“幸せホルモン”で美を制する! マッサージ技術だけじゃない、エステティシャンに求められるチカラ!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

“幸せホルモン”で美を制する!
マッサージ技術だけじゃない、エステティシャンに求められるチカラ!

2018.04.16

提供:高津理容美容専門学校

“幸せホルモン”で美を制する!
マッサージ技術だけじゃない、エステティシャンに求められるチカラ!

近年注目されるようになってきた“幸せホルモン”オキシトシン。エステティックマッサージでの分泌促進はもちろん、他者との会話などでも分泌されることが分かってきています。カウンセリングからマッサージまで行うエステティシャンは外側だけでなく、内側からも美を追求しており、エステティシャンに必要とされる能力はマッサージ技術だけにとどまりません。お客様の対する信頼関係を築くコミュニケーション力や思いやりの心を育て、“幸せホルモン”分泌を促し内側、外側双方の美を制するエステティシャンを目指せ!

この記事をまとめると

  • エステティックマッサージの効果で“幸せホルモン”が分泌し、美容効果に繋がる。
  • カウンセリングでも“幸せホルモン”が分泌?信頼関係と“幸せホルモン”の関係。
  • 人に対する想いを日常生活の中で育てていくことが大切。それがエステティシャンを支えるチカラとなる。

“幸せホルモン”オキシトシンとは? エステティックマッサージと“幸せホルモン”の関係。

オキシトシンという名前のホルモンのことを皆さんは知っていますか?
最近の美容業界ではよく耳にする“幸せホルモン”。それがオキシトシンです。
オキシトシンは出産に深く関わるホルモンで、女性と密接な関係のあるホルモンの一種です。実はこの“幸せホルモン”が体に与える効果が美容に結びついていることが分かっているのです。

怒ったり、イライラして頭に血が上ったりすると心拍、血圧が上昇し血中のストレスホルモンの分泌が促進されてしまうのですが、このオキシトシンはちょうど真逆の作用をしてくれます。オキシトシンには心拍数を抑え、血圧の上昇を防ぐ効果があり、体を中からリラックスさせてくれるのです。このリラックス作用が自律神経を整え、適度な眠気を促し、心身ともにリラックスして眠ることで、質のよい睡眠をとることができるのです。

実は、このオキシトシン、『心地よいと感じるスキンシップ』で分泌が促されるということが分かってきたのです。マッサージによって血液とリンパがスムーズに流れるようになり、手のぬくもりやアロマで体が温まってくると、心も体もリラックスした状態になり、穏やかさや安らぎを感じるようになります。
これが“幸せホルモン”たるゆえんであり、エステティックマッサージとオキシトシンの関係です。

“幸せホルモン”分泌促進のキーワードは『信頼行為』? マッサージ以外でも“幸せホルモン”は分泌する。

オキシトシンの分泌は、先に紹介したようなマッサージでも分泌されるのですが、それ以外の行為によっても分泌が促進されます。

オキシトシンは“幸せホルモン”以外にも“愛情ホルモン”“絆ホルモン”とも呼ばれ、頭を撫でる、撫でられる、恋人と触れ合う、ハグする、赤ちゃんを抱くなど他者とのスキンシップで分泌されたり、家族団らんで食事をしたり、友達とおしゃべりするという行為でも分泌されることが分かってきています。
要は、好感を抱く相手との交流で分泌が促進されるようです。

エステティシャンはマッサージ施術の前に必ずお客様のカウンセリングを行います。
来店直後の様子も伺いつつ、カウンセリングシートへ記入する様子や記入した文字の様子、声の大きさやトーンなど様々な情報からお客様の要望や本音をカウンセリングします。言葉だけでなく表情や態度を見ながら、気持ちよく話してもらうために相槌を打ったり共感したりします。
お客様との距離を縮め、本音を聞きだせるような信頼関係になったとき、その会話の最中でも“絆ホルモン”が分泌されるのです。

マッサージを受ける前から“幸せホルモン”が分泌しているかもしれませんね。

技術だけじゃない!エステティシャンとして学ぶべきもの、身につけるべきもの。

エステティシャンは、マッサージの技術習得のための練習やカウンセリングのノウハウの勉強はもちろん、肌や体、頭の構造や整理解剖学、栄養学、化粧品学、大脳心理学、心理学などについても学びます。このような知識の習得がエステティシャンとしても基礎の基礎になる重要なものとなります。

しかし、実は普段の生活の中から学ぶべきことが非常に多くあるのです。
挨拶や言葉遣い、マナーなどは『おもてなし』や『癒し』の入り口であり、普段のコミュニケーションのなかで、相手が何を考え、何を望んでいるかを汲み取って対応する思いやりが、いい『カウンセリング』の第一歩とも言えるでしょう。もちろん、自分を信頼して来店していただけるお客様ができた時に休んでなんていられないので自己管理能力も非常に重要で、限りある時間で来店していただけるお客様へ無駄のない対応をするためには時間の管理能力も重要になってきます。
ただ、こうした授業では学ばないことや普段の所作や人に対する想いというのは一朝一夕では身につくものではありません。
日常的に意識し、繰り返すことでしか身につかない能力。それがエステティシャンとしての自分を支えるものになってくるのです。

外側だけでなく内側からも美を追求し、美を制する!
あなたがそんなエステティシャンになったときには、あなたも“幸せホルモン”にあふれているかもしれません。

【広告企画】提供 : 高津理容美容専門学校

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エステティシャン」
はこんな仕事です

理容・美容以外の美容サービスで、身体と心をリラックスさせる仕事。エステティックサロンや美容室、レジャー施設やスポーツジムに設置されたサロンなどで、トリートメント・脱毛などの施術を行う。大別してフェイシャルエステティックとボディーエステティックがあり、フェイシャルは主に皮膚のパックなどによるスキンケア、ボディーは全身のケアで、スキンケア、プロポーションメイキング、リラクゼーションなどに分かれる。いずれも本場は海外だが、近年日本でも需要が拡大している。

「エステティシャン」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アロマテラピスト」
はこんな仕事です

アロマテラピーとは、植物から抽出された精油を肌に塗り、その香りで心や身体のストレスを取り除く自然療法を指す(『アロマセラピー』ともいう)。専門的知識を持ってアロマテラピーを行う技術者が、アロマテラピストである。サロンで施術を行う他、ショップやカルチャー教室で個人の愛好者への指導を行うなど、活躍の場は幅広い。身体に優しい療法として一般の愛好家も増えているが、精油を取り扱う上で専門的な知識を要する場面もあり、アロマテラピストの需要は高まってきている。

「アロマテラピスト」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スパトリートメントセラピスト」
はこんな仕事です

肌や筋肉の若返りや、血液循環を高める効果が得られるといわれる温泉や鉱泉を含む水を用いて、施術を行うセラピストのこと。高い技術力と豊富な知識を必要とするが、スパ、エステティックサロン、ホテルなどで多くの需要がある職業でもある。水の効能と全身のマッサージを組み合わせた施術により、身体が本来持っている自然治癒力を高め、健康な身体へと導くことができる。個人開業をしたい人だけでなく、スキルアップを目指し、テクニックを習得するエステティシャンも多い。

「スパトリートメントセラピスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける