小学生からシニアまで、誰でも気軽に起業できる時代! ネットはビジネスも“やさしく”してくれるんです!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

小学生からシニアまで、誰でも気軽に起業できる時代! ネットはビジネスも“やさしく”してくれるんです!

2018.04.16

提供:専修大学

メイン
テーマ

小学生からシニアまで、誰でも気軽に起業できる時代! ネットはビジネスも“やさしく”してくれるんです!

現代は、カードゲームを発売するために起業した小学生から犬の散歩代行業を始めるシニア世代まで、幅広い人々がビジネスを始める時代。ネットとパソコンさえあれば誰でも気軽に商品を販売でき、お客さんを探すことも可能、売上や経費の管理もパソコンで簡単に行えるなど、従来に比べ宣伝費や人件費などのコストはかからなくなったことが、起業へのハードルを低くしたのです。一方で起業しても約7割が3年で倒産しているのも実情。では、ビジネスとして成功させるためには何が必要なのでしょう?

この記事をまとめると

  • ネットやコンピュータの普及・発展によって、あらゆる世代の人々が起業できる時代へ。
  • 起業は簡単でも、成功は困難。3年で倒産する会社が約7割!
  • 専修大学ビジネスデザイン学科では、ビジネスにおけるさまざまな要素を学べる。

カードゲームから犬の散歩代行業まで、いまや新規ビジネスはIT企業だけじゃない!

一昔前までベンチャーというと、IT企業が多くを占めていました。プログラムという管理費が安い商材を扱い、ほぼ人件費のみで始められること、また時代の流れにも合致していたことがその要因だと考えられます。しかし、近年はIT業界に限らず、さまざまな分野で企業が増えているのです。

もともと家族や友人と楽しんでいた自作のカードゲームを、「会社にして発売したほうがいい」というアドバイスから一念発起。小学生にしてゲームソフト会社を起業し、対戦型カードゲームを発売した例もあります。その後もオリジナル版のカードゲームは新装版が登場、アプリも開発されるなど、着実にビジネスの幅を広げているようです。

また、シニア世代が起業した犬の散歩代行業は、フランチャイズ展開で全国にネットワークを構築。莫大な年商を稼ぐビジネスへと発展しました。特にシニア世代の起業においては、国や地方自治体による資金や補助金などの優遇制度も充実しており、注目を集めています。

あらゆる世代の人々の起業を容易にしたのが、ネットやパソコンの普及・発展です。ビジネスに必要不可欠な宣伝費や人件費を、従来に比べて大幅にコストダウンでき、誰でも少ない金額(元手)からビジネスを始められるようになったのです。

新規事業は実は7割が継続できない世界…だからこそ学問が必要なのです!

しかし簡単に起業できても、3年で倒産する企業が約7割にも及びます。いくら誰でも起業できるからといっても、スタートアップ企業になるためにはやはり専門的な学びが必要なのです。

どういった層に向けてどうやって売るのかを考えるマーケティング、開発や営業などどこにどれだけのお金を使い、何に使わないかを考える経営的判断など、ビジネスは様々な要素で成り立っています。将来、自分で起業するにしても、新しい起業家の力になる道を選ぶにしても、それらの学びを習得しているかどうかは、会社を長く続け、拡大して行くために必要となっていくものなのです。

専修大学ビジネスデザイン学科では、マーケティング、経営、情報処理など、起業を成功に導く学びを展開!

専修大学では、そういった企業や経営のための知識やマーケティング、さらに情報処理技術など幅広い分野について学びを深めることができるビジネスデザイン学科を2019年4月に新設します。

新規事業を立ち上げたい人、また彼らを支援する道を望む人には、ベンチャー系と経済学を組み合わせた学びを用意。ビジネスチャンスを発見し、革新的なアイデアを具体化する力に加え、社会の大きな変化と幅広いニーズを察知し、社会の発展と調和させる力を養います。

消費者目線で新商品やサービスを生み出したい人には、マーケティング系と戦略関連の学びを提案。顧客ニーズなどに関する情報を入手・分析し、新規事業の立ち上げにつなげる、マーケティング的な視点を身につけることができるのです。同時に、マーケティング活動を組織面から支える企業の戦略を考える力を体系的に学ぶことができます。

今後、発展が期待されるICT(情報と通信の技術)でビジネスをリードしたい人には、ベンチャー系と情報系の知識や技術を育成。現代社会においてベンチャー活動や事業活性化の成否を左右する重要な要素となっているコンピュータとICTについて学ぶことができます。コンピュータやICTを活用し、具体的な解決策を生み出すことは、企業の能力を最大限に発揮可能。キャリア開発やリーダーシップの学習を通し、次代をリードする人材を育成します。

それぞれ年次が進むにつれて、チャレンジして見たいビジネスモデルに応じた学びを得られるカリキュラムが同校の特徴。今後ますますビジネスが多様化するであろう社会において、どのような業界からも求められる、自立したビジネスパーソンを目指すことができるでしょう。

【広告企画】提供 : 専修大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける