デッサン力に自信がなくても論理的思考力があればクリエイターになれるって本当?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

デッサン力に自信がなくても論理的思考力があればクリエイターになれるって本当?

2018.04.16

提供:御茶の水美術専門学校

メイン
テーマ

デッサン力に自信がなくても論理的思考力があればクリエイターになれるって本当?

クリエイティブな職業に憧れるけど、「絵が下手だから」「不器用だから」と最初から諦めていませんか? 絵が上手かったり、手先が器用であったりするに越したことはありませんが、プロのクリエイターに必要なのは美術スキルだけではありません。ここでは、プロのクリエイターに必要なスキルをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 絵や造形に自信がなくてもロジカルシンキングができればクリエイターになれる
  • クリエイターに必要なのはアイデア力や、プレゼンテーション力などの総合的な能力
  • クリエイターに必要なビジネススキルがトータルで身につけられる学校がある

絵や造形が上手くないとクリエイターにはなれない?

ロジカルシンキングに取り組む様子

ロジカルシンキングに取り組む様子

何もないところから商品やサービスを生み出すクリエイターには、実はデザインや造形のほかにも、さまざまな能力が要求されます。たとえば「かわいいものを作る」という抽象的な課題があったとします。そこでまず必要なのが、この課題においての「かわいい」が「どうかわいい」のかを整理・分析する「ロジカルシンキング(論理的思考)」の能力。さらに出来上がった「かわいい」のイメージを、仕事仲間やクライアントに正確に伝える「ビジュアル・コミュニケーション」の能力。プロの世界でクリエイターたちは、こうした能力を駆使して、商品やサービスを生み出しているのです。そんなプロに必要なスキルを身につけられるのが、御茶の水美術専門学校の「ゼロワーク・プログラム」です。学生は最初に自分で課題を見つける「ゼロ地点」から出発。さらにそこからアイデアを練り、実地調査、情報分析、開発方針の設定といったさまざまなプロセスを経て、価値のある商品やサービスを生み出すまでを実地で体験。ビジネスシーンにおける全プロセスを基礎から学ぶことができるプログラムとなっています。

企業や行政と協力! リアルな学びを通してクリエイターに必要なスキルを身につける

企業プレゼンテーションに挑む学生たち

企業プレゼンテーションに挑む学生たち

御茶の水美術専門学校には、「産」(産業=企業)、「官」(官公庁=行政機関)、「学」(学校=教育機関)が連携した必須授業があります。この授業は、みなさんがよく知っている企業や組織の人たちと実際に仕事をします。たとえば、ある飲料メーカーから、自社の「A」というお茶を「若者にアピールしたい」という課題が出されたことがあります。学生たちはその企業の担当者とコミュニケーションを取りながら、実際に課題を解決する方法を見つけていきました。このように空想の世界の会社ではなく、実際に存在する企業が抱えている問題や課題を企業の人と一緒になって解決していくので、リアルな仕事の流れを学ぶことができるわけです。さらに企業や行政機関の関係者と交換するビジネスメールの書き方、相手の事務所でヒアリングを行う際に必要となるビジネスマナーやコミュニケーション能力も同時に習得。就職活動や実際に社会に出てからもすぐに役立つスキルを身につけることができる「実学」を中心とした授業編成となっています。

御茶の水美術専門学校デザイン・アート科での特徴的な学び

グラフィックデザインの授業の様子

グラフィックデザインの授業の様子

御茶の水美術専門学校のデザイン・アート科では、WEBデザイン、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、アニメーションなど、学生の興味に応じた技術指導はもちろん、どんな制作環境にも柔軟に対応できるよう、PCの基本操作から、WEBサイトの構築に関する知識、デザインアプリケーションの使い方、さらにクリエイティブの仕事に欠かせないデッサンなどの授業も行っています。ただし、いくら制作技術やPCスキルだけを習得しても、アイデアを思いつき、それを表現(プレゼン)するといった、制作・創作の基礎がなければ、覚えたスキルを使う機会はやってきません。同校のカリキュラムは、デザイン・アートの発想から発表まで全プロセスを連続したストーリーとして学ぶことができるため、学習効果が高く、卒業生は社会に出て即戦力として活躍しています。憧れを憧れのまま終わらせるのではなく、実践的なスキルを磨いて、プロのクリエイターの道を目指しませんか。

【広告企画】提供 : 御茶の水美術専門学校

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける