インテリア大賞に学ぶ、社会と福祉をつなげる居心地の良い空間とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

インテリア大賞に学ぶ、社会と福祉をつなげる居心地の良い空間とは?

2018.06.13

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

インテリア大賞に学ぶ、社会と福祉をつなげる居心地の良い空間とは?

2017年に開催されたインテリアのコンテストで、木材を基調にした沖縄の福祉施設が大賞に選ばれました。なぜこの施設が大賞に選ばれたのか? そこには、木の温かみを感じられる居心地の良さと、「地域社会と福祉をつなげる交流の場にしたい」という施設の思いがありました。

この記事をまとめると

  • 沖縄にある福祉施設が、インテリアコンテストの大賞に輝いた
  • 大賞に選ばれた決め手は、社会と福祉をつなげる「開かれた空間」
  • インテリア学では、目的に合った材料選びやデザインを学ぶことができる

インテリア大賞に輝いたのは、木の温かみが感じられる福祉施設

「優れたインテリアデザイン」と聞いて、コンクリートやスチールを使った近未来的デザインを思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、2017年に公益社団法人日本インテリアデザイナー協会が主催する「JID AWARD」大賞に選ばれたのは、木材を基調とした温かみのある空間でした。受賞したのは、沖縄にある「椛-MOMIJI」という福祉施設です。

この施設では、18~64歳の知的障がい者約20人が、木製の家具やおもちゃを制作したり、せっけんラベルを貼ったりしながら、就労移行支援を受けています。このコンテストで福祉施設が大賞に選ばれたのは、今回が初めてとのこと。

「椛-MOMIJI」は、施設の利用者が毎日リラックスして過ごせること、そして地域社会と福祉とを結ぶことを目指し、その思いが形になった空間なのです。

木のぬくもり溢れる施設に込められた思い

大賞を受賞した施設は天井や床、階段など全面に明るい色の木材を使っていて、大きな窓から日光が差し込むと、温かくてぬくもりのある空間が浮かび上がります。ユニークなのは、内装にあえて階段を取り入れていること。そして、部屋の中には滑り台まであります。

テーブルだけでなく、階段や滑り台でも利用者の好きな場所で、自由に作業したり過ごしたりしほしいという思いが込められています。

施設長は「近所の子どもたちが学校の後に寄れる居場所としても、使ってもらいたい」と話していて、ゆくゆくは地域社会と福祉を結ぶ「開かれた空間」の実現を目指しています。

インテリアの目的に合わせて異なる材料選び

なぜこの施設が、ぬくもりを感じる居心地の良い空間になったのか――そこには木の効果が大きく関わっているようです。文部科学省が行った調査によると、学校の教室に木製家具を使う効果について、「香りがよい」「感触が良い」「ぬくもり・温かみがある」「空間が明るくなる」といった回答が集まりました。木を使うことで、温かみのある空間になることを裏付ける結果になったといえるでしょう。

今回の福祉施設では、ぬくもりを感じる空間にするために木材を使いましたが、目的が変われば、使うべき材料やデザインの形も変わります。現代的な空間にしたければ、木材ではなくスチールやコンクリートを選んだほうがいいかもしれません。

材料の選定からデザインの形まで、さまざまな視点からインテリアデザインを学ぶのが、「インテリア学」です。インテリアを学ぶことで、目的に合わせた内装や空間を造り出すことができるようになるのです。


【参考サイト】
JID AWARD | 2017 受賞作品決定
http://jid-award.com//html/past_awards2017.html

楓葉の会|椛‐Momiji
http://www.fuyonokai.com/momiji.html
http://www.fuyonokai.com/fuyoukan.html

沖縄タイムズ|就労支援施設が初の大賞受賞 JIDアワード 沖縄市「楓葉の会 椛」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/142187

文部科学省|調査研究結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/shuppan/06051207/004.htm

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「インテリア」
はこんな学問です

建築物の内側にある空間を設計、デザインする知識と技術を学ぶ学問。対象となる空間は、住まいのほか、オフィス、商業施設、イベントスペース、ステージなどさまざま。その空間の照明や家具がどうあるべきかを設定するコンセプトづくり、空間演出のためのデザインやコーディネート、思い浮かぶ空間イメージを手描きや3DCG(コンピュータグラフィックス)で表現する技術などを学ぶ。また、コンセプトやデザインを伝えるプレゼンテーション力など実践力も養う。

「インテリア」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける