料理にかかせない重要な存在! 「塩」を知ることで料理がもっと美味しくなる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

料理にかかせない重要な存在!
「塩」を知ることで料理がもっと美味しくなる!

2018.04.16

提供:服部栄養専門学校

メイン
テーマ

料理にかかせない重要な存在!
「塩」を知ることで料理がもっと美味しくなる!

どのような料理にも使われる塩。味付けだけでなく、素材の下ごしらえをする際にも使う、料理をする際に無くてはならないものですね。“塩”というとイメージがすぐ湧くと思いますが、その塩にもさまざまな種類があります。岩塩、海塩だけではなく、最近ではフレーバーソルトというハーブや赤ワイン、カレーや抹茶など様々な素材の風味も混ざった塩が売られていますね。さまざまな種類がある塩ですが、料理によって使い分けをすることでより料理がおいしくなります。その組み合わせについて学びましょう。

この記事をまとめると

  • 岩塩、海塩だけではない!さまざまな塩の種類!
  • 料理の中で塩の使い方はいろいろ!塩の意外な使い方を知ろう。
  • 和・洋・中・製菓・製パンについて学べる服部栄養専門学校

岩塩、海塩だけではない!さまざまな塩の種類!

料理の味付けには欠かせない”塩”。
私たちの日常生活の中でさまざまな用途で使われています。
料理の味付けの他にも、「冬、凍結防止のために道路にまく」「お風呂の入浴剤として」などの使われ方もしていますね。

料理で使われる塩の種類は日本国内だけでなく、世界も含めて数千種類もあると言われています。それぞれ取れる場所も味わいも異なり、お店で売られている商品には細かく刻んだハーブを混ぜて一緒にしたハーブソルトや赤ワインに漬け込んだ赤い色のソルトなど加工したものもあり、味と香りを一緒に引き立てる便利なものもあります。形も岩塩などの大粒のものから、粒の細かいパウダー状のものまで、さまざまな種類があります。

これらの塩は形や大きさ、取れる場所が違うというだけでなく、料理の中では味付け以外の役割もあるって知っていましたか?

料理の中で塩の使い方はいろいろ!塩の意外な使い方を知ろう。

塩は料理の中で味付け以外でどんな使い方をしているのでしょうか。

リンゴを食べる時に切り分け放置すると、変色してしまうという経験はありませんか?
その際に使うのが”塩水”ですね。切ったリンゴを塩水につけておくと変色せず、切った状態のキレイな見た目にしておくことが可能です。

また、魚を焼くときにヒレの部分に塩をふっているのを見たことはないでしょうか。
これは化粧塩といって、魚を焼くときの焼き上がりをキレイにするだけでなく、他の部分に比べて焦げ付きやすいヒレの部分の焦げ付きを防ぐ役割もあるんです。

さらに、
クッキーなどのスイーツを作る際にも塩を使うことがあります。これは、塩には小麦粉などに含まれるグルテンと呼ばれる成分の結びつきを強くする働きがあり、クッキーやシュークリームなどの生地を作る際は生地をサクサクにする役割があります。

少し変えてみるだけで、味がより美味しくなる。料理はそんな体験の連続です。

和・洋・中・製菓・製パンについて学べる服部栄養専門学校

和・洋・中・製菓・製パンの料理全般について学べる服部栄養専門学校では、料理の中の細かい味付けまで、こだわりを持って授業を行っています。専門分野のより深い習得を目指すため、西洋料理・日本料理・中国料理・製菓製パン、ワインサービス、食品学、臨床栄養学等それぞれに「専任教授陣」を揃えています。

さらに、授業の中で扱う食材は、一流ホテルやレストランで仕入れているものと同様に良質なものを使用しています。築地から毎朝届けられる新鮮な魚や厳選された野菜など良質なものばかり。味付けだけでなく、一流の食材を使用することで食のプロフェッショナルとしての「選食力」も養います。

服部栄養専門学校では常に就職先と連携し、“現場が求める”人材を育てるカリキュラムを組んでいます。担任や担当の親身な就職指導と「業界から必要とされる人」「現場ですぐ活躍できる人」を育てるシステムで、就職先から高い信頼を得ている結果、1人当たり約20件の求人があります。さらに、HATTORI食育クラブの幅広い活動により、業界との結束もさらに強まっています。

あなたも服部栄養専門学校で「食」のプロフェッショナルを一緒にめざしましょう。

【広告企画】提供 : 服部栄養専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける