はり・灸・柔道整復―― 人気のスポーツトレーナーを目指すなら、何を学ぶべき?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

はり・灸・柔道整復――
人気のスポーツトレーナーを目指すなら、何を学ぶべき?

2018.04.16

提供:了徳寺学園医療専門学校

はり・灸・柔道整復――
人気のスポーツトレーナーを目指すなら、何を学ぶべき?

アスリートのケガを防ぎ、ベストなパフォーマンスを発揮させることが使命のスポーツトレーナー。近年では人気が高まり、その仕事ぶりが数多くメディアで紹介されるなど、認知度も上がってきました。アスリートの選手生命を背負っていると言っても過言ではない、やりがいのある職業ですが、果たして一流のスポーツトレーナーを目指すには何を学べばよいのでしょうか?

この記事をまとめると

  • アスリートを支えるには、はり・灸、柔道整復の国家資格がポイント!
  • 人体を知り尽くしてアスリートをフォローできる、はり・灸、柔道整復
  • 手厚い国家試験サポートと専門性の高いセミナーでスポーツトレーナーを目指す

医療に関する知識は必須!予防医療から治療までをフォローする資格を持つスポーツトレーナー

アスリートのコンディションを左右し、”第二の選手”とも言われるスポーツトレーナー。
専門性を要する職業というイメージは強く、海外に目を向けてもその傾向が高いといえます。とくに欧米では、プロのスポーツ選手のサポートのほか、アマチュアスポーツ、軍隊、ジム、一部の地域では高校への常勤が義務付けられているなど、スポーツトレーナーの活躍の場は広く、専門職としての地位が確立されています。実際、試合前のコンディショニングからケガをした選手のリハビリまで、アスリートをパーフェクトな状態でサポートするスポーツトレーナーの仕事には、幅広い知識と医療行為を行うための医療系資格は必要不可欠なのです。

そんな極めて専門性の高い職業でありながら、意外にも日本にはスポーツトレーナーになるための国家資格というものがありません。多くの現役スポーツトレーナーが持っている資格は、解剖学や生理学、運動学、リハビリテーション学といったスポーツトレーナーに必要な医学的知識がマスターできる「はり・灸師」「柔道整復師」といった医療系国家資格です。
単に医学的知識が必要なのであれば、医師になるための勉強をすればよいように思えますが、なぜ「はり・灸」「柔道整復」なのでしょう?それは、これらの医療技術がスポーツトレーナーとして活躍するうえで役立つからにほかなりません。

コンディショニングやケガの予防、応急処置、リハビリまですべてをフォロー

では、「はり・灸」「柔道整復」の知識や技術が、スポーツトレーナーの活動にどのように役立つのか、具体的にみていきましょう。
まず健康回復・疾病予防・鎮痛に効果があるといわれる「はり・灸」。血流が良くなることから、体の中で痛みを抑えるシステムが働きやすくなったり、ケガをしにくい体づくりや疲労回復にも効果的です。また、はり・灸にはリラックスさせる効果が期待できるため、試合前のメンタル調整にはり・灸を受けるアスリートもいるといいます。競技者としてベストなパフォーマンスを行うには、平常心を保つ強い精神力が欠かせません。そんなアスリートの心と体の両方にアプローチできるのがはり・灸の魅力といえます。

一方、「柔道整復」の知識と技術は、ケガへの応急処置や治療に役立ちます。骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れといった症状を扱う東洋医学であるため、試合中のケガや練習時の故障などに的確な対応をすることができます。こうした処置や治療によって手術をせずに回復できる場合もあり、非常に重要な役割を果たします。また、大きなケガをした場合などには、アスリートの長く過酷なリハビリの時期を支えるためにも活用されています。

これらの医療技術は、試合前のコンディション調整、運動能力やパフォーマンス力の向上、ケガや故障の予防と応急処置が常に必須なアスリートたちにとって、無くてはならない存在なのです。

最高水準の講師陣から学び、手厚いサポートで国家資格を勝ち取る!

「はり・灸師」「柔道整復師」は、スポーツトレーナーとして活躍する上で重要な資格になります。それぞれの適性を活かし、資格取得に取り組むことで、自分の理想のトレーナーを目指すことができます。

スポーツトレーナーとして現場で活躍する卒業生を多く輩出しているのが了徳寺学園医療専門学校です。「即戦力を養い、医療人として”誇り”と”自信”に満ち溢れたはり・きゅう師および柔道整復師、を輩出する」ことを第一に掲げ、安心して学べるカリキュラムや手厚い国家試験対策、卒業後のバックアップ体制を整えています。
また、スポーツトレーナー養成に特化した無料セミナー・ゼミを開講しており、スポーツ外傷やテーピングに関する知識を深められるほか、プロスポーツトレーナーに帯同して仕事体験や研修を受けることができます。
さらに、ストレスに着目した治療法が習得できる「ストレスフリー専門教育」や、「国家試験合格サポート」、「自慢の講師陣」といったさまざまな特色があります。
みなさんも、安心の環境でスポーツトレーナーをめざしませんか?

【広告企画】提供 : 了徳寺学園医療専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「柔道整復師」
はこんな仕事です

打撲や脱臼、捻挫、つき指などの回復に向け施術する仕事で、「ほねつぎ」と呼ばれることもある。柔道を起源に、東洋医学と西洋医学を融合させた療法。手を使って体に刺激を与える独自の手技により、人間がもともと持つ自然治療力を引き出す治療を行う。手術や投薬、注射をしないのも特徴だ。接骨院や整骨院のスタッフだけでなく、トレーナーとしてスポーツ分野に関わる人や、リハビリテーションや福祉の現場に従事する人もいる。

「柔道整復師」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鍼灸師(しんきゅうし)」
はこんな仕事です

鍼灸師は、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて人体のツボに刺激を与え、病気を治療する仕事。この治療方法は東洋医学に基づいており、金属の鍼と「もぐさ」と呼ばれる植物を燃やす灸を使って行われる。肩こりや腰痛、冷え症、アレルギーやストレスによる病気で悩む人に対し、薬以外の方法でそれらの症状を和らげる効果がある。近年は、エステサロンなどでリラクゼーションの一環として取り入れられることも増えており、多くの女性が活躍中。鍼灸院で経験を積み、独立を目指す人も多い。

「鍼灸師(しんきゅうし)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける