学にかかる地域別費用

  • ■アメリカ/94万2,000円
  • ■フランス/96万6,000円
  • ■オーストラリア/84万円
  • ■中国/66万円

※出典:独立行政法人日本学生支援機構 平成23年度「海外留学経験者追跡調査結果(2012年2月実施)」

  • *渡航費は東京からロサンゼルスまでの往復運賃です。大手エアラインのうちから、購入しやすい価格帯の料金を採用しています。
  • *住居費と生活費は留学先国がアメリカの例で算出。

海外留学で磨く力

  • 外国語を使いこなす力
    留学先では、日常生活や授業などさまざまな場面で、自分らしい言葉や表現を使い分けることが求められます。物事を外国語で思考し、表現する力を磨くことができます。

    【具体例】
    外国人教員や学生との意見交換、外国語による論文・レポート作成、ホストファミリーとの対話、買い物やレジャーでの会話

  • 外国人と協働する力
    外国人学生と一緒にゼミ(研究室)やグループ学習に参加し、お互いの文化や価値観を理解しながら、目標に向かって物事に取り組む姿勢や態度を習得できます。

    【具体例】
    外国人の意見を正しく聞き取る、自分の意見を伝える、誤解や偏見をなくして視野を広げる、日本の文化や社会を伝える

  • 物事の判断力や行動力
    日本国内では体験できない出会いや想定外の出来事に遭遇し、その都度、異文化の慣習や価値観に即した反応や行動が取れるようになり、責任感と自信が身につきます。

    【具体例】
    人間関係や生活上のさまざまなトラブルに外国語で対処する、教員や学生以外の人たちと交流する、海外で仕事を見つける

グローバル化が求められる背景を理解しておきたい

グローバル化は日本のみならず、世界の潮流。これから社会を担っていく子どもは、海外の人や文化と交流していくことが必須の力となります。小学校での英語教育の実施など、国を挙げてグローバル化に対応しているのもそのためです。お子様の進路選択の際に、保護者としてどのような点で関わっていくのかを考えておく必要があります。