ホテルがつくったホテルの学校ホテル・ブライダル業界での即戦力をめざす

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ホテルがつくったホテルの学校ホテル・ブライダル業界での即戦力をめざす

2018.04.16

提供:専門学校日本ホテルスクール

メイン
テーマ

ホテルがつくったホテルの学校ホテル・ブライダル業界での即戦力をめざす

本校は、ホテリエの育成を目的として、プリンスホテルが1972年に開校した「プリンスホテルスクール」が、その歴史の始まりとなっています。教育内容から施設・設備、講師陣まで、すべてがホテル・ブライダルスタッフ育成のために集約されており、中でも、「ホテル・ブライダル実習」は、一流のホテル・ブライダル企業で行われ、実習時間の長さや、異なるホテル・ブライダル企業で異なる職種を経験できるのが大きな特長です。これまで1万2千人以上の卒業生を業界へ輩出している本校。充実した実習制度についてご紹介します。

合計24週間の圧倒的な実習 で経験の幅を広げる

本校は、全ての学科で、授業の一環として、「ホテル・ブライダル実習」を実施しています。創立当初から、ホテルやブライダルの現場で実習をすることで、理論と実技をバランスよく学べ、プロフェッショナルとしての必要なスキルを身につけることができると考えています。この実習の特長は、昼間部で2年間に3回 合
計24週間、夜間部で2年間に2回 合計14週間といった、圧倒的な実習時間の多さです。また、昼間部では実習ごとに、異なるホテル・ブライダル企業にて異なる職種を経験。例えば、宿泊・料飲・宴会というように、様々な職種を経験することで、職業観を高めることができ、経験の幅を広げ、就職やその他のキャリアに大きく活きてきます。

実習期間中も担当教職員に よる万全のフォロー

実習期間中は不安がつきもの。そのため、実習前、中、後まで担当教職員によるフォローを行っています。実習前には、担当教職員と学生が実習に向けて最終確認を行い、各自の目標を記入した「実習カルテ」を職場長へ提出します。実習中も、定期的に担当教職員が実習先を訪問したり、「実習中間ミーティング」などの機会を利用して、学生との情報交換、サポートを行っています。実習後には、実習先の職場長からコメントと評価が記入された「実習カルテ」が戻され、評価を反省し、今後の課題を確認します。次回の実習に向けた目標設定や、学内での勉強に活かしていくことで、ホテル・ブライダル業界に対する理解を深めるために充実した学びにつなげることができます。

国際的な感覚を身につける 海外研修旅行

学年末には、国際的な感覚を身につけるために、「海外研修旅行」が実施されます。この旅費は、実習にて得た報酬を積み立てているため、旅行費用の負担がありません(昼間部の場合。夜間部は別途納入)。また、実習にて報酬を得るという経験は、学生のうちから社会人としての責任感が芽生えるきっかけにもなっています。このように、長年の経験から培われたカリキュラムと手厚いサポートで、ホテル・ブライダル業界で活躍する人材をこれからも輩出していきます。

【広告企画】提供 : 専門学校日本ホテルスクール

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける