“子どもと一緒に”成長する保育士、幼稚園教諭という仕事のやりがいとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

“子どもと一緒に”成長する保育士、幼稚園教諭という仕事のやりがいとは?

2018.04.16

提供:新潟青陵大学短期大学部

“子どもと一緒に”成長する保育士、幼稚園教諭という仕事のやりがいとは?

「子どもが好きだから、子どもにたずさわれる仕事をしたい」と考える時、まず思いつくのは保育士や幼稚園教諭という仕事。みなさんは、この2つの職種の仕事内容や違いについて知っていますか? 保育士や幼稚園教諭は、子どもと遊ぶだけが仕事ではありません。子どもと一緒に成長できるからこそ味わえるやりがいや楽しさについて、一緒に学んでみましょう。

この記事をまとめると

  • 子どもの生活面の援助をする保育士は、親の代わりの役目を果たす
  • 子どもの情操教育を行う幼稚園教諭は、先生の役割を果たす
  • 幼稚園が隣接している新潟青陵大学短期大学部幼児教育学科は、学びの環境が充実している

子どもたちの日々の成長を目の当たりにできる、保育士とは?

保育士の仕事をひと言であらわすなら、保護者の代わりとして子どもの日常生活の援助をすること。

触れあうのは、0歳児から小学校入学前の子どもたちですが、特に3歳児までは驚くほど成長が早くて、ミルクを飲み、ハイハイしていた赤ちゃんが、やがて立って歩き、言葉を話すようになっていきます。短期間のうちに目覚ましく成長する子どもたちを近くで見ることが、大きなやりがいにつながっていると言う保育士は多いのです。また、成長に伴い、今度は子どもが自分ひとりで着替えることやトイレに行くことを教えてあげる必要が出てきます。このようにやることは多く、体力が必要な場面がありますが、その分達成感も多く、子どもの可愛らしい笑顔を見たら、疲れなど吹っ飛んでしまいそうですね。

最近は、子どものいる働く女性のサポートに力を入れている企業も増えていて、会社の中に保育所を設けているケースもあるので、保育士の仕事のフィールドは広がっているんですよ。

子どもたちの個性を活かして、能力を伸ばしてあげる、幼稚園教諭とは?

保育士が0歳児からの子どもを相手にするのに対して、幼稚園教諭は3歳から小学校に入る前の子どもが対象です。

簡単な数の数え方やお絵かき、歌など、心を豊かにする情操教育を行う、先生としての役割であるのが大きなポイントです。そして、教育の一環として社会見学やお遊戯会、運動会などイベントが多いのも特徴。ですから、園児が帰ったあとはイベントの準備などに追われることもあります。
しかし、さまざまなイベントを通して園児達が楽しみ、成長していく様子が見られるのは嬉しいこと。歌は得意じゃないけれども、運動会では大活躍する園児がいるなど、子どもたちにだんだん個性が出てくるのもこの時期の特性かもしれません。

ひとりひとりの良いところをいち早く見つけて、その能力を伸ばしてあげるのは、幼稚園教諭の大きな仕事のひとつで、それが達成感につながります。大変な面もありますが、子どもが好きで、成長を見守りたいと思う人には、とっておきの仕事かもしれません。

学ぶ環境の充実した、新潟青陵大学短期大学部幼児教育学科で保育士・幼稚園教諭をめざそう!

保育士や幼稚園教諭、どちらも子どもの成長を目の当たりにできるやりがいのある仕事であり、子どもと一緒にいると、いつの間にか自分も成長させられているということがあるのです。天真爛漫な子どもたちの笑顔に接しているうちに、大人になるにつれ忘れていたものを思い出すことがあるからかもしれませんね。

新潟青陵大学短期大学部幼児教育学科は、幼児教育に関して50年の歴史があり、豊富なノウハウと実績が評価されている学校です。キャンパス内には、音楽や体育などの各種実習室を完備。さらに隣接する新潟青陵幼稚園での実習もあり、学ぶ環境はとても充実しています。保育士、幼稚園教諭のどちらを目指すにしても、十分な学びができ、希望の道に進むことができるでしょう。

大きなやりがい、達成感、そして自分も子どもたちとともに成長していきたいと考える方は、保育士、幼稚園教諭をめざしてみませんか?

【広告企画】提供 : 新潟青陵大学短期大学部

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける