先輩が後輩を直接指導!上級生が自ら考えたプログラムで新入生をサポートする「ピア・サポート制度」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

先輩が後輩を直接指導!上級生が自ら考えたプログラムで新入生をサポートする「ピア・サポート制度」

2018.04.16

提供:京都女子大学

メイン
テーマ

先輩が後輩を直接指導!上級生が自ら考えたプログラムで新入生をサポートする「ピア・サポート制度」

ピア(Peer)は「仲間」という意味。同じ立場にある者同士で支え合うことを「ピア・サポート」と呼びます。
京都女子大学法学部では、新入生の学習支援を中心としたさまざまなサポートを目的に「ピア・サポート制度」を導入。ピア・サポートという言葉の通り、2年生から4年生の先輩たちが、直接新入生をサポートするのが大きな特徴です。
学年を超えた学科間の繋がりを作ること、新入生に教えることで上級生の学習意欲を向上させることを目的に、立候補した学生たちがプログラムを作成しています。

この記事をまとめると

  • ランチミーティングを重ね、ピアサポーターの活動を決めていきます
  • 勉強会やお茶会で実際のサポーター活動のリハーサルを行います
  • 京都女子大学法学部は、女子大学の法学部ならではの学びに溢れています

ピア・サポーターの活動内容は自分たちで立案

ピア・サポーターをやってみたい!と自ら手を挙げた学生たちは、半年以上前から集結。2年生から4年生までのメンバーがそろっているため、主に皆が集まりやすいお昼休みにランチミーティングを重ねました。
新入生が必要としていることは何か?自分たちの経験を踏まえながら提案したり、新入生と一緒にやってみたいことを考えたり…積極的な意見交換を行います。
新入生の戸惑いを解消し、スムーズに京女法学部の一員として充実した日々を送れるよう、どんな支援をすれば良いのか…真剣に取り組むピア・サポーターたちに、教員も協力を惜しみません。

組織で仕事をする力、人に教える力…さまざまな力が身につく

ゼロから手探りで始まったピア・サポーター活動ですが、代表者、副代表者、書記といった役員も誕生し、最終的には学年を超えた4グループを結成。組織で物事を進めることの大事さも学ぶことができ、社会に出たとき役に立つ力が自然と身についていきます。

ランチミーティングのほか、実際に新入生に教えるときのリハーサルを兼ねた勉強会、教員の意見やアドバイスを聞くお茶会等も開催。勉強会は、新入生に対して自分たちが指導するためのとても良い練習になりました。2、3年生の先輩が、現在1年生のサポーターに教えることで、実力が確実なものになること間違いなしです。人に教えることで、改めて復習をしたり、自分自身の理解度を深めることになったりと、教える側にとっても大きなメリットがあります。

京都女子大学法学部の学びと学習環境

京都女子大学法学部は、1学年120人という全国の法学部の中でも特に少人数制のきめ細かい指導を行い、女性の視点を活かした特色のあるカリキュラムを展開。基本的なリーガルマインドの修得とともに、女性が抱えやすい家庭や社会進出などの問題に注目するなど、女子大ならではの学びに溢れた法学部です。
最新の視聴覚設備を導入した模擬法廷や専用の資料室を整備しているほか、ICT(情報通信技術)を取り入れ、電子黒板や情報端末を配布して学生の意見を即時に反映させる双方向授業の試みなど、最新の学習環境を提供しています。

【広告企画】提供 : 京都女子大学

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「法学」
はこんな学問です

法学の研究領域は広い。憲法、民法、刑法に刑事・民事の両訴訟法と商法(大部分は会社法に移行)を合わせて六法と呼ぶが、これらは重要な法律のごく一部にすぎない。法学では、限りなく追加されていく法律を覚えるのではなく、それらの法律が生み出される原理と法律を活用して社会問題を解決するための思考法を学ぶ。また、法律は時代や社会制度とも密接に関係しており、社会問題についての最新情報も常にアップデートしておく必要がある。

「法学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける