人の役に立つ仕事に就きたい。 そんな人には介護福祉士がおすすめです。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

人の役に立つ仕事に就きたい。
そんな人には介護福祉士がおすすめです。

2018.04.16

提供:長野社会福祉専門学校

メイン
テーマ

人の役に立つ仕事に就きたい。
そんな人には介護福祉士がおすすめです。

全人口に対して65歳以上の人口が21%を超える「超高齢社会」に突入した日本。高齢人口の増加に伴い、「介護保険制度」など福祉施策の改正が行われ、今や利用者が福祉サービスを選べる時代になりました。そんな“質の高い介護サービス”が求められる中で、ニーズが高まり続けている職業が介護福祉士です。「お年寄りの介護をする」というイメージが強い介護福祉士ですが、仕事内容は多岐にわたります。現代の日本で求められる介護福祉士とはどのような人たちなのでしょうか。その仕事を覗いてみましょう。

この記事をまとめると

  • 利用者やその家族をサポートするプロフェッショナル
  • 介護福祉士は「人の役に立てる仕事」。キャリアアップも可能!
  • 技術と人間性の両面を備えたスペシャリストになるために 長野社会福祉専門学校で学ぶ

利用者のQOL向上をサポートする介護福祉士という仕事

介護サービスの中心的存在・介護福祉士。その仕事内容は大きく2つに分けられます。
(1)利用者の家事全般をサポートする「生活援助」
(2)利用者の体に直接触れて介助する「身体介助」
まず(1)の「生活援助」は、利用者本人やその家族の日常生活をサポートするものです。洗濯や食事の準備、掃除など家事全般を援助することで、利用者の生活を充実させる役割を担っています。
次に(2)の「身体介助」は、入浴や食事、通院、移動の介助など、利用者の体に直接触れながらサポートします。利用者に対してより密接な援助が必要になる分、腰痛持ちの利用者に対して痛みを感じさせないように工夫するなど、利用者の健康状態に十分配慮した対応が求められます。
※いずれも業務内容は事業所によって異なります。

これら2つ以外にも、利用者の家族に対して家庭介護のアドバイスや相談にのることも介護福祉士の仕事です。はじめて介護を経験する人にとっては、「介護食」の作り方などわからないことばかり……。そのような不安を解消することも、介護のプロフェショナルである介護福祉士の役割。介護する人の思いや、利用者の状況に応じて、的確なサポートが求められるのです。

「ありがとう」。 何ものにも代えがたいその一言のために

しかし、利用者やその家族の“できないこと”をサポートすることだけが介護ではありません。忘れてはいけないのが、利用者の自立を支援すること。利用者が一人でできそうなことはできるだけ任せてみる、最低限の介助に留めるなど、その人の能力を最大限に発揮できるように促すことで、利用者が生きがいや希望を持って生活できるようになるのです。「利用者が生き生きと生活している」。この姿を見ることこそ、介護福祉士の一番のやりがいといえるでしょう。

さらに、介護福祉士は利用者と接する時間が長く、密な関係性を築く必要があります。その分、利用者から「ありがとう」「生活がずいぶん楽になった」など、感謝の言葉を受け取ったときの喜びは計り知れないとも……。このように、介護福祉士は人の役に立てることを直接的に実感できる仕事なのです。

また、キャリアアップできるのも介護業界の特徴です。介護福祉士として5年間実務経験を積むと、介護支援専門員(ケアマネ)の受験資格が取得できます。介護支援専門員は、利用者とサービス提供者をつなぐ司令塔として利用者がより快適なサービスを享受できるように、介護に関するプランニング(ケアプラン)をします。より大局的な視点で介護に携わることができるでしょう。

介護福祉士は高い人間力も必須! 充実した施設・教授と地域交流イベントで一流に育てる

利用者の生活全般をサポートする介護福祉士は、介助のスキルや知識を身につけていることが必須。長野社会福祉専門学校介護福祉学科は、充実した施設と優秀な教授陣を擁し、これまで多くの介護福祉士を養成してきました。

介護の仕事は地域社会との結びつきが不可欠という考えのもと、地域の人々を招いてフラワーアレンジメントなどの講座を開催するオープンカレッジや、ボランティア活動を積極的に行い、地域コミュニティとのふれあいを大切にしています。

他にも、研修旅行や、学年間の交流会などさまざまなイベントを通して、社会に出ても通用する人間力の育成に力を入れています。技術面と人間性の両面を備えた真のプロフェッショナルになるために、あなたも長野社会福祉専門学校で学びませんか?

【広告企画】提供 : 長野社会福祉専門学校

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護福祉」
はこんな学問です

障がいのある子どもや大人、そして高齢者が安心して自立した生活を送れるようにサポートするのが介護福祉の考え方である。社会福祉、介護、医療、臨床心理などの分野をバランスよく学びながら、介護福祉の専門知識や介護技術についても理解を深める。今後、高齢化が進むなかで増え続ける介護を必要とする人々に対し、どのようにすれば安定した介護サービスを提供することができるかが、大きな研究課題となる。

「介護福祉」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける