”リベラルアーツ”とは、大学ならではの自由な学び方。 興味の幅を広げると、学びはもっと面白くなる。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

”リベラルアーツ”とは、大学ならではの自由な学び方。
興味の幅を広げると、学びはもっと面白くなる。

2018.04.16

提供:帝塚山学院大学

”リベラルアーツ”とは、大学ならではの自由な学び方。
興味の幅を広げると、学びはもっと面白くなる。

「リベラルアーツ」という言葉を知っていますか?古代ギリシャ・ローマを起源とする「自由な学び」のことです。「一つのことを専門的に学んで、それ以外のことはあまりよく知らない」といった学びではなく、複数の専攻分野を横断的に修得します。変化の多い現代社会では、日々新しい仕事が生まれ、それに取って代わられた仕事は消え、一つの仕事を一生ずっと続けることは難しくなるかもしれません。そこで、視野の広い基礎教養や、多様な専攻分野を選択して学ぶことで、探究心が身につきます。例えば、こんなものに興味はないですか?

この記事をまとめると

  • 現代アートの本質を理解する?作者の”伝えたいこと”を読み解く
  • あの武士の日本刀は、本物?ニセモノ?歴史の学びは”疑問”から
  • なぜK-POPが人気なのか?その秘密を解明する学び

「これ、なんだと思う?」現代アートが投げかける問い

「リベラルアーツ」で学べること。それは現代社会のすべてが対象。例えば、現代アートもそのひとつ。

皆さんは、”現代アート”に、どんなイメージを持っていますか?
難しい?理解できない?何が言いたいのかよくわからない?

例えば、世界でも有名な現代アーティストの一人、ダミアン・ハーストの作品に、こんなものがあります。縦に切断され、ホルマリン漬けにされた本物の牛。あなたはこれを、何だと思いますか?それを見たら、どう思うでしょうか?かわいそう、と思うでしょうか。研究用の標本かな、と思うでしょうか。
人によって、受ける印象もさまざま。牛を”生き物”、”標本”と捉える違い、その境界線はどこにあるのか。はっとさせられます。
そしてその境界線は普段、知らず知らずのうちに、私たちの生活の中に「常識」として張り巡らされています。現代アートは、「常識」の境界線とは違うところに線を引き、疑問を投げかけるものなのです。

あの有名な武士の日本刀は、本物?ニセモノ?

また、歴史も「リベラルアーツ」の学びの範疇です。さまざまなエピソードから読み解いていきましょう。

「日本刀は武士の宝であり分身」と言われた江戸時代、優れた刀鍛冶が作った日本刀は、相当の高値で取り引きされていました。
それなら幕末の剣豪たちは、高価で素晴らしい日本刀を持っていたのでは…と思うかもしれませんが、実は当時、本物に紛れて贋作も出回っていました。そのため、かの有名な新選組の近藤勇の「名刀虎徹」にもニセモノだったかもしれない、という説があり、剣豪の刀にさえ贋作疑惑があるのです。

歴史研究は、史実への疑いが出発点。不明確な部分の真偽を確かめるために、まずは歴史事典や学術書の精読をしますが、その「調べ方」を教えてもらえるのが大学です。あなたがふと疑問に思ったことが、歴史の新しい事実を発見するきっかけになるかもしれませんね。

なぜK-POPが人気なのか?その秘密を解明する

さらに、若者に人気のK-POPカルチャーも、「リベラルアーツ」で学べます。

ブームを巻き起こし、数年経っても未だに人気を博し続けているK-POP。なぜそれほどまでに日本人を惹きつけたのか?その魅力はどこにあるのでしょうか。

日本のアイドル界は、ファンがアイドルを育てていく「育成型」が主流。対して韓国では、完璧な型に育て上げ、アイドルとしてデビューさせることが主です。「育成型」に馴染んでいた日本人からしてみると、韓国のアイドルたちの歌やダンスの完成度の高さは目新しく、衝撃的だったことでしょう。
また、それだけではなく、アイドルたちとの「近さ」も重要なポイント。日本では握手会やハイタッチ会などを通じて、アイドルたちとの「近さ」を感じることができます。一方、韓国のアイドルたちの場合は、ファン・イベントを通した物理的な「近さ」はもちろん、SNSも巧みに使い、ファンとのコミュニケーションで心理的な「近さ」を感じさせています。また、ファッションやメイクなどを発信することによって、このアイドルのようになりたい!と思わせ、ファン心理をかきたてています。

興味の幅を広める、深める、絡める、「リベラルアーツ」という学び方

これまで挙げてきた3つの学びですが、例えば、これらをすべて組み合わせて学べば、日本や海外の文化に詳しい現代アーティストになれるかもしれません。

他にも、「韓国語×日本語教育」を学んで韓国語や韓国の文化にも精通した日本語教師をめざしたり、「歴史×博物館学芸員」の学びで”歴史”と”芸術”に関わる学芸員をめざしたり、「日本文学×イラスト×図書館司書」の学びで、古典的なものから現代的なものまで広く深い知識を持った図書館司書をめざしたり、その学びの領域を組み合わせたハイブリッドスキルで、めざせる職業はぐんと広がります。

変化の多い現代社会では、日々新しい仕事が生まれ、それに取って代わられた仕事は消え、一つの仕事を一生ずっと続けることは難しくなるかもしれません。しかし、視野の広い基礎教養を習得し、多様な専攻分野を選択して学ぶことで、さまざまな問題に対処できるスキルを身につけることができるのです。

【広告企画】提供 : 帝塚山学院大学

この記事のテーマ
総合・教養」を解説

近年、いくつかの大学が教養学部や総合学部などを新設する動きが目立っています。総合科学部や総合人間学部、国際教養学部などのように、呼称や内容に違いがありますが、一般的にはリベラルアーツや文理融合を理念としているところが多いようです。人文科学、自然科学、社会科学など、特定の学問の枠を超えて横断的に扱うこともあれば、専門分野を設けている大学もあります。自分の学びのスタイルに合った大学を選ぶことが重要です。

「総合・教養」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教養学」
はこんな学問です

人間社会や文化について、幅広い学識を備えた人材の育成をめざす学問。特定の専門分野に偏らない視点や論理性を身に付けることを目的とする。欧米の大学にあるリベラル・アーツのコンセプトを取り入れ、自然科学・人文科学・社会科学を研究テーマとし、総合的に研究する。総合的なものの見方、考え方と、柔軟な理解力、思考力など実践する力を身に付けたジェネラリストを養成する。

「教養学」について詳しく見る

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際文化学」
はこんな学問です

国際社会で起こる課題を、文化の視点から捉えて解決策を探る学問。対立ではなく共存の道を探るために、諸国の異文化間相互理解をどのように図ればよいかを研究する。世界各地域から言葉の壁を越えて発信される音楽、絵画、映像、ダンスなどの表象文化が、どのように情報伝達され、受け取られるのかなど、文化への理解が国・民族・性別を超えて人と人を結び付ける方法論を研究する。

「国際文化学」について詳しく見る

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美術」
はこんな学問です

芸術の創作者または評論者としての知識と技能を学ぶ。領域としては、平面、立体といった区分けに加えて、現在ではデジタルメディアも含まれる平面では油彩画、水彩画、日本画、立体では彫刻、彫塑が主なジャンルとして挙げられるが、伝統的な手法によらず、素材を混合した作品や、観客参加型のパフォーマンスを作品とする場合もあり、表現は広範囲に及ぶ。学校では技能だけでなく、画材の専門知識、美術史も学び、理論と実践の両面で専門性を高める。

「美術」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける