英語は自分の世界を広げるツール

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

英語は自分の世界を広げるツール

2018.04.16

提供:東洋英和女学院大学

英語は自分の世界を広げるツール

突然ですが、みなさん、英語は好きですか?これまで中学校から学んできた英語も、2020年には小学5年生からの正式な教科科目に加わるとか。そもそも英語ってなぜ学ばなければいけないのでしょうか。20年にわたり高校の教育現場で英語指導にあたり、現在は東洋英和女学院大学の英語教育に携わる笹島茂教授に、英語を学ぶ魅力についてお話を聞いてきました。

この記事をまとめると

  • 海外の英語教育から、”使える英語”の学習方法を学ぶ。
  • 好きなことを使うことで、”使える英語”が学びやすくなる。
  • 東洋英和の英語教育で、ツールとしての英語を身につけよう。

海外の英語教育から学ぶ、効果的な学習法

自身の高校生の頃を振り返ってみると、英語はどちらかというと嫌いでしたが、奨学金で通えるという理由から国立大学の教育学部英語学科に入学。教育実習先で英語を教えることに興味を持ちはじめ、自分で授業の組み立てができる教師の仕事に面白さを感じるように。高校の英語教師としてのモットーは英語が使えるようになる授業をすること。積極的に公開授業を行ったり、英語の教科書づくりに参加したりしていました。

大学の教員となってからは英語教育の研究のため海外の授業を見て回りました。アジア、アメリカ、ヨーロッパで、どのような先生がいて、どのような英語の授業が展開されているのか。特に印象的だったのはヨーロッパ諸国で視察した授業です。陸続きのヨーロッパでは英語をはじめ複数の言語を話せる先生が多いため、英語を教えるのではなく、英語やそのほかの言語で理科や社会など他教科を教えていました。このほか生徒自らがトピックを決め、関連する動画を視聴した後に英語で意見交換をする授業など実践的なものばかり。学ぶ内容に沿った英語での授業が、結果的に生徒たちの“使える英語力”につながっているのを目の当たりにしました。

英語に限らず言語は必要に合わせて使えるようにならなければ意味がありません。
学ぶ対象に限定はなく、興味があればあるほど好ましい。ファッションでも食べ物でも音楽でもスポーツでも何でもいい。どの分野も世界共通語の英語でたくさんの情報が発信されています。英語で世界中の人とコミュニケーションを取り、多様なアイデアをもっている人たちと交流できます。英語を目的にしてはいけません。英語はあくまでもツール。
みなさんが学びたい、身につけたい、何かを得るための手段なのです。

ファッションも音楽もスポーツも、英語を使って好きなことを学ぼう

こうした“学ぶ内容”を重視したヨーロッパ発祥の英語学習法をCLIL(クリル)と言います。
昨年、日本CLIL教育学会を立ち上げ、高校や他大学の先生方と意見交換を行いながら研究を進めています。

東洋英和女学院大学も、人間科学や国際社会などそれぞれの専門分野に関連した英語を学ぶカリキュラムが用意されています。
学校のある横浜市は日本有数の国際都市。多くの外国人が暮らし、半数以上の生徒が外国人という学校も少なくありません。地域の人も教員もカウンセラーもいろんな人がサポートをしなければいけない。心理を学ぶ人間科学科の学生がカウンセラーをめざすなら、外国人相手のカウンセリングも視野に入れて英語を身につけなければいけないでしょう。保育子ども学科の卒業生が保育者として働くときには、保護者が英語しか話せないというケースも増えてくるでしょう。園児に英語を教える役割も求められるかもしれない。

日本全体を見渡してみても多言語多文化の波が押し寄せ、英語が日常になる時代はすぐそこにきています。

高校生のみなさんには、英語を「使う」体験をしてほしい。
中学3年までに習った英語でもたいていのコミュニケーションが取れます。日常生活で英字新聞や雑誌をくまなく読むことはありません。電子辞書と格闘して正確に読むことより、限られた時間内に必要な情報を取り出していけることが重要です。「英語でこれがしたい」という目標を決めて、たくさんの量を話す、聞く、読む、書く。英語に触れた分だけきちんと結果はついてきます。ツールである英語は自分の好きな勉強をするために役立ててほしいと思います。

言葉はコミュニケーションの道具。東洋英和女学院大学でグローバル社会を生きるための英語を習得

東洋英和女学院大学では、英語科目を全ての学生の必修科目とし、英語教育に力を入れています。
その理由は、英語が世界で最も多くの人に使われている言語だから。英語を効果的に用いて自分の思いや考えを伝えることで、グローバル社会に貢献できる人材をめざします。

1・2年次の基礎英語は、基礎的な英語の運用能力を習得するための必修科目。進度別の少人数クラスでspeaking/listening/reading/writingの4技能を身につけます。学科別の専門分野に即した英語科目も用意し、専門に関連した語彙、表現、コミュニケーションを磨きます。

また、2019年度からカリキュラムが刷新され、言語をツールとして学ぶことを目的に、多彩な言語科目をコミュニケーションスキルズ科目群として設置。あわせて、学科別の専門分野に即した英語科目をさらに充実させました。英語をツールとして異文化を、人間学を学ぶといった授業が用意されています。

あなたも東洋英和で興味のある分野の英語力を身につけてグローバル社会で活躍するための準備を始めてみませんか。

【広告企画】提供 : 東洋英和女学院大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける