【専門学校・文系男子編】進路選びで後悔したことって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【専門学校・文系男子編】進路選びで後悔したことって?

2018.04.12

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【専門学校・文系男子編】進路選びで後悔したことって?

「進路選択ってよく耳にするけど、まだまだ先の話」と思っている人は多いかもしれません。しかし高校生活はあっという間に過ぎ去ります。早い段階で何を勉強したいのか、将来どんな仕事に就きたいのかを考えたほうが、納得のいく進路選択につながります。

そこで今回は、皆さんの先輩にあたるマイナビ会員へのアンケートを基に、「進路選択で後悔しないためのポイント」について紹介します。

この記事をまとめると

  • 専門学校は方向転換が難しい場合も。入学してから後悔しないように時間を考えて進路を考えよう
  • 就きたい仕事のために努力が続けられるのか、しっかりと考える
  • 親の意見に流されず、自分のやりたいことを伝えることが大切

今回は文系の専門学校へ進学して、就職活動を行っている男子専門学校生の声を紹介します。

最初に「就職活動を経験した今、在学中の学校にもう一度入学したいと思いますか?」という質問に対して「あまり入学したくない」「絶対入学したくない」と回答した先輩からのアドバイスです。

「じっくり考えた方がいい」という意見が多い

進路選択の際に気を付けたいポイントとは、何でしょうか?
▼進路選択に「後悔」している先輩の声

・やりたいことがある人はそれに向かってじっくりと時間をかけて探してください。(食・栄養・調理・製菓)
・後悔しないように、なるべく早めに学校を色々な視点からリサーチしたほうが絶対いいですよ。(食・栄養・調理・製菓)
・目標はよく考えた上で、さまざまなものに関心を持ってやりたいことをじっくり考えてください。(スポーツ)
・進みたい学校のことをよく調べること。やりたいことをなるべく明確にすること。(ビジネス・経営)

回答の中で多かったのが「進みたい学校や、やりたいことをじっくり考えることが大切」という声です。特に専門学校は、職業に直結した学びができる場所。入学してから「違う仕事に就きたい」と思っても、方向転換するのは難しい場合が多いのです。後悔しないためにも時間をかけて自分が本当にやりたいことを考える必要があるといえるでしょう。

※カッコ内は、在籍しているコース

将来就きたい仕事のために努力を続けられるか?が大切

次に、「ぜひ入学したい」「まあまあ入学したい」と回答した、進路選択に満足している先輩のアドバイスを紹介します。
▼進路選択に「満足」している先輩の声

・本当にやりたいことを探してそこから進路を決めてください。(公務員・政治・法律)
・夢を実現できると思った学校へ進学すべき。(公務員・政治・法律)
・自分が目指している夢のために努力できるのか? 進路先がいくら魅力的でも自分が努力しないと意味がない。だから本当に本気になれる夢を見つけ、それを実現するために必要な進路先をよく考えて行動していこう。(コンピューター・Web・ゲーム・アニメ)

進路の選択に満足している先輩たちの多くは「自分がやりたいことは何か」「そのために勉強を続ける努力ができるか」ということをしっかり考えたようです。専門学校は、将来就きたい仕事のために進学するところなのだということを常に意識していたということですね。

親へきちんと説明できるようにしておくことも、大切

・親に流されるのではなく、自分の意思で、意見をちゃんと伝えたほうが良い。選択を間違って後悔するのは自分ですよ。(ファッション)
・まず自分が本当になりたい職業を考え、どうしてもなりたいと両親にしっかり意思表明をしましょう。(ビジネス・経営)

親の言うことに流されてはいけないという意見も多く見られました。進路を決める時は、親と意見が対
立することもあるでしょう。でも結局進学するのは自分自身。親が勧める学校へ行って「何か違う」と
後悔することがないように、自分がやりたいことは何か、親にきちんと説明できるようにしておきまし
ょう。

※カッコ内は、在籍しているコース

先輩たちの声は、参考になりましたか?

・入学してから後悔しないように、時間をかけて学校のことを調べておく。
・自分が就きたい仕事のために、努力が続けられるかどうかを考える。
・親と意見が対立した時は、きちんと自分の意見が言えるようにしておく。

以上3つが、専門学校の進路選択で後悔しないための重要なポイントだと分かりました。就きたい職業に直結した学びができるのが大きな魅力の専門学校。その仕事をしていく上で、不断の努力ができるかどうか、しっかりと考えて進路選択をしていきたいですね。

【出典】
(株)マイナビ「就職活動を経験して振り返る、自身の進路選択に関する調査2014」(2014年10月)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける