よく見ると面白い動物のかたち。動物のかたちを知り、動物を理解しよう

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

よく見ると面白い動物のかたち。動物のかたちを知り、動物を理解しよう

2018.04.16

提供:専門学校ビジョナリーアーツ

よく見ると面白い動物のかたち。動物のかたちを知り、動物を理解しよう

大人から子どもまでいつ行っても楽しめる動物園。さまざまな種類の動物がいますが、シマウマやゾウなど、動物によって、いろんな特徴があります。動物たちの特徴や習性を知ることで、より楽しむことができますね。なぜ動物たちにはそれぞれ身体的な特徴があるのでしょうか? また、動物の習性や特徴を理解し、面倒を見る仕事について学びましょう。

この記事をまとめると

  • 動物によって異なる特徴を知ろう!
  • 多彩な動物の飼育をする動物飼育員
  • 動物と触れ合い動物から学ぶ専門学校ビジョナリーアーツ

なぜ動物によって、目の位置が異なったり、鼻が長かったりするの?

大人から子どもまで、幅広い年齢層のお客さんが楽しめる動物園。動物園にはシマウマからゾウやトラ、キリンなど、普段身近で見ることのできない動物たちがたくさんいてワクワクしますよね。

動物はそれぞれに身体的な特徴を持っていますが、その特徴はさまざまです。
それぞれの動物の身体的特徴にはどんな意味があるのでしょうか?

例えば、草食動物のシマウマは、私たち人間と違い、”目”の位置が顔の両側にあります。これは、草食動物であるシマウマの天敵となるライオンなどの肉食動物から身を守るためのもの。
シマウマは目が顔の両側についていることで、広く見渡せるようになっています。その見える角度はほぼ350度と言われており、頭の真後ろ以外はほぼ見えるというわけです。私たち人間の見える角度が200度と言われているので、かなり広い視野を持っていることがわかりますね。

また、ゾウは特徴の一つに鼻が長いことがありますね。
これは、体の大きなゾウがえさを食べるときや、水を飲むときに便利なのです。
ゾウの祖先は現在のゾウのように鼻が長くはなかったと言われています。体が大きなゾウはえさを食べるときや水を飲むときに、わざわざかがまなければいけませんでした。大きな体で頻繁にかがんでいては、そのたびにエネルギーを使いますし、敵に襲われる危険性も増します。そのため、鼻が長くなり、自在に使えるよう進化したと言われています。

それぞれの動物の特徴には、外敵から身を守ったり、生きていくために必要な理由があったんですね。

多彩な動物の飼育をする動物飼育員

動物園にいる動物たちを一般家庭で飼育している人は少ないと思います。

近年では「エキゾチックアニマル」と呼ばれるペットに注目が集まっています。
このエキゾチックアニマルですが、『あまり飼育されていない珍しい動物』や『犬や猫以外の動物』『海外から入ってきた動物』という意味で用いられます。

ウサギやフェレット、ハムスターやリクガメ、オカメインコ などがエキゾチックアニマルの中でもペットとして飼育しやすいとして、人気が出ています。飼い主によくなつく種類もおり、最近では飼育している人も増えています。動物病院では、犬や猫を専門に診ているという病院も数多くあるため、飼育の際には飼育法や習性などをよく理解した上で飼育することが大切です。

一方、私たちの身近にいる犬や猫は「コンパニオンアニマル」と呼ばれています。
コンパニオンアニマルは「人と長い歴史を共に暮らしてきた身近な動物」のことを言います。一方的な愛情の対象としてではなく、心を通わせる家族や友達、伴侶としての意味で使用される言葉です。

犬や猫だけでなく、ハムスターやインコ、動物園にいるゾウやシマウマももちろんそれぞれ習性も違えば、性格も異なります。
それらを理解し、飼育していく仕事が動物飼育員です。
動物園で働く場合、一人で数種類の動物を担当し、餌やり、健康状態のチェック、園舎の掃除などの基本的な業務があります。
日々の動物の様子を観察・記録し、わずかな体調変化も見逃さないことが求められます。さらに、ユニークな展示方法で人気を集めるなど、動物の生態に即した環境を整えつつ、多くの来園者に動物の魅力を楽しんでもらえる企画を考えることも重要な仕事となっています。

動物が好きなことが大前提で大変なことが多い仕事でもありますが、愛情を注いだ分、動物たちが応えてくれるとてもやりがいのある仕事です。

動物と触れ合い、動物から学ぶ。専門学校ビジョナリーアーツ ペット学科

専門学校ビジョナリーアーツ ペット学科では、動物飼育員になるためのさまざまな学びを提供します。
多くの動物たちが生活する学内のアニマルビレッジでは、「飼料づくり」や「清掃や衛生管理」、「動物たちの安全管理・健康管理」など、動物飼育において欠かせない知識や技術を在学中から身につけることができます。
学内では犬や猫だけではなく、さまざまな種類の動物を飼育しており、入学後から動物の種類に合わせた飼育方法を実践しながら学ぶことができます。

また、中目黒にはビジョナリーアーツがプロデュースするスタイリッシュなペットショップがあります。店頭にはペット用グッズや手づくりフードが並ぶほか、トリミングサロン、トレーニング施設などを完備。店頭での接客や、電話対応、事務作業、ペットショップの運営・マネジメントに関する総合的実務を学ぶことができます。
学生は、ビジョナリーアーツと提携するこのプロの現場で、たくさんのプロから直接学び、現場を学ぶことができます。

あなたもビジョナリーアーツで夢中になる2年間を体験しませんか。

【広告企画】提供 : 専門学校ビジョナリーアーツ

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「動物園の飼育係」
はこんな仕事です

動物園で動物を飼育する仕事。一人で数種類の動物を担当し、餌やり、健康状態のチェック、園舎の掃除などが基本的な業務となる。日々の動物の様子を観察・記録し、わずかな体調変化も見逃さないことが求められる。さらに、ユニークな展示方法で人気を集めるなど、動物の生態に即した環境を整えつつ、多くの来園者に動物の魅力を楽しんでもらえる企画を考えることも重要な仕事となっている。また、動物園で飼育する希少動物の繁殖に取り組むことも大切な役割である。

「動物園の飼育係」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける