現役セラピストから学び、「臨床力」のある、 未来のセラピストへ。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

現役セラピストから学び、「臨床力」のある、
未来のセラピストへ。

2018.04.16

提供:横浜リハビリテーション専門学校

メイン
テーマ

現役セラピストから学び、「臨床力」のある、
未来のセラピストへ。

横浜リハビリテーション専門学校は専任教員全員が「現役セラピスト」という、国内でも数少ない学校。めまぐるしく変化する臨床現場の動向を教育に取り込むべく、教員は週一日設けられた研究日に、病院・施設で患者様のリハビリを担当。そこで得た新しい経験が学生にダイレクトに伝えられ、授業では常に最新の症例に触れることができます。教員と学生という関係であると同時に、セラピストの“先輩”として、時に優しく、時に厳しく、セラピストとして大切にしていることをしっかりと伝えたい。それが全教員の強い思いです。

臨床現場を意識した授業で、即戦力となる人材を育成

授業では常に現場を想定。卒業生を講師として招くことも。

授業では常に現場を想定。卒業生を講師として招くことも。

設置学科である理学療法学科と作業療法学科は、共に、最新の実務知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科として職業実践専門課程」の認定を受けています。医学部で行われているOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)も取り入れた実技重視のカリキュラムを展開するなど、実際の臨床場面を想定したシミュレーションを繰り返し、未来のセラピストに求められる「臨床力」を養います。また、所定の課程を履修・修了することで「障がい者初級スポーツ指導員」資格の取得が可能。パラスポーツの知識を学ぶだけでなく、2020年のパラリンピックに向けて、リハビリ分野から選手達をサポートできる人材の育成を目指します。

国試合格プロジェクトによるトップレベルの合格実績

国試対策は1年次からスタート。着実に知識を身につけます。

国試対策は1年次からスタート。着実に知識を身につけます。

教員がチームをつくり、最新の国家試験傾向を分析する独自のプロジェクトを展開。個別面談を行いながら一人ひとりの弱点をフォローします。また、教員による過去問題解説がWebに公開されており、無償貸与されるノートPCやスマートフォンでいつでもチャレンジが可能。これらの取り組みにより、毎年、全国平均を上回る高い国家試験合格実績を積み上げています。2017年の国家試験においても、理学療法士が97.4%(受験者77名/合格者75名)、作業療法士が97.6%(受験者41名/合格者40名)と、それぞれ全国平均の90.3%、83.7%を大きく上回る合格率を生み出しています。
開校以来20年にわたりセラピストを輩出し続けてきた横リハ。現在、神奈川県においては県内の約10人に1人が卒業生という実績を誇ります。活躍する卒業生のネットワークは学生にとって心強く、病院・施設実習や就職先などで強い味方となります。

【広告企画】提供 : 横浜リハビリテーション専門学校

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける