英語・第2外国語ができると世界が変わる!異文化体験から身につけるホンモノのコミュニケーション力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

英語・第2外国語ができると世界が変わる!異文化体験から身につけるホンモノのコミュニケーション力

2018.04.16

提供:日本外国語専門学校

英語・第2外国語ができると世界が変わる!異文化体験から身につけるホンモノのコミュニケーション力

もし、英語が喋れたら何をしたいですか?語学を学んで、さまざまな国の人たちとコミュニケーションをとることはとても有意義です。
しかし、語学を学んでそこで終わりではありません。同じくらい大事な文化を学ぶことでより深く理解し、本当のコミュニケーションが取れるのです。異文化体験から身につく力を学びましょう。

この記事をまとめると

  • 英語は様々な国の共用語となっている
  • 語学だけでなく、その国の文化を学ぶことも大事
  • 日本外国語専門学校では多彩な留学・異文化体験プログラムを体験できる

もし、あなたが英語を喋れたら何をしたいですか?

もし、あなたが英語を自由自在に喋れたら何をしたいですか?

海外旅行や留学に行きたいという方もいるでしょうし、海外の企業で働きたいという方、海外に住みたいという方もいるでしょう。
今や、世界で英語を使用する人たちは4人に1人とも言われており、「共用語」と言っても言いすぎではありませんね。

将来、グローバル展開する企業に勤めたら、数カ国の方と同時に英語で会議ということも普通です。
旅行でも、仕事でも共通して大切なのはコミュニケーションです。

まずはこちらの意思を伝えるところから始まるわけですが、英語に慣れてきて、自分の考えを自由に相手に伝えられるようになった時、何を気をつけなければいけないでしょうか?

それは相手の文化的背景を理解し、多様性を認め合うことです。
それぞれの国・民族に固有の民族的・宗教的風習やマナーというものがあります。

日本人同士であれば、「失礼なしぐさ」「失礼な表現」はすぐにわかると思います。

しかし、日本人にとっては褒めているつもりでも、国や地域によっては失礼にあたることもあるのです。

語学を学ぶだけでは知ることができない部分、どうしたらいいのでしょうか?

語学+「海外研修」で身につくホンモノの異文化コミュニケーション力

海外の方々と、その文化的背景を理解した上で多様性を認め合って交流する「ホンモノの異文化コミュニケーション力」を身につけるには?

一番の近道はやはり「自身で異文化に触れる体験をする」こと。
その国の文化や風習についても体感することで、その国の言語をより深く理解できるのです。

たとえば日本外国語専門学校では、毎年30以上の「海外研修」「短期留学・スタディツアー」プログラムを用意。
学生たちはそれぞれの希望や目的にあわせ、アメリカ・カナダ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イタリア・フランスなどの欧米諸国や、韓国・中国・ベトナム・タイなどアジアのさまざまな国に飛び出し、現地の大学などで語学を学びながら同世代の学生たちと交流。そして衣・食・住さまざまな角度から文化を体感。

世界遺産なども巡り、歴史的背景も深く学ぶことで視野を大きく広げ、人間的にも大きく成長して帰国します。

中には「サンドイッチ留学」で現地に約1年間長期留学を実現し、語学力を飛躍的に向上させる学生も。
卒業後の海外大学進学も含め、「学生1人ひとりに合った」留学スタイルが支持され、多くの在校生たちが異文化体験を実現しています。

学内でも異文化を体験!日本外国語専門学校だから学べる世界の言語

日本外国語専門学校では、学内にいながらにして、世界各国の異文化に触れることができます。
学内には語学教育の専門家である経験豊富なネイティブ教員たちがいるからです。

アメリカ、イギリス、韓国、ベトナム、タイ、イタリア、中国などの出身者であるネイティブの先生たちと、楽しくて活発なレッスンができます。

第1外国語として英語・韓国語・中国語・ベトナム語・タイ語・イタリア語・フランス語を学べるだけでなく、
選択科目などで「第2外国語」として、上記に加えスペイン語・ポルトガル語なども履修可能。

学生たちは自分の興味や将来の目標にあわせ、さまざまな外国語を選択。
アルバイトやボランティアなどを通じて「使う・通じる喜び」を感じながらイキイキと取り組んでいます。

また、まだまだ国内ではマイナー言語であるベトナム語やタイ語は、就職活動の時にも企業からの注目度が高いようです。

みなさんも日本外国語専門学校で、世界各国の異文化を体験し、世界中の人と話ができる人材になってください。

【広告企画】提供 : 日本外国語専門学校

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける