囚人のジレンマ、トロッコ問題……答えの出ない思考実験は社会にどう影響しているのか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

囚人のジレンマ、トロッコ問題……答えの出ない思考実験は社会にどう影響しているのか?

2018.06.06

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

囚人のジレンマ、トロッコ問題……答えの出ない思考実験は社会にどう影響しているのか?

通学の電車やバスで並んでいる時、並ばず横から入れば座れるのに……。そんなことを思ったことはありませんか? でも実際にそうすればめちゃくちゃになってしまうと分かっているので、皆さんはやらないと思います。このように日常生活で感じるさまざまなジレンマ。実はこれに関係する思考実験があることを知っていますか?

この記事をまとめると

  • 「囚人のジレンマ」は社会的ジレンマの一例
  • 道徳的ジレンマの例として「トロッコ問題」がある
  • 物事の本質を問う哲学は、人が形成する社会で関わり続けていく

思考実験の代表格「囚人のジレンマ」とは?

高校生の皆さんも生活している上でジレンマを抱えることがあるのではないでしょうか?
行列に横入りする例のように自分の損得感情と社会的影響を考え、葛藤する状態を「社会的ジレンマ」といいます。まずは社会的ジレンマの代表例である「囚人のジレンマ」について紹介します。

囚人のジレンマは、1950年に数学者アルバート・タッカーによって考案されました。その内容は、共犯関係にある2人の容疑者が証拠不十分のまま逮捕されるところから始まります。検事は自白を促すために、2人を別の部屋に連れて行き、司法取引を持ち掛けます。

・本来はそれぞれ懲役5年だが、2人とも黙秘をしたら証拠不十分で減刑となり、2人とも懲役2年になる。
・片方が自白をしたら、自白したものはその場で釈放。自白しなかった者が懲役10年になる。
・2人とも自白したら、判決どおり懲役5年になる。

黙秘を貫けば刑が軽くなりますが、自分だけ自白をしたら釈放です。しかし相手が自白しているかどうかは確認できません。ここでどれを選べば最も利益を得られるのか、というジレンマが発生するのです。

先ほどの文化祭の例だけでなく、日常生活でこのような社会的ジレンマは多く存在します。街にゴミが落ちていない状況もこの一つといえます。飲み終わったペットボトルを道端に捨ててしまえば、荷物が減り良いという考えがあるかもしれません。しかしみんなが同じように捨てていくとゴミが溢れかえってしまうので、ポイ捨てをしない人が多いのではないでしょうか。

「トロッコ問題」も有名な思考実験の一つ

社会的ジレンマと同様に有名な思考実験の一つに「道徳的ジレンマ」があります。道徳的ジレンマとは、どちらを選択しても良くないことが起こってしまうような状況の中で起こる葛藤のことを指します。具体例として、「トロッコ問題」があげられます。これはどのようなものかというと、

・ブレーキの効かない暴走したトロッコが走ってきて、その先には5人の作業員がいる。そのまま進むと5人の作業員は間違いなく犠牲になる。
・たまたま線路の分岐点に1人作業員がいた。トロッコの進路を変更すれば5人は助かるが、変更した先には1人の作業員がいる。5人を助けるために1人を犠牲にするべきかどうか。

この問題の本質は、ある人を救うために誰かを犠牲にしても良いのか、という点です。そんな問題に誰もが納得する明確な答えを出せる人はいません。人の命を推し計り結論を出すということは非常に難しいことであるがゆえに「トロッコ問題」は何十年も議論が交わされるのです。

答えが出ないことは決して無意味ではない!

囚人のジレンマもトロッコ問題も何十年も前に生まれた問題です。物事の本質を問う優れた思考実験は、どんなに技術が発達して便利な世の中になったとしても、人が社会を形成していく限り続いていくことでしょう。

人工知能などなかった時代に生まれた哲学・思想は現代でも考えなければならない命題として残っています。社会とは・人生とはという問いに対して、その歴史とともに研究し掘り下げる学問が「哲学」です。多様性のある社会の中で、誰もが納得できる答えを考え続ける哲学。物事をとことん掘り下げてみたい、そんな人は一度哲学に関する本を読んでみてはいかがでしょうか。

【出典】
Weblio
https://www.weblio.jp/content/%E5%9B%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

第1回 哲学ってなんだ?
http://www.webchikuma.jp/articles/-/23

『戦略的ゲーム理論 実践ワークブック』中野 明 著

トロッコ問題とは何か? 自律走行車は「人を守るために人を殺すこともある」
https://wired.jp/2017/03/20/robocars-will-sometimes-kill/

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「哲学」
はこんな学問です

哲学は、古代ギリシア時代には学問全般を指していたが、近代に入って学問が専門分化していくなかで、あらゆる学問の基礎となる学問、世界や人生の根本となっている原理を探究する学問として位置付けられるようになった。また、哲学という学問には、もう一つの領域がある。それはヒンドゥー教・仏教の思想から生まれたインド哲学、儒教・道教などの思想から成り立つ中国哲学のように、アジアの世界観や人生観・自然観から育まれた東洋哲学である。

「哲学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける