いつかは経験したい!普段のメイクとブライダルメイクは何が違うの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

いつかは経験したい!普段のメイクとブライダルメイクは何が違うの?

2018.04.16

提供:名古屋モード学園

いつかは経験したい!普段のメイクとブライダルメイクは何が違うの?

ブライダルといえば、一生に一度の晴れ舞台で、人生の主役になれる日です。メイクの世界には、ブライダルメイクという分野もあります。ですが、ブライダルメイクとはどんなメイクなのでしょうか?今回は、そんなメイクについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 身につけるドレスに負けないためのブライダルメイク
  • ベースメイクを念入りにすることでメイク崩れを起こさせない
  • 名古屋モード学園でトータルビューティを演出できるメイクアップアーティストになろう

ブライダルメイクは、普段の化粧よりも濃いのが一般的?

晴れ舞台のブライダルメイクといっても、「ブライダルメイクはこうしなければいけない」というようなしきたりやルールはありません。普段のメイクと同じで、その人に合ったメイクを考えますし、流行もあります。
人によって似合うメイクが違うのが当たり前だからです。

ただ、普段のメイクとブライダルメイクで分けられるのは、ブライダルメイクをする時に着ている服が、普段の服と違うという点です。

結婚式をする時、新婦の服装は、ウェディングドレスや和装といった姿になります。
普段着ている服とは違い、とてもゴージャスなもの。ウェディングドレスはもちろん、和装の場合でも色合いのキレイなものを着るため、それに負けないようなメイクが必要です。
結婚式の主役の花嫁が、参列する人たちに引けを取るようではいけません。一番美しく輝いているのが花嫁となるためにも、メイクの力を使って普段よりも綺麗に仕上げる必要があります。

また結婚式では、写真を多くの人から撮られます。この先、何十年と記憶に残るものですから、バッチリと決めたいという女性は多いはずです。普段のメイクと比べて、ブライダルメイクは少し濃い目のメイクになっています。

ブライダルメイクは特にベースメイクを念入りに

ブライダルメイクの中で、一番大事なのはベースメイクと言われています。

ベースメイクというと、普段は下地というぐらいの印象しかないかもしれませんが、ブライダルメイクではベースがしっかりしているかしていないかでは大きな差が生まれます。

理由は2つあります。1つは、最高の美肌を作るため。もう1つは、メイク崩れを防ぐためです。

花嫁は結婚式の日、1日中スポットライトを浴びたり、式や披露宴の中で笑ったり泣いたりすることがあります。ですが、そんな中でもメイクが崩れてしまってはいけません。

ベースメイクをしっかり行うことで、どんな状況になっても崩れにくくなります。もちろんベースメイクのノリをよくするために、結婚式前日はしっかりと睡眠をとってもらったり、なるべくストレスのない状態でいてもらうことも大事です。

またベースメイクがしっかりしていると、その後のメイクも、少し色を重ねるだけで映えるようになります。お色直しの時も、ワンポイントのメイクだけで印象を変えられるので、土台作りはとても大事なのです。

トータルビューティを演出できるメイクアップアーティストになろう!

メイクに関する最先端のことはもちろん、最新のメイク・ネイルから特殊メイク、ヘア、ファッションまで、トータルに演出できるメイクアップアーティストを目指せるのが、名古屋モード学園のヘア・メイクアーティスト学科です。

ヘア・メイクアーティスト学科では、圧倒的な撮影実習があります。カメラマンとのセッションやファッションショーなどオリジナルカリキュラムで現場対応力を磨くことができます。

さらに現場という意味では、TV・雑誌撮影、ファッションショー、ミュージカルなど、プロと同じ現場でヘアメイクを手掛ける実習もあり、実践を繰り返しながら、卒業後の自分のためになるアドバイスももらえるのが特徴です。

またヘア・メイクアーティスト学科学科には、「ヘアメイクアーティスト専攻専攻」「ブライダルアーティスト専攻」「サロンオーナー専攻」の3つがあり、自分の興味がある専門分野を深く掘り下げて学べます。
名古屋モード学園で、あなたも夢を現実にしてみませんか?

【広告企画】提供 : 名古屋モード学園

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「メイクアップアーティスト」
はこんな仕事です

雑誌やテレビで見るモデルやタレントのほとんどが美しいメイクをしているが、それを施しているのが高い技術を持つメイクアップアーティストである。塗ったり描いたりする技術だけではなく、モデルやタレントの骨格に合わせて、依頼に適したメイクを施す。撮影現場やスタジオの専属というイメージもあるが、ブライダルや化粧品メーカー専属のアーティストも数多く活躍している。メイクアップアーティストは実力次第で特定の企業に属さずフリーランスとなり、自身で事務所を開くこともできる。

「メイクアップアーティスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける