子どもにも家族にも笑顔を!ヘアサロンの隠れた魅力とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

子どもにも家族にも笑顔を!ヘアサロンの隠れた魅力とは

2018.04.16

提供:ユニバーサルビューティーカレッジ

子どもにも家族にも笑顔を!ヘアサロンの隠れた魅力とは

みなさんは、難病の子どもたちの夢を叶える仕組みがあることを知っていますか? アメリカには、野球観戦や憧れの作家に会いにいくといった、難病と闘う子どもの夢を実現させてくれる支援団体があるそうです。実は日本にも、難病の子どもたちが家族と一緒にテーマパークで遊んだり、ヘアサロンを訪問したりするプログラムが用意されています。おもしろいことに、それに参加した多くの子どもから「ヘアサロンが一番楽しかった!」という感想が聞かれるのだとか。難病の子どもたちにとって、ヘアサロンにはどのような魅力が詰まっているのでしょう。

この記事をまとめると

  • ヘアサロンでのおしゃべりは子どもを元気にさせる
  • プロに髪を洗ってもらうのは特別な体験になる
  • 人を笑顔にさせる接客まで学べる、ユニバーサルビューティーカレッジ

おしゃべりすることで元気が出る

難病の子どもたちは、日々病気と闘っています。普段顔を合わせるのは、お医者さんや看護師さん、そして家族……という毎日がほとんどです。

病室から出られない子どもにとって、ヘアサロンは特別な場所。スタイリストやアシスタント、他のお客など、さまざまな人々が会話をしながら手を動かしている活気あふれるスペースです。そんな場所で、普段関わらない人たちと顔を合わせて至近距離でおしゃべりすることは、子どもにとってとてもめずらしい経験です。

さらに、ヘアサロンでは自分が主役! 鏡に映る自分に注目が集まるという特別な経験は、毎日病室で生活している子どもにとっても新鮮で嬉しいものです。

いつもとは違う活気あふれる空間で、自分が主役になっておしゃべりを楽しむこと。わたしたちには一見当たり前のように見えるヘアサロンでのコミュニケーションが、病気と闘う子どもたちの心に刺激を与えて元気にしているのです。

プロに髪を洗ってもらう心地よさを経験できる

大人も子どもも、どんなことでも自分でするより誰かにしてもらったほうが贅沢な気分になるものですよね。

中でも、ヘアサロンでの洗髪は、髪や頭皮が清潔になるだけでなく、人の手で触れられ大切に扱われている安心感があります。

普段の入浴は、自分で入っている子どもも、家族や看護師さんの助けを借りて入っている子どもも、ヘアサロンでの洗髪は初体験!
普段馴染みのない場所で初対面の人に髪を洗ってもらうのは、少し緊張するもの。しかし特別な場所で主役となり、大切にもてなされることで、緊張の”ドキドキ”は楽しむ”ワクワク”に変わるのかもしれません。

難病の子どもを支援するプログラムでは、子どもだけでなくその家族も参加できます。家族も一緒に並んで洗髪を受けられるので、子どももリラックスしやすくなるのでしょう。子どもにとって、家族みんなで髪を洗ってもらい、乾かし整えてもらう経験もまた、生まれて初めて体験する特別な時間といえます。

人を元気にする美容師を育てる、きめ細かい指導

このように、難病の子どもたちやその家族を笑顔にするためには、美容師としての確固たる技術はもちろんのこと、会話のテクニックやもてなす力も大切であることがわかります。そしてこれらのスキルは、難病の子どもたちの支援だけでなく、通常の業務でも必要になってくるもの。

美容師免許取得を目標とし、美容業界の多種多様なニーズに合わせて総合的に学べるユニバーサルビューティーカレッジの総合美容科では、卒業生の8割がヘアサロンに就職しています。
ヘアデザインやメイクで人々をステキに変身させるテクニックと同様に、笑顔を引き出す接客についてもしっかりトレーニングを行っています。

1クラス20人の少人数担任制により、学生一人ひとりへのきめ細かな指導が可能に。入学してから卒業までの2年間を通じ、学生個人の習熟度や学習状況を担任が把握して常にフォローアップしています。
ヘアサロンに訪れる人の個性を踏まえ、外見も内面も元気にできる美容師を育成します。

【広告企画】提供 : ユニバーサルビューティーカレッジ

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける