【シゴトを知ろう】電子・電気系研究・技術者 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】電子・電気系研究・技術者 編

2018.04.25

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】電子・電気系研究・技術者 編

私たちの身の回りにある電子機器。これらの開発や設計には、さまざまな人々が関わっています。

今回は多種多様な電子機器の開発を行うアポロ技研株式会社の遠藤聡さんに、開発において欠かせない「シミュレーション」という業務について教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 設計データから機器が問題なく動作するかをコンピューター上で検証している
  • 大学で学んだ物理学がシミュレーション業務にも役立っている
  • 好奇心旺盛で、物事を突き詰めて考えるタイプがこの仕事に向いている

試作回数の削減や、品質の高い製品の開発に貢献できる仕事

シミュレーション波形

シミュレーション波形

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私が働いている会社、アポロ技研は、皆さんが手にするスマホやデジタルカメラをはじめ、自動車の内部や工場などでも使われるさまざまな電子機器を開発する会社です。その中で私は、「プリント基板*シミュレーション」という業務に携わっています。シミュレーションとは、実際にものを製造する前の設計データで機器が問題なく動作するのか、不要なノイズを出さないかなどをコンピューター上で検証する仕事です。

例えば、皆さんにも馴染みのあるスマホ。販売価格は数万円ですが、この製品が世にでるまで何回試作品が製造されるか、また試作品を作るのにかかる費用はどのくらいになるか想像できますでしょうか?

電子機器の規模にもよりますが、量産品が出来上がるまでに数回の試作を繰り返し、1度の試作にかかる費用は数百万円から数億円に上ります。シミュレーションは、この試作回数の削減や、品質の高い製品を開発することに貢献しています。

(*)プリント基板…電子部品を固定して配線するための、電気製品の主要な部品の1つ。コンピューターや電子機器の性能を左右する。

<一日のスケジュール>
8:45 出社。朝礼、メールチェックなど
9:00 設計者と打ち合わせ。要望や困りごとなどを確認
10:00 シミュレーション業務 解析の設定や実行など
12:00 昼食
13:00 シミュレーション業務 解析結果の確認、分析、設計者への報告や提案など
17:45 退社 
 

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
設計者の困りごとをシミュレーションという技術を使って解決できたときは、喜びを感じます。また、世の中の電子機器はどんどん進歩しているので、常に新しい技術に触れることができるのも喜びの一つです。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
シミュレーションを行って良い結果が得られなかったとき、設計のどこに問題があるのかを検証していく作業には大変さを感じます。自分の知識や経験を総動員しても解決の糸口が見つからない場合は、文献を調べたり、識者に意見を伺ったりして解決する努力が必要です。

また、常に新しい技術に対しアンテナを張って学ぶ姿勢を持つことは、喜びであると同時に苦労を感じるところでもあります。

友人と遊んだり、部活に打ち込んだりして楽しんだ高校生活

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?
 
もともとものづくりに興味があり、現在の会社に入社しました。設計者になる道もあったのですが、「他人が持っていない技術を身に付けたい」という思いから、シミュレーション技術者を目指しました。大学では物理学を学んでいましたが、シミュレーションにおいて論理的に物事を考えたり、数値計算で現象を捉えたりするアプローチは物理学に通じるものがあります。学生の頃からこの仕事を目指していたわけではないですが、結果的に私の感覚に合っていたように思います。

 
Q5. 大学では何を学びましたか?
 
先ほどもお話ししましたが、大学では物理学を学んでいました。教養科目の電磁気学や幾何学(図形や空間の性質について研究する数学の分野)、微分・積分などは現在の仕事にも役立っていると思います。
 
 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
率直に言うと、特に大きな夢を持って高校生活を送った記憶はありません。勉強も好きというわけではなく、友人と遊んだり、部活に打ち込んだりすることを楽しみながら毎日を送っていました。ただ、当時の友人とは現在も連絡を取っており、同じ業界に勤めている仲間とは、社会人になってからも仕事でつながっていたりします。

興味のあるものをとことん楽しむマインドを持って生活してみて

Q7. どういう人が電子・電気系研究・技術者の仕事に向いていると思いますか?
 
好奇心旺盛で、物事を突き詰めて考えるタイプが向いているのではないかと思います。開発や研究においては、疑問が生まれた際に深く調べていけることが役立つはずです。

 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
シミュレーション技術者としてのスキルは、実際に働く中で身に付いていくと思います。高校生の間は嫌にならない程度に数学や物理、化学などを学び、論理的なアプローチに慣れておくと良いと思います。あとは電気製品に限らず、興味のあるものをとことん楽しむマインドを持って生活してみてください。
 

皆さんの中にはシミュレーション業務について知らなかった人もいるかもしれませんが、この業務のおかげで、電子機器の円滑かつ低コストで開発が可能となっていることが分かりました。遠藤さんのように活躍してみたい人は、工学部や理学部など、自然科学や数学を学べる学校を探してみると良いかもしれません。
 

【profile】アポロ技研株式会社 設計技術部 要素技術推進課 遠藤聡
公式HP : http://www.apollo-g.co.jp/

この記事のテーマ
機械・電気・化学」を解説

製品を効率よく大量に生産する機械の製造・操作・保守に関わったり、電気、石油やガスなどのエネルギーを安定かつ安全に供給する設備を運営・管理したりするための知識や技術を身につけます。機械や電気、化学物質を取り扱う資格取得を目指すカリキュラムが中心。危険物を扱うことも多いため、仕事への注意力や慎重さも身につける必要があります。

「機械・電気・化学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「電子・電気系研究・技術者」
はこんな仕事です

日常生活をより便利にする電子機器・電気製品は、電気が供給されなければ稼働できないものが多数ある。そんな電子・電気機器を企業や一般家庭などに分配し、供給するシステムを構築するのがこの仕事。研究を続けながら新製品の開発も行う。品質の高さはもちろんのこと、耐久性やエコなど、時代のニーズに合った製品を次々と開発していかなければならない。電子・電機メーカーに所属することが多いが、大学や公的機関で研究をする人もいる。

「電子・電気系研究・技術者」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける