話しかけたら答えてくれる! 今話題の「スマートスピーカー」って知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

話しかけたら答えてくれる! 今話題の「スマートスピーカー」って知ってる?

2018.04.16

提供:東京工科大学

メイン
テーマ

話しかけたら答えてくれる! 今話題の「スマートスピーカー」って知ってる?

みなさんは「スマートスピーカー」って知っていますか? スマートスピーカーとは、従来のスピーカーにAI(人工知能)を搭載した機器です。AIは、「人間のように”学習”して、”推測”をする」ことができます。”推測”ができるAIが搭載されることで、処理能力が上がり、より複雑な指示をこなせるようになるのです。スマートスピーカーのように、今まであった商品と、”推測”ができるAIを組み合わせることで、活用の幅はさらに広がっていくと予想されています。今話題のスマートスピーカーに着目しながら、AIの可能性を探っていきましょう

この記事をまとめると

  • スマートスピーカーは、音楽を聞く、ネット検索をするなどいろいろなことができる。
  • 東京工科大学の人工知能(AI)研究会では、全学部横断でAIの研究に取り組んでいる。
  • 多様な分野で、先端技術と豊かな教養を育む東京工科大学

「スマートスピーカー」はこんなにいろいろなことができる!

AI(人工知能)とは、人間の脳が行っているような知的な作業をコンピュータが行うシステムのこと。正解・不正解を見分けるだけでなく、AI自身が持っている知識や経験と照らし合わせて、”推測”を行うことができます。この”推測”ができることで、より人間の脳に近い働きをコンピュータが行うことができ、複雑な指示も行えるようになるのです。

このAIが搭載されている最新機器が「スマートスピーカー」です。スマートスピーカーとは、音声で操作する「AIアシスタント」機能を備えているスピーカーのこと。別名「AIスピーカー」とも呼ばれています。

現在、みなさんは音楽鑑賞や調べごとなどをするとき、パソコンやスマートフォンを経由してインターネットにアクセスしていますよね。スマートスピーカーでは、パソコンやスマートフォンなどを使わずに、音声のみでこれらのサービスを受けることができます。

たとえば「○○の音楽を流して」と言えば、音楽配信サービスから適した音楽を見つけ出して再生したり、「ニュースを読んで」と言えば、スピーカーがその日のニュースを読み上げてくれます。また、「今日の○○の天気は?」などと聞けば、インターネットの検索結果を音声で報告してくれるなど、検索エンジンを使った調べごとも可能です。
そのほか、覚えておきたいことをメモしたり、ロボット掃除機などの家電製品と連携して、音声だけで電源のオンオフや簡単な操作をしたりと、幅広い機能があります。

AI活用の幅は無限大! 大学でも最新の研究が進行中

このように、スピーカーひとつをとっても、さまざまなことを可能にしてくれるAI(人工知能)。大学などの研究機関では、このAIを使った新しい技術の研究・開発が進んでいます。

中でも、大学全体で研究に取り組んでいるのが東京工科大学の「人工知能(AI)研究会」です。この人工知能研究会には、東京工科大学の全学部が参加。それぞれの学部の適性を生かして、さまざまな視点からAI研究を行っています。

学部横断の分科会を設けていて、例えば「バイオAI分科会」では、がんiPS細胞の薬剤検索や、画像解析によるサケの雌雄判別を研究。「先進AI分科会」では、AIによる「雰囲気」の理解や、説明文・対話文の生成を行っています。「サステイナブル工学AI分科会」では、未来の風力発電の技術を開発。「医療AI分科会」では診断や治療へのAI応用を考えたり、「メディアAI分科会」ではゲームや広告にAIを活用する方法を考察したりと、各学部が魅力的な研究を行っています。

工学から医療まで、多彩な分野で社会に貢献する人材を育てる東京工科大学!

全学を挙げて人工知能研究に取り組むなど、先進的で多彩な研究に取り組む東京工科大学。その学問領域は多岐にわたります。

・ 工学部:環境、産業、人間が共存する持続可能な社会をめざす新しい工学「サステイナブル工学」を学修。
・ コンピュータサイエンス学部:AIや医療IoT、ディープラーニングなど、最先端の技術を研究。2019年4月にはAIコースを新設。
・ メディア学部:魅力的なアプリやアニメーション、音楽などを作る技術のほか、未来社会でメディアを活用する方法も学べます。
・ 応用生物学部:医薬品や化粧品、食品、生命科学などについての最新の知識と技術を学修。
・ デザイン学部:工業デザイン・空間デザインについて具体的なスキルを磨く工業デザインコースと、社会におけるコミュニケーションのための視覚表現を学ぶ視覚デザインコースがあります。
・ 医療保健学部:看護学科、理学療法学科、作業療法学科のほか、先端医療機器に通じた臨床工学科や、検査のプロを目指す臨床検査学科があります。

すべてに共通しているのが、国際的な教養や豊かな人間性を養いながら最新の技術を学べるということ。AIのように、最先端のテクノロジーはどんな分野とも切り離せないもの。テクノロジーが支える未来の社会で活躍するために、東京工科大学で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : 東京工科大学

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける