【シゴトを知ろう】外交官 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】外交官 ~番外編~

2018.05.15

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】外交官 ~番外編~

地球温暖化や異常気象など、気候変動に関する対策は世界中で課題となっています。そんな問題の解決に寄与しているのが、今回お話を伺った野口侑里さんが所属する、外務省国際協力局気候変動課です。具体的にどのような取り組みをしているのか、またこの仕事の知られざる一面について教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 日々流れる世界中のニュースには、外務省の部局が関わっていることが多い
  • 実は一般企業とかけ離れたことをしているわけではない
  • パリ協定の締結作業とCOP23への参加が特に印象的な出来事だった

他の中央省庁や企業、自治体、NGOと連動して政策を進めている

――野口さんが働いている国際協力局気候変動課では、地球温暖化などの問題に対しどのような取り組みをしているのですか?

外務省気候変動課では、日本の気候変動政策をオールジャパン(日本全体)で進めていくために、さまざまな取り組みを行っています。各国の温室効果ガス排出削減目標や、各国の気候変動対策を検証する仕組みなどについて話し合う国際会議に参加したり、開発途上国の気候変動対策のための支援を行ったりしています。

気候変動問題は単なる環境問題にとどまらず、地球規模の経済活動や安全保障にも大きな影響を及ぼすグローバル課題の一つです。そのため、さまざまな外交分野を司る外務省の中に気候変動政策を担当する部署があり、他の中央省庁や国内の企業や自治体、NGOと連動しながら取り組みを進めています。
 
 
――この仕事ならではの「あるある」話や、プライベートでもついやってしまう癖を教えてください。

テレビやインターネットなどで毎日世界中のニュースを目にしますが、必ずといって良いほど、外務省のいずれかの部局が関わっています。

例えば私は気候変動課に所属していますが、他にも世界中のいろいろな地域を担当する部署や、国連を担当する部署、経済連携を担当する部署などがあります。今までは遠い世界の出来事でしかなかったことも、日本の経済、社会、安全保障などに影響を与えていることを普段から実感できるのは、外務省で仕事をしているからこそかもしれません。

意外と多くの人の日常につながっているのが気候変動課の仕事

――意外と知られていない、この仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

外務省の仕事をしているというと機密性が高く、スケールの大きいことを日々やっているのではないかと思われがちですが、実は一般企業とかけ離れたことをしているわけではありません。

特に私がいる気候変動課はそういう部分が強いと思います。「国連交渉」というと何を話しているのかな、専門性が高いのかな、と思われるでしょうが、そこで決まることは各企業の取り組みや日常生活、家や車にも直結してきます。

もっというと、日本外交で行うのは気候変動だけではないので、どの分野に力点をおいていくのかというのは、日本人の皆さんが何にどのくらい関心を持っているかによっても変わってきます。そういう意味では、より生活に身近な気候変動はより深く皆さんに取り組みを知ってもらえる分野なのではないかと思います。

今後の政策や働きに大きく影響した、2つの貴重な経験

――最後に、仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

たくさんの思い出の中で印象に残っているのは、パリ協定の締結作業です。

パリ協定という気候変動に関する新たな国際枠組みに、日本が正式に参加(締結)するためには、国会での審議を経て承認を得るというプロセスが必要でした。ある条約や国際枠組みに日本が参加することが、日本経済・社会、そして一人ひとりの生活にどのように関係するのか。それを国民の代表である国会できちんと説明をし、議論がなされた上で、ようやく日本が正式に参加することができるということを学びました。

そのために発生する業務量は膨大で、体力的にもつらい時期でしたが、多忙な時こそ、体調管理やチーム内のコミュニケーションが一層重要であると実感しました。
そして、この業務に携わらせていただいたおかげで、国内と世界、両方の情勢をしっかりとフォローし、双方向に良い影響を与えられるような政策を行うことが求められていると感じ、とても貴重な経験となりました。

また、2017年11月にドイツのボンで行われた、COP23(気候変動枠組条約第23回締結国会議)に参加したことも、思い出深い経験です。2週間にわたる会議を通じ、世界各国政府の気候変動担当者と会って日程調整を行い、日本の政府代表団を支えるべく、作業室の管理・運営やプレス対応などに当たりました。

東京で業務に追われるだけでは実感が持てませんでしたが、国連交渉の現場で実際にCOPを体験できたことは、今後気候変動に限られないマルチな外交に携わる際にも、大きな糧となるのではないかと思います。


野口さんのお話を聞いて、遠い世界のように感じられた外交が、なんとなく身近に思えてきたのではないでしょうか。いきなり大きなことをしているわけではなく、体調管理やチーム内でのコミュニケーション、人々に情報を届けるプレス対応など、日々の業務の積み重ねがあってこそ、国や海外につながる仕事ができるんですね。
また、この記事を読んで気候変動に興味を持った方は、ぜひインターネットや書物で調べてみてください。
 

【profile】外務省 国際協力局 気候変動課 野口侑里
外務省公式HP: http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html
外務省 気候変動課公式Twitter:https://twitter.com/ccmofa_japan

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「外交官」
はこんな仕事です

外務省や世界各地の大使館、総領事館などに勤務し、国家間の交渉や現地在留邦人の安全などに国を代表して尽力する仕事。外交官は外務省に入省後、研修や本省勤務を経て、各国の大使館や領事館に派遣されることが多い。日本のために働きたいという情熱と使命感に加え、途上国の厳しい環境でも勤務できるたくましさや、国際社会の多様な価値観に対応できる柔軟性が問われる。治安の悪い国では国の威信と日本人の生死をかけた、さまざまなトラブルにも対処するので責任は重大だ。

「外交官」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける