シェア自転車からコインランドリーまで!?進化し続けるコンビニの“今”

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

シェア自転車からコインランドリーまで!?進化し続けるコンビニの“今”

2018.04.16

提供:拓殖大学

メイン
テーマ

シェア自転車からコインランドリーまで!?進化し続けるコンビニの“今”

「必要なものを必要なときに買える」という利便性から、今や私たちの生活に欠かせない存在となったコンビニ。2018年現在、その数は全国で約56000店舗に及び、おにぎりやパン、スイーツなど高いクオリティで多くのファンを生み出すまでになりました。さらに「食べものや日用品を提供する」という従来のサービスにとどまらず、さまざまな“代行サービス”を提供する店舗も登場。時代の変化に伴い、社会から求められる役割も大きく変わったコンビニの“今”を覗いてみましょう。

この記事をまとめると

  • コンビニサービスはより便利な生活の実現に向けて多様化している
  • セーフティネットとして地域社会との結びつきが強化
  • 拓殖大学商学部ではリアルなフランチャイズビジネスが学べる

“便利”が止まらない! コンビニですべて済ませられる時代も近い!?

弁当、スイーツ、文房具、化粧品、本、衣料品……。コンビニは圧倒的な商品ラインナップを揃え、“必要なものを、必要なときに、すぐに買える”サービスで人気を集めていますが、それはコンビニが提供する一部のサービスに過ぎません。全国各地で増え続けるコンビニ数と比例するようにそのサービスも多様化し、今やコンビニは“さまざまな顔”を持つようになりました。

みなさんのなかには、スマートフォンの支払いをコンビニで済ませている人も多いのではないでしょうか? 今や公共料金やコンサートなどのチケットの決済が可能になったり、宅配便の荷物を受け取れたり……。なかにはシェア自転車やコインランドリーを提供するコンビニも出てきているようです。

今後も私たちをあっと驚かせるようなサービスが続々と登場し、今以上になくてはならない存在になっていくでしょう。

コンビニは地域社会の安全を守る“司令塔”

また、コンビニはもう一つ大きな役割を担っています。
2000年に、「まちの安全・安心の拠点になってほしい」という警察庁の要請を受け、コンビニのセーフティステーション(以下SS)活動が始まりました。SS活動とは、コンビニが良質な商品やサービスを提供するだけでなく、「安全・安心なまちづくり」と「青少年環境の健全化」を目的として行う自主的な活動をいいます。

・「安全・安心なまちづくり」
防犯・防災体制の強化や、女性や子どもの駆け込みに対応するなど
・「青少年環境の健全化」
未成年者への酒やたばこの販売禁止や、近隣住民の迷惑となるたまり場化を防ぐなど

他にも、地産地消による地域活性化や防犯パトロールなど、多様な取り組みを実施しており、地域社会とコンビニの結びつきは年々強まっているといえるでしょう。

現場責任者が多数登壇! フランチャイズビジネスは拓殖大学で学ぼう

多彩なサービスを提供するだけでなく、セーフティネットとして地域社会の安全に貢献するなど、さまざまな顔を持つコンビニ。そこで重要な役割を担うのが、コンビニオーナーです。

現在、コンビニ業界はフランチャイズビジネスが主流です。フランチャイズとは、本部からブランドやノウハウを享受するかわりに、一定のロイヤリティを支払うシステムのこと。コンビニ以外でも、今やさまざまな業種でフランチャイズが登場しており、今後も成長が見込まれるビジネスモデルです。

そんなフランチャイズビジネスを、拓殖大学の商学部では専門的に学ぶことができます。日本フランチャイズチェーン協会から拓殖大学への「寄付講座」として開催される講義では、名だたる企業の経営者や、各企業の実務責任者が講師として登場。“現場の声”を聞けるまたとないチャンスといえるでしょう。あなたも拓殖大学商学部で、フランチャイズの今を学びませんか?

【広告企画】提供 : 拓殖大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「商学」
はこんな学問です

企業と消費者を結び付けるビジネスそのものを学ぶ学問。経済学が企業を取り巻く経済活動を研究し、経営学が企業内の経営管理を主な研究テーマとするのに比べて、商学は、商業という個別の企業と消費者の関係に注目する。たとえば、マーケティングでは、消費者との持続的な関係をいかに築くかがテーマとなり、ターゲットである消費者の特性に応じたアプローチが研究される。また、商取引に関わる分野としては、ほかに貿易、金融などが挙げられる。

「商学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける