【シゴトを知ろう】カフェプランナー 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】カフェプランナー 〜番外編〜

2018.04.04

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】カフェプランナー 〜番外編〜

おいしいコーヒーを飲んでゆったりとした気分になれるカフェ。中にはドリンクを提供するだけではなく、お客さんたちがコミュニケーションを取れるようなイベントを行っているカフェもあります。

今回はカフェプランナーの大澤有理さんにカフェだからこそできるイベントや、カフェプランナーならではの「あるある」について伺いました。

この記事をまとめると

  • カフェに行ったときはメニューや内装をチェックして情報を集めている
  • 飲食とは関係ない自身の経験もカフェのイベントに生かせる
  • カフェを経営していると実体験としてプランニングについてアドバイスできる

他のカフェに足を運んだときはメニューや内装をチェック!

――この仕事ならではの「休日あるある」やついしてしまう癖を教えてください。
 
私の場合、カフェが休みの日でも、プランニングやスケジューリングをしているため、あまりオンオフがありません。稀に予定が全くないオフの日があっても、ついつい仕事のアイデアを探してしまいます。例えば外食するとメニューの内容や盛り付けなどを気にしてしまいますし、旅行に行くとその土地ならではの食材はなんだろうと考えてしまいます。
 
 
――カフェプランナーはメニューからインテリアまで監修する仕事と聞きましたが、そういった幅広い知識はどのように収集しているのでしょうか?

自分の店を持つまでは、さまざまなカフェに行っていました。カフェによってコンセプトが異なり、刺激を受ける機会が多かったです。

カフェを経営するようになってからは、インターネットや雑誌から情報を収集し、まずは自分の店で実践しています。お客さまが喜んでくれる盛り付けやインテリア、メニューは流行とともに変化しますので、情報のアップデートは欠かせません。

ボードゲームやフラワーアレンジメントなど、さまざまな知識が生かせる

――カフェという場が持つ魅力と、今注目しているカフェの形態を教えてください。

カフェは普通の飲食店と違って、いろいろなイベントなどができるのが面白いと思っています。最近では食のイベントとして、世界のおいしいチーズについて知識を学びながら料理を楽しむ「大人のチーズ会」、猟師としても働いている料理人を招いて猟の話を聞きながら野生の味を楽しむ「ジビエ会」を行いました。また、毎回「ロールケーキ」「シュークリーム」といったテーマを決めて、さまざまな店舗の商品を持ち寄り、それぞれの味の違いを楽しむ「スイーツ研究会」も開催しています。

食以外でも、フラワーアレンジメントやキャンドル作りなどのワークショップを兼ねてのランチ会など、カフェだからできる楽しみ方をいろいろ考えて実施していますが、私が最近注目しているのは「ボードゲームカフェ」です。近年、ボードゲーム人気が急上昇しており、専門店も増えています。ボードゲームはルールを覚えやすく、知らない人同士でもすぐに仲良くなれるのが魅力です。私は昔ボードゲームの会社にも勤めていたので、ボードゲームカフェに行くと当時の知識を生かすことができます。勤めていた頃は遊んでいなかったので、不思議に感じますね(笑)。

カフェの開店支援講座は自身の活動を振り返るきっかけにもなった

――仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

2016年に自身のカフェがある地域の自治体により、キッチンスタジオを備えた施設を使用してイベントを行うという企画が立ち上がりました。そこで「カフェ・飲食店開業支援講座」の開催をプレゼンテーションし、認可を受けて実施することができました。店舗以外で講座を開講するのは初めてで、何を語ればいいか、道具は何が必要かと準備に苦労しました。しかし、説明会には50名近い参加者が集い、関心度の高さを改めて認識しました。講座終盤では私のカフェを利用して実際に受講者に「1Dayカフェ」を運営してもらうなどさまざまな試みをしながら、自身の仕事について振り返る機会にもなりました。受講生からも好評で、中にはカフェの店長になった人もいます。

講座は実績を認められ2回目実施のオファーをいただき、今後も継続して行っていく予定です。カフェ経営だけでなく、地域の活性化にも貢献できるよう活動していきたいと思います。
 
 
ボードゲーム会社で働いていた経験がカフェのイベントとして役に立っていると語ってくれた大澤さん。フラワーアレンジメントやキャンドルづくりなど、カフェではさまざまなイベントを行っているのですね。カフェプランナーの仕事に興味を持った人は、食に限らずさまざまなものに触れてみるといいかもしれません。
 
 
【profile】Café戸田日和lab. 大澤有理
公式HP:http://www.todabiyori.com/index2.html

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「カフェプランナー」
はこんな仕事です

カフェの開業・運営をサポートする仕事。開店や立て直しを目指す店やオーナーに、経営のノウハウをアドバイスする。そのため、不動産・建築、内装・設備、メニュー開発、サービスや人材、コスト管理など、カフェビジネスに関する総合的な知識とプロデュース力が必要で、日本カフェプランナー協会が実施する民間資格もある。飲食業の経験や知識を生かし、自ら経営する店を成功させた人がカフェプランナーとして活躍する場合が多い。消費者のニーズや動向を見定め、幅広い人脈や信頼関係を築いておくことも大切だ。

「カフェプランナー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける